yotsuba01

昨夜遅い時間から吹き荒れ出した強い北寄りの風が気温以上に寒さを感じさせて、朝方見上げればワトーブルーに彩られた青い表層の遥か上空を、ジェット旅客機が北へ向かっていた二月如月二日の木曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、そんな強風もとうに止んでいて、穏やかな夜風に上弦の三日月が浮かぶ、ともあれ冬めく午後七時過ぎだった。

清澄白河駅周辺に2016年12月22日オープンしたこちらで、実は一度訪れると営業しておらずフラれてしまったが、今夜辺りなら大丈夫だろうとリベンジとばかりに仕事帰り立ち寄ることにした。

yotsuba02

yotsuba03

そんなわけで東西線直通電車で九段下まで行き、そこから半蔵門線電車に乗り換えて清澄白河で下車。B2出口から外へ出て、前方の清洲橋通りを右手に300mほど歩いた頃だろうか、右側に風情も良く今夜は営業していて良かった。

先日は麺屋宮本目当てに訪れた界隈だが、その周辺には 九州筑豊ラーメン山小屋 の東京進出第1号店が営業している。

ネットでは北海道ラーメンの店名冠がついていたが、来て見ると店舗看板や暖簾に外装には北海道の文字は見受けられなかった。

yotsuba06

yotsuba05

yotsuba04

とは言え入店して行くと壁面には、HOKKAIDOとロゴが入る大判の観光ポスターが貼られていて、メニューにも白みそ・赤みそ・特みその文字が並んでいてそれらしさ満載の店内となっていた。

そして空席を探すとほぼ満員の盛況なフロアが広がっていて、満席かと思われたが辛うじて奥寄りのカウンター席が一つだけ空いていたのでそこに腰を下ろした。

オーダーはあらかじめ決めていて、ニンニクがたっぷり効いているらしい特みそラーメンを選んで、追加トッピングでチャーシュー増しをお願いすることにした。それにライスもお願いすると売り切れだそうで、それならば致し方ないとなって麺大盛で希望することに。

よつばのクローバーは和名がシロツメグサでその花言葉は幸福らしく、らーめんで皆様を幸福にしたいそんな想いから命名した店名らしく、そんな案内が入口厨房上部壁面に書き記されていた。

yotsuba16

yotsuba07

yotsuba08

ランチタイム時は、赤みそと白みその提供を、日替わりで提供することが表記されていた。なお閉店時間が午後十時予定で始めたが、スープ切れのため午後九時には閉店となる状況だそう。

ラーメンチェーン企業に従事されていた店主だそうで、その独立店となるこちらのようだった。「夢、お客様のハートで実現」と、筆書きされたものも壁面に飾られていた。

定休日は年明け後も、基本的に設けないで営業しているそうだ。程なく到着。

yotsuba09

yotsuba10

yotsuba11

yotsuba13

それではと行かせて貰えば、赤味噌に背脂とニンニクを効かせた感じのスープに、縮れ気味やや太めの中太麺はサッポロ製麺謹製だそうで、もう絶大なる持ち味が実にたまらないもの。

クセになりそうな風合いがズバッと来るもので、何とも不思議な味わいに手に持つ箸の速度が加速して行った。豚肩ロース肉のチャーシューも素敵で、タマネギがたっぷり入っていた。

卓上にあった調味料の一味唐辛子と黒胡椒に炒りゴマミルを利用して、さらに打ちひしがれながらもそれだけに気がつけば完食。

いや、感謝感激・感涙号泣・有頂天外・歓天喜地・拍手喝采・恐悦至極・旭日昇天・無我夢中・絶妙可憐・切磋琢磨の如く。

そして、一心不乱・終始一貫・虚心坦懐・一所懸命・敢為邁往・聡明剛毅・驚心動魄・感慨無量・恍恍惚惚・光彩奪目と言うしかなかった。

yotsuba15

yotsuba14

★ らーめん よつば

住所/東京都江東区白河3-6-7 プルミエール清洲1階 TEL非公開 定休日/不定休 営業時間/11:30~15:00中休17:30~21:00頃
※アクセス
地下鉄清澄白河駅下車。B2出口から外に出て前方の清洲橋通りを右手に300mほど歩いた右側にあり。


ラーメン ブログランキングへ   
👆1click 頂けると嬉しいです