daiogikubo201

昨日の南風も既に収まってまた普段通りの北寄りの風が気温を下げて、見上げれば青い表層はミルキーブルーに彩られていた、立春もそう先でなくなって来た一月睦月下旬二十八日の週末土曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、それほどの冷え込みでもなく、穏やか夜風そよぐそんな午後七時過ぎだった。

20日のお知らせでも触れた通り同店へ訪れて申告すれば、今月末まで満腹盛りトッピングをもれなくサービスしてくれるとして、土曜日だけにがっつりモードにスイッチが入りそれならばと仕事帰り立ち寄ることにした。

daiogikubo202

daiogikubo203

そんなわけで通勤電車の中央線快速を荻窪でまた途中下車して、最寄駅からそう遠くないその店頭へやって来た。

daiogikubo204

daiogikubo205

さっそく入店して行くと先日と同様に、数人の先客が居るフロアが広がっていた。左手の券売機の前に立って、汁なし気分だったので油そば並300gを選ぶことに。

入口寄り右端のカウンター席にまた腰掛けつつ店長さんにご挨拶して、満腹盛りトッピングを自身も愉しみに来たことを告げてお願いした。

コールの確認を受けてそれならばと、ヤサイマシアブラカラメでお願いすることに。程なく到着。

daiogikubo206

daiogikubo207

daiogikubo208

ニンニクをお願いするのを忘れていたこと気がついて、それを追加でお願いすると別皿で頂けた。

そして、チャーシュー1枚・味玉1個・極太メンマ数本となる、その満腹盛りトッピングは、また別皿でやって来た。

満腹盛りトッピングはこれまでに、お一人が利用され喜んで帰られたそうで、お読み頂いて誠にありがとうございます。

daiogikubo209

daiogikubo210

daiogikubo211

それではと行かせて貰えば、猛攻怒涛の盛り具合いだけに、それはもう実にとてもたまらないもの。

その多くは炊いた野菜だけにヘルシーこの上なく、とは言え肉も多めに乗っていて、只々その世界観に引き込まれるばかりだった。

daiogikubo212

daiogikubo213

箸でうねる太麺を持ち上げる度に湯気の向こうに違う表情を見せる様は、まるでシンクロナイズドスイミングの選手が水面に出て来て何度も違う美しいポーズを取るようだった。

ともあれ途中で満腹盛りトッピングを乗せて頂かせて貰い、さらにカウンタトップに在った刻みタマネギと魚粉を乗せて食べ進めた。

daiogikubo214

daiogikubo215

そしてさらに卓上調味料の粗粒黒胡椒と一味唐辛子に、お酢も振り掛けてその風情を愉しみ只々喰らいついて、その風合いに打ちのめされて行った。それだけに、気がつけば完食。

以前は三鷹店にらーめん千もこちらと同じ系列店だったそうだが、昨年11月から荻窪店だけ経営が変わったのだそう。

それまで三鷹店同様に濃厚醤油シフトだったのを、それを機にして豚ガラと一緒に炊く野菜を多めにして、野菜のその自然な甘味を強めに出したシフトにしたそうだ。

そう言われて見れば以前は濃厚な醤油感があったが確かに違った風情で、こうなると三店とも同じ堀切二郎系ながら、それぞれが違う持ち味となってそれを比較するのも面白そう。

何れにしてもこちらの満腹盛りトッピング無料サービスは、今月一杯までなのでもし宜しければ皆様もどうぞご来店下さい。

いや、旭日昇天・無我夢中・雲外蒼天・換骨奪胎・闘志満々・意気軒昴・終始一貫・敢為邁往・聡明剛毅・気炎万丈・意志堅固・万夫不当・活火激発・剛毅果断・意気衝天。

そして、絶妙可憐・切磋琢磨・空前絶後・激泣喝采・大悟徹底・気宇壮大・天真爛漫・天衣無縫・大胆不敵・恐懼感激・恐悦至極・仁者無敵・至純至高・当代無双・至大至高と言うしかなかった。

daiogikubo216

daiogikubo217

★ らーめん大 荻窪店

※公式ツイッター~https://twitter.com/rmdom50
住所/東京都杉並区荻窪4-32-8 パインマンション荻窪102 TEL03-6383-5239 定休日/火曜日・第2月曜日 営業時間/11:00~22:00
※アクセス
JR中央線荻窪駅南口下車。線路沿いを中野方面へ300mほど進んだ左側にあり。


ラーメン ブログランキングへ   
👆1click 頂けると嬉しいです