ichifujimeguro01

冬晴れの青空がアクアブルーに彩られて、白い巻雲が大空に拡散していた、北寄りの風が体感温度を下げる一月睦月下旬二十三日の月曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、また穏やかな夜風が街を駆け抜けていた、ともあれ早春と呼ぶにはまだ早いそんな冬めく午後七時過ぎだった。

気になるラーメン店がJR目黒駅傍の雑居ビル地下1階に本日の2017年1月23日よりオープンして、しかも夜遅くまで営業するようだったのでそれならばと仕事帰り立ち寄ることにした。

ichifujimeguro02

ichifujimeguro03

ichifujimeguro04

ichifujimeguro05

そんなわけでまた通勤電車の中央線快速を新宿で山手線内回り電車に乗り換えて、目黒で下車して中央改札口を抜けて左手の西口へ。

前方左寄りの横断歩道を渡って行き、権之助坂を20mほど進んだ右手にあるビルに入り、その地下1階に降りて行くと通路右手に開店祝いの花に囲まれた本日開業のこちらが営業していた。

店頭にある券売機の前に立つと、ちょうど先客の方が一人出て来られ、見るといけ麺さんで思わずご挨拶。お互い「やっぱり」と言う会話で言葉を締めた。

特製壱富士ラーメンに白ごはんのボタンを連打して、しゃぶしゃぶ餅の文字に興味を惹かれて、さらにそのボタンも押すことに。

ichifujimeguro07

左手奥が空いてますよと、いけ麺さんに教えて貰った方へ入店して向かうと、右端も空いていてそちらの方にトロフィーが見えて思わず右手奥の方へ。

何かのイベント実績で入賞したものかと見れば何も記述されていないトロフィーで、さりげなくそこでお聞きして見るとご友人から開店祝いで頂いたものだそう。

すでにおそるべし。ともあれそこは突っ込まずに流して、空いていたカウンター席に腰掛けた。

ichifujimeguro08

すると香味ソースが鶏・節・豆乳のどれか選べるアナウンスがあり、どうやら香味油が選択出来るものらしく、これは今までに類を見ない新しいスタイルと言えそう。

鶏油ソースは奥三河どりの鶏油で、節ソースはイベリコラードに国産宗田鰹・鯖節の風味づけしたものらしく、豆乳ダレは豆乳と鯖節に生クリーム・生姜等の食材を使用したものだそう。

それならばと鶏ソースでお願いすることに。さらにトマトソースも提供する予定だそうで、上手く行けば一日遅れて明日24日よりそれがデビューするらしい。

ichifujimeguro06

例によって世間話しに、花が咲いた店内となった。ラーメン凪出身店主の柴田亮氏が厨房に立つこちらだった。

DJひよこ食堂なる移動店舗を2011年頃から始めて、ケータリングサービスやイベント会場でラーメンも提供していた柴田店主だそうで、株式会社遠州乃風なる企業が運営するこちらのようだ。

特製壱富士ラーメンには充分なほどのしゃぶしゃぶ餅が入るそうで、それであればと百円を支払い餅を追加チャーシューに変更をお願いすることに。

少しするとポイントカードが手渡されて、見ると奥田のハンコが幾つも押されてあった。なぜ奥田なのかお聞きして見ると、奥田瑛二さんのファンだからだそう。

5杯でラーメン1杯無料になるポイントカードは二つ多い三つ押されていて、あと2度訪れると1杯が愉しめるようになっていた。

そのポイントを貯めた方のみが、券売機にボタンがあった、裏メニューを食せる権利があるそうだ。金魚鉢に味玉が幾つも入っていて、注文がある度にそこからオタマですくっていた。程なく到着。

ichifujimeguro09

ichifujimeguro11

それではと行かせて貰えば、その素晴らしい味わいに感動の二文字が交錯して、それはもう実に素敵な持ち味がたまらないもの。刻まれた白ネギとルッコラが、またさりげなくいい風合いを醸していた。

愛知県産奥三河どりをベースにした胴体・首ガラ・丸鶏・モミジ・ムネ挽き肉等をキャベツ・玉ネギと共に約7時間炊いたものに、冬菇(どんこ)・利尻昆布・宗田鰹で旨味をプラスした鶏スープだそう。

ドンコとは肉厚の大きい傘が充分開き切っていない最上級の干し椎茸のことで、それが利用されていると気がつき思わず箸の速度が加速して行った。

シベリア岩塩・ヒマラヤ岩塩・ウユニ湖塩・五島灘塩など6種類の塩をブレンドした塩ダレは、宮内庁御用達ヤマシン醸造の極白醤油も効かせているそうで、そこにどんこと利尻昆布でとった和出汁に宗田鰹・片口鰯・国産花鰹で旨味を多重にしたものらしい。

先述した塩ダレに一日漬け込んだ塩味玉は、黄身にもその塩ダレを注入しているようで、国産塩漬けメンマを三日かけて塩抜きして特製ダレに一日漬け込んだ極太メンマ共にとても良かった。

ichifujimeguro12

ichifujimeguro13

ichifujimeguro14

ichifujimeguro15

ichifujimeguro16

パスタに使用される弾力に富んだデュラム粉を使用した、凪の新宿だるま製麺かと思いきや大栄食品謹製の麺だそうで、その細平打ちがこれまた大号泣出来るものだった。

しゃぶしゃぶ餅を引き上げて見ると、思わずなるほどと気づくもので、お聞きするとやはり凪いったんも麺をオマージュしたものだそう。そんなしゃぶしゃぶ餅は、新潟県産無添加の餅生地らしい。

塩麹をまんべんなく塗ったスペイン産豚ロース肉を、特製ダレで煮込んだチャーシューがこれまた猛烈号泣出来た。

卓上調味料として、五島灘の塩・荒粒の黒胡椒・七味唐辛子が用意されていて、色々試したがこれまた良かった。ライスに具材も入れてオジヤを愉しみ、それだけに気がつけば完食。

いや、猛攻怒涛・万夫不当・活火激発・一心不乱・終始一貫・大悟徹底・気宇壮大・恐懼感激・感恩戴徳・豊麗繊巧・秀麗皎潔・荘厳美麗・美味佳肴の素晴らしさ。

そして、拍手喝采・恐悦至極・欣喜雀躍・手舞足踏・謹厳実直・質実剛健・前代未聞・大胆不敵・崇高冷厳・感慨多端・闘志満々・意気軒昴・新進気鋭・前途洋々と言うしかなかった。

ichifujimeguro17

ichifujimeguro18

★ Only One Noodle 壱富士

※公式ツィッター~https://twitter.com/OnlyOneNoodle
住所/東京都品川区上大崎2-27-1 サンフェリスタ目黒B1階 TEL03-6303-9465 定休日/日曜日・年末年始 営業時間/11:00~15:00中休18:00~22:00
※アクセス
JR山手線目黒駅下車。中央改札口を抜けて左手の西口から出て、左寄りの横断歩道を渡って権之助坂を20mほど進んだ右手にあるビルの地下1階にあり。


ラーメン ブログランキングへ   
👆1click 頂けると嬉しいです