karamisomatsumoto01

昼間は南寄りの風が四月並みの気温に緩ませて、日暮れ辺りから北寄りの風が寒さを引き戻す予報にネットが注意喚起していた、見上げれば青空はホリゾンブルーに色づく一月睦月下旬三十日の木曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、予報通りの冬めくやや強く冷たい北風が、街角を通り過ぎていた午後七時過ぎだった。

新宿歌舞伎町の西武新宿駅寄りのエリアに、蒙古タンメン中本に似た辛味噌ラーメンを提供するラーメン店がオープンしたらしい。

牛すじラーメンぶっかけ大福が残念ながら閉店してしまったらしく、その跡地店舗につい先日の2017年1月27日に開業したこちらだそう。そんなわけで気になるところとなって、本日こそと仕事帰り立ち寄ることにした。

karamisomatsumoto02

karamisomatsumoto03

karamisomatsumoto04

karamisomatsumoto05

karamisomatsumoto06

と言うことで通勤電車を新宿で途中下車して、東口改札を抜けて新宿アルタから外へ出て、西武新宿駅脇の道路を歩いて行きその店頭へやって来た。

店頭の券売機の前に立って、一番人気とある麻婆辛味噌ラーメンを選んで、玉子とマーボー豆腐定食セットなるボタンを連打することにした。

振り返るとお店の方が出て来られて、チケットを手渡すと麺大盛が無料サービスであることを教えてくれた。それならばとそれでお願いすることに。

ラーメンはその他に、辛味噌ラーメン、激辛味噌ラーメン、激辛味噌つけ麺、塩タンメンがラインナップされていた。

karamisomatsumoto07

入店して道路寄り左端のカウンター席に腰掛けて、ご挨拶して例によって世間話しに花が咲くフロアとなった。

有限会社ALBA(アルバ)なる企業が運営するこちらだそうで、2014年11月29日開業のブラジリアン酒場デビル@渋谷肉横丁に端を発するそんな外食企業だそう。

渋谷肉横丁繋がりで新宿歌舞伎町に肉寿司のFC店を2015年11月16日開業させたそうで、その後に鶏しぼりラーメンこころを横浜大岡山に2016年9月16日開業させたらしい。

そして渋谷宇田川町に東京すぱいす酒場を2016年11月13日に開業させ、さらに今回は中本初代店主の元に通っていた常連客となる方がスタッフにおられた関係からこちらをオープンさせたそうだ。程なく到着。

karamisomatsumoto08

やって来た辛味噌ラーメンは、想定外なくらい驚くほどに、素敵なオーラが感じられるものだった。

karamisomatsumoto09

karamisomatsumoto10

karamisomatsumoto11

それではと行かせて貰えば、猛攻怒涛の持ち味がなかなかで実にたまらないもの。麻婆豆腐や煮込んだ野菜にスープは、蒙古タンメンをイメージ出来て、それでいて何処か優しい風合いが感じられた。

サッポロ製麺謹製らしいムチッと来る太ストレートの麺は、中本とはまた違った風合いを造形しており、それがこちらならではの個性となっていてそれが実にとても素晴らしかった。

初代店主の常連だったスタッフは、以前からラーメン店スタッフの経験がある方だそうで、それだけに中本のラーメンを尊敬してやまないことがひしひしと伝わって来る風情が在った。

後半になってから汗がかなり出たものの、口にした提供メニューは痛い辛さと言うほどでなく、北極と言う言葉にたじろぐ私でも愉しめる程度の辛さだった。ぷりぷりしたキクラゲが多めに入っていて、それがまた良かった。

karamisomatsumoto12

karamisomatsumoto13

karamisomatsumoto14

マーボー豆腐定食セットも美味しく頂いて、それだけに気がつけば完食。いや、勇猛果敢・胆勇無双・勇往邁進・活火激発・一心不乱・終始一貫・大胆不敵・恐懼感激・絶妙可憐・切磋琢磨・気炎万丈・意志堅固・驚心動魄・感慨無量の素晴らしさ。

そして、剛毅果断・意気衝天・万夫不当・前代未聞・感恩戴徳・空前絶後・恐悦至極・敢為邁往・聡明剛毅・激辛万歳・激泣喝采・流石中本と言うしかなかった。

karamisomatsumoto15

karamisomatsumoto16

★ 辛味噌ラーメン 松本

住所/東京都新宿区歌舞伎町2-45-2 カイダ第3ジャストビル1階 TEL03-3208-0838 定休日/木曜日 営業時間/11:30~15:30中休17:30~21:30
※アクセス
JR新宿駅東口下車。新宿サブナード出口3傍の新宿西武駅前通りへ入り、200mほど歩いた通り沿い信号交差点の右側奥にあり。


ラーメン ブログランキングへ   
👆1click 頂けると嬉しいです