tosakkohorikiri01

北寄りの風が気温を下げ爽やかな青空から陽射しが煌めいて、そんな青い表層はノンティスコルダルディメブルーに彩られていた三月弥生中旬十六日の木曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、それほどの冷え込みもない、穏やかな夜風そよぐ午後七時過ぎだった。

かつて1963年に屋台で創業して板橋常盤台の環七沿いで1970年代に営業していた、土佐っ子ラーメンについてその関連店へ訪れる度に触れているが、現在も池袋エリアにその店名を継承するラーメン店が営業している。

2015年5月2日に開業した環七土佐っ子ラーメン板橋店はすでに閉店しているようだが、そんな折りこちらが昨年暮れの2016年12月22日にオープンしたとして気になっていた。

tosakkohorikiri02

tosakkohorikiri03

tosakkohorikiri04

そんなわけで今夜こそとなって、仕事帰り立ち寄ることにした。通勤電車の中央線快速を御茶ノ水で下り、直ぐ傍にある接続駅の新御茶ノ水から千代田線電車に乗車。

町屋で京成電車に乗り換えて、堀切菖蒲園にやって来た。改札口前の川の手通りを左手に進んで行き、堀切菖蒲園駅前交差点を左折。

200mほど歩いた頃だろうか、道路沿いの右側にこちらが風情も良く営業していた。店先には往年の人気店であった創業店も利用していた、つるや製麺所の麺箱がさりげなく置かれてあった。

tosakkohorikiri05

tosakkohorikiri06

さっそく入店して行くと厨房に店長さんがおられ、客席スペースにスタッフ一人と先客も一人の静かなフロアが広がっていた。

中ほどのカウンター席に腰掛けてから手元にあったメニューリストを広げ、それを見ながら土佐っ子豚骨ラーメン・半炒飯セットをオーダーし、さらに追加トッピングするかとなってチャーシューをお願いすることにした。

やはり池袋で営業している、環七土佐っ子の系列店だそうで、板橋店も同じ系列店だったそうだ。こちらの店長さんは15年この土佐っ子におられるそうだ。

この上の2階は宴会が出来るフロアだそうで、おつまみメニューも豊富にラインナップされていた。程なく到着。

tosakkohorikiri07

tosakkohorikiri08

tosakkohorikiri09

tosakkohorikiri10

土佐っ子と言うと醤油のタレが背脂の下に沈んでいて、それを掻き混ぜると中太麺にその色が映るイメージだが、池袋店同様にそうしたシフトの背脂ラーメンではないこちらだった。

しかしながら背脂ラーメンとしては実にたまらない味わいと風情で、思わずこちらでも箸の速度が高まるしかなかった。そのデフォルト背脂量は、かなり多めと言えた。

tosakkohorikiri11

tosakkohorikiri12

tosakkohorikiri13

チャーハンもパラパラで、なかなか美味しくこれまた良かった。卓上にザーサイが無料惣菜として置いてあり、それをチャーハンに入れて素敵なザーサイチャーハンとして愉しむことが出来た。

食べ終える頃に5年ほど前から始めた油そばが、濃い醤油のタレがたっぷり入るものと教えて貰うことが出来た。

それは背脂そばとも案内されていた土佐っ子ラーメン特製なる提供メニューらしく、スープが入らないいわゆる汁なしだった。それならばこの際だからとなって、それもお願いすることに。程なく到着。

tosakkohorikiri14

tosakkohorikiri15

tosakkohorikiri16

撮影してから徐に麺を掻き交ぜれば、太麺がみるみる内に醤油色に変わって行き、思わずこれぞ土佐っ子と思うものだった。口にすればこれがもう、背脂がこれでもかと絡んで来るだけに大号泣出来る風合いで、それだけに気がつけば完食だった。

いや、一網打尽・悩殺昇天・背脂万歳・特製万歳、風味絶佳・百様玲瓏・優美高妙・大慶至極、堅守速攻・百拳百捷・典麗風雅・清淑優婉、恍恍惚惚・光彩奪目・一往深情・観感興起の素晴らしさ。

そして、仁者無敵・至純至高・崇高冷厳・感慨多端、欣喜雀躍・手舞足踏・有頂天外・歓天喜地、一心不乱・終始一貫・闘志満々・意気軒昴、恍恍惚惚・光彩奪目・拍手喝采・恐悦至極と言うしかなかった。

tosakkohorikiri17

★ ラーメン居酒屋 環七土佐っ子 堀切菖蒲園店

※公式サイト~http://7tosakko.kg-consul.jp/
公式ツィッター~https://twitter.com/tosakko_izakaya
住所/東京都葛飾区堀切3-4-13 TEL03-6886-9718 定休日/水曜日 営業時間/11:00~15:00中休17:00~23:00(22:30LO)
※アクセス
京成本線堀切菖蒲園駅下車。改札口前の川の手通りを左手に進んで行き、堀切菖蒲園駅前交差点を左折。200mほど歩いた道路沿いの右側にあり。


ラーメン ブログランキングへ   
👆1click 頂けると嬉しいです