momonosuke01

春分も間近と言うのに北寄りの風が気温を下げて、朝方はドリクブルーグレイ一色に染まる雨雲から雨が止めどもなく降り出していた、冬の表層が広がる三月弥生中旬十五日の水曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、そんな雨もとうに止んでアスファルトも乾いて、穏やかな夜風そよぐ朧月夜の午後七時過ぎだった。

新宿御苑前駅の周辺につけ麺専門店が2017年3月7日オープンしたらしく、そのウリは麺量1kgまで無料でしかもスープが4種類ラインナップしていて、さらにハーフ&ハーフにすれば2種類のスープで愉しめるようだ。

つけ麺で麺量1kgまで無料と言えば麺屋武蔵と同じで、4種類から2種類が選べるスープとはまた面白い趣向だけに気になるしかなかった。

momonosuke02

momonosuke03

momonosuke04

そんなわけで仕事帰りに、今夜はこちらへ立ち寄ることにした。地下鉄丸の内線沿線ならば、新宿よりも荻窪から乗車した方が、乗り換えが楽なのでそのルートで向かうことに。

予定通り新宿御苑前駅で下車し出口2から外へ出て、前方の新宿通りを渡って御苑寄りの路地を入り一つ目の十字路を左折。その道路沿い突き当たり手前の右側に、それは風情も良くこちらが営業していた。

momonosuke05

momonosuke18

momonosuke19

momonosuke06

さっそく入店して行くと右手に券売機があり、厨房に二人のみのこちらながらその前に立つと、先客一人の店内もあってかスタッフの方が一人来られた。

その方のご説明を受けながらも、エビとイカ墨スープとビネガースープによる、ハーフ&ハーフつけ麺の特製仕様を選ぶことに。ハーフ&ハーフの場合も、チケット購入時点でその二つのスープを選ぶスタイルになっていた。

そのスープのラインナップは、定番の旨みたっぷりの魚介豚骨スープ、定番スープを更に凝縮させた濃厚魚介豚骨スープ、海老の旨みとイカのコクにこだわったピリ辛風味でまとめたエビとイカ墨スープ。

そしてさらに、カボス酢の酸味と辛味がクセになるらしい、あっさり風味のビネガースープと言ったものだった。

麺量1kgまで無料と言う麺量は、50g単位でその麺量が選べるそう。スープのおかわりが1回のみ出来るようだった。あつもりも希望すれば、対応してくれるそうだ。チケットを手渡す際に、麺量は500gでお願いすることにした。

麺は約8分の茹で時間を要する案内があり、スープ割り用のポットには、昆布・椎茸・さば・かつおを利用した和風だしが入っている案内が見受けられた。

幾つかの店舗で修業経験がある店主さんだそうで、一番長かった店舗に三年半おられたそうで、そこは麺屋武蔵であることを教えて頂いた。なるほど。

momonosuke07

momonosuke08

ふと見上げると創業文化五年丸勝かつおぶし株式会社七代目太郎兵衛の段ボールがさりげなく置かれていて、その横には左手を挙げた金色の招き猫と、我が家にもある神田明神の新春縁起熊手が飾られていた。

お米は佐賀県米さがびよりを利用するこちらだが、店主の実家が福岡だそうで、そこから九州の食材を選んだのだそう。程なく到着。

momonosuke09

momonosuke10

momonosuke11

momonosuke12

麺メニューに付くチャーシューが、その全体像のイメージを決めてしまうと言っても過言ではないと普段から考えているが、そうした点から言って見た目にもすでに百点満点のものがやって来た。

デフォルトでチャーシューが1枚乗るこちらで、特製仕様にするとチャーシューがもう1枚付いて味玉も一つ添えられていた。

momonosuke14

momonosuke13

momonosuke16

それではと行かせて貰えば、これがもう実にたまらない持ち味が絶妙な風情となって、手に持つ箸の速度が加速して行くしかなかった。

厚みもある大判サイズの豚肩ロース肉のチャーシューは、やはり大号泣出来る怒涛の美味しさだった。醤油麹に漬けて作り上げたものらしい。村上朝日製麺謹製の特注太ストレート麺も、もちもちでムチムチの素敵なもので、これまた号泣出来た。

あっさり風味のビネガースープは、フルーティなカボス酢の酸味が食欲をそそらせて、まさしくクセになる辛味がそれを後押しさせていた。

そしてエビとイカ墨スープは、誇張することのないナチュラルな海老の旨みが、イカの魚介感により相乗効果を生んで、そこにピリ辛風味が効いて瀞みがまたいい風合いを作って良かった。

momonosuke17

スープが2種類だけに当然のことながらスープ割りも違う味わいが愉しめるもので、思っても見なかったがこうして二つの割りスープを口にすると、意外なほどのしみじみとした満足感となった。

麺量500gながら、それだけに気がつけば完食。店名の由来についてお聞きすると、百と言う数字が持つパワーや縁起に、あやかるような形から命名されたものだそう。

公式フェイスブックに寄れば、今月は19日(日)・23日(木)・29日(水)が休業になる予定のようだった。来月以降は定休曜日を、決めるか現在検討中らしい。

いや、一網打尽・悩殺昇天・滋味招来・絶賛感銘、一心不乱・終始一貫・気炎万丈・意志堅固、恐懼感激・感恩戴徳・空前絶後・激泣喝采、驚心動魄・感慨無量・剛毅果断・意気衝天。

旭日昇天・無我夢中・優婉閑雅・外柔内剛、軽車熟路・確固不抜・雲外蒼天・換骨奪胎、軽妙洒脱・英姿颯爽・星河一天・絢爛華麗、当代無双・至大至高・仁者無敵・至純至高。

一往深情・観感興起・絶妙可憐・清絶高妙、恍恍惚惚・光彩奪目・新進気鋭・前途洋々、欣喜雀躍・手舞足踏・有頂天外・歓天喜地、心満意足・余韻嫋嫋・拍手喝采・恐悦至極と言うしかなかった。

momonosuke20

★ つけ麺専門 百の輔 MOMONOSUKE

※公式サイト~http://www.momonosuke.jp/
※公式Facebookはこちら
住所/東京都新宿区新宿1-2-5 ファインズビル新宿1階 
TEL03-6709-8399 定休日/不定休 営業時間/11:00~15:00中休18:00~21:00 ※土日祝11:00~19:00
※アクセス
東京メトロ丸の内線新宿御苑前駅下車。出口2から外へ出て前方の新宿通りを渡って御苑寄りの路地を入り一つ目の十字路を左折。その道路沿い突き当たり手前の右側にあり。


ラーメン ブログランキングへ   
👆1click 頂けると嬉しいです