manraiman01

爽やかな朝の陽射しが街角の常緑樹を煌めかせて、霞みがちな青空はディドリームブルーに彩られていた、そんな立春まもない冬晴れの二月如月上旬六日の月曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、穏やかな夜風に春もそう先ではないように感じさせた、ともあれ冷え込むそんな午後七時過ぎだった。

昨年六月に菊川周辺で営業していた豊かラーメンなる店舗を訪れたが、どうやらその看板が下ろされて、そこに昨年暮れ新たなるラーメン店が開業したようだ。

豊かラーメンのリニューアルなのか、はたまた新しいラーメン店の台頭なのか、そこは気になっていたものの様子見をしていた。

そろそろ落ち着いた頃だろうかと暫く前からその訪問を思い描くようになって、それならば今夜こそ行くかと仕事帰り立ち寄ることにした。鶏白湯ラーメンと台湾まぜそばの、二枚看板商品がウリのラーメン店らしい。

manraiman02

manraiman03

manraiman04

manraiman05

そんなわけで通勤電車の中央線快速を新宿で降りて、そこから都営地下鉄新宿線に乗り換え半年ぶりの菊川へやって来た。

A2出口から外に出て、前方の新大橋通りを左手に80mほど歩いた頃だろうか、なるほど豊かラーメンだった店舗がこちらの看板にすげ変わっていた。外装内装共に以前とそう変わらない感じで、店内壁面の装飾図柄は同じものだった。

manraiman06

manraiman07

manraiman08

さっそく入店して行くと、券売機も同じ位置に据えられていた。その前に立って予定通りに醤油味の鶏白湯大盛を選んで、チャーシュー丼らしきものがなかったので焼き餃子を選ぶことに。

振り返ると厨房には店長さんらしき方がおられて、先客が入口付近に一人だけ居るフロアが広がっていた。中ほどに居る店長さんの前のカウンター席に、腰掛けながらチケットを手渡した。

するとライスが無料になる案内を受けて、それならばとそれをお願いした。なおチャーシュー丼は、現金受け渡しで対応していた。

もしや豊かラーメン時におられた方が、今夜も厨房に居るのではと考えて来たが、違う方が厨房におられた。2016年12月17日にオープンしたこちらだそうで、以前の豊かラーメンは11月末まで営業していたそうで、そちらとは全く関係ないことを教えてくれた。

今回オーダーした鶏白湯は当初こってりした仕様だったそうだが、何度でも来て貰えるよう飽きのこないあっさり仕様に変更して提供しているそう。

店名由来にも通じるそんな考え方で、満足して来てもらい満たされて欲しい想いから命名したものだそう。程なく到着。

manraiman09

manraiman10

manraiman11

manraiman12

チャーシューはデフォルト仕様で、豚バラ1枚と鶏ササミ2枚が乗っていた。それではと行かせて貰えば、なるほど鶏白湯と言うよりは、半濁清湯スープでそのしみじみと来る素敵な風情が実にたまらないもの。

ガラは鶏のみを5時間近く掛けて炊いたものだそうで、香味油は鶏油を利用して、自家製の香味ダレが多めに盛られ垂らされていた。それを軽く掻き混ぜて口にすれば、これまた素晴らしいもので、まさしくスープの絶妙な香りがなかなかと言えた。

ちなみに台湾まぜそばは、ピリ辛挽き肉・ネギ・ニラ・ニンニク・魚粉・刻み海苔・卵黄を中太麺に乗せた汁なしラーメンらしく、つけ麺も提供メニューにラインナップされていた。ライス無料で来たご飯は盛りも良く、焼き餃子がこれまた美味しいものだった。

製麺所がどちらなのかさりげなくお聞きして見ると三河屋製麺さんだそうで、指さす方向を見るとなるほどオレンジ色の樹脂製麺箱がテーブルに置いてあるのが見えた。

なんともうすぐの明後日八日の水曜日から、麺の仕様を変更する予定であることを教えてくれた。ラーメンはこれまで低加水仕様の中太ストレート麺だったのを、今度の麺はやや高め中加水仕様の中細ストレート麺となる予定だそう。

台湾まぜそばの中太麺も同じく仕様を変える予定だそうで、よりもっちりした風合いにして、麺量もこれまで1玉200gだったのが250gになるそうだ。こうしたブラッシュアップを経てこそ、顧客獲得の一歩にもなるところだろう。

近年特にラーメンを提供する店舗が増加の一途を辿っているだけに、鉄は熱い内に打てと言う言葉も在り、そうした地道な努力を惜しまないラーメン店が最後に生き残ることだろう。

世間話しをしている内に新しい麺があるのでもしよろしければとなって、そこはありがたいお話しだけにそれでは是非ともとなるもので、それを鶏白湯の塩味でお願いすることに。程なく到着。

manraiman13

manraiman14

manraiman15

manraiman16

それではと行かせて貰えば、なるほど加水を上げた分だけコシが良くなって喉越しもより素敵な風合いを造作していて、そこはさすが人気製麺所の三河屋製麺と言えて実に良かった。それだけに、気がつけば完食。

店長さんは中国大連ご出身だそうで、以前この厨房におられた豊かラーメンの店長さんも同郷だそうで奇遇と言うしかなかった。大連は北の香港とも呼ばれる遼寧省の大都市で、大半が海に面している港湾都市だ。そう言えば地元の料理も、あっさりしたものが好まれている。

いや、謹厳実直・質実剛健・絶妙可憐・切磋琢磨・一意専心・堅忍不抜・絶妙可憐・切磋琢磨・驚心動魄・感慨無量・恍恍惚惚・光彩奪目の素晴らしさ。

そして、拍手喝采・恐悦至極・剛毅果断・意気衝天・心満意足・余韻嫋嫋・優婉閑雅・雅俗混淆・雲外蒼天・換骨奪胎・天下逸品・極上品質と言うしかなかった。

manraiman17

★ ラーメン 満来満 (まんらいまん)

住所/東京都江東区森下4-25-7 TEL非公開 定休日/日曜日 ※祝日営業 営業時間/11:30~14:30中休17:00~23:00
※アクセス
都営地下鉄新宿線菊川駅下車。A2出口から外に出て、前方の新大橋通りを左手に80mほど歩いた左側にあり。


ラーメン ブログランキングへ   
👆1click 頂けると嬉しいです