tachimashi701

北寄りの風がそよぐものの気温は十度を越えるようになって、昨日の雨も上がって陽射し煌めく青空はライトグリーゼブルーに染まっていた、ともあれ春まだ浅い三月弥生下旬二十二日の水曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、穏やかな夜風がそよぐそんな午後八時近くだった。新店訪問の予定だったが若干残業となって、それならば今夜はまたこちらに立ち寄って見るかとなった。

tachimashi702

tachimashi703

tachimashi704

tachimashi705

tachimashi706

tachimashi707

そんなわけで御茶ノ水で途中下車して、年明けまもない頃以来のその店頭へやって来た。さっそく入店して行き、左手の券売機の前に立つ。先日は初めて立川総本店を訪れたものだ。

先月初めから突如の新メニューとしてその提供が開始されたエキストラバージンマシライスで、そもそもデフォルトのマシライスが未食ながらそこは気になっていた。美味くて死にそう、と言うことらしい。

豚増量も考えたが初マシライスでエキストラバージンオイルバージョンだけに、デフォルトで豚マシはせずに、ともあれライスはマシで行くことに。ちなみに通常で350g、マシで525g、マシマシ700gらしい。

お正月限定だった麺が餅は、5号店のみ現在も対応しているそうだ。なお今月の日曜日は、全て休業の予定だそう。直ぐに座れて、そう待たない内に、程なく到着。

tachimashi708

tachimashi709

tachimashi710

tachimashi711

tachimashi712

tachimashi713

tachimashi714

tachimashi715

tachimashi716

スープも付いて来たマシライスで、そのスープはおかわり無料だそう。テンガロンハットのように盛られたライスが異彩を放っていた。

それではと行かせて貰えば、二郎系ライスメニューと言えるマシライスおそるべしの一言に尽きるもの。卵黄を潰して口にすれば、更なる至福の世界が待っていた。紅ショウガと共に喰らえば、これまた良かった。

通常のマシルーは、大量の豚挽き肉にラーメンに入るものと同じ背脂、そこに醤油・鷹の爪・刻みニンニク・ゴマ油・砂糖・ハイミーが入るものらしい。

それに対してこのエキストラバージンマシライスは、その背脂の代わりにエキストラバージンオイルが入っているようだ。

ラストに残ったライスをスープに入れて、胡椒と一味唐辛子も入れて愉しんだ。それだけに、気がつけば完食。こうなると通常のマシライスや、デラックスマシライスに、焼肉重+タルタル層も、気になるしかなかった。

いや、風味絶佳・百様玲瓏・一網打尽・悩殺昇天、崇高冷厳・感慨多端・大悟徹底・気宇壮大、滋味招来・絶賛感銘・鮮麗妙味・精良博識、雲外蒼天・換骨奪胎・旭日昇天・無我夢中の素晴らしさ。

そして、優美高妙・大慶至極・金剛不壊・志操堅固、軽車熟路・確固不抜・優婉閑雅・外柔内剛、感動品質・感服妙味・絶品美味・格別風味、美妙巧緻・鮮美透涼・敢為邁往・聡明剛毅、以下省略と言うしかなかった。

tachimashi717

★ 立川マシマシ 5号店@御茶ノ水

※公式ツィッター~https://twitter.com/tachikawamashi2?lang=ja    
住所/東京都千代田区神田駿河台2-4-10  TEL非公開 定休日/無休 ※日曜休業の場合あり 営業時間/11:00~15:00中休17:00~22:50 ※土祝~21:50 ※日曜~21:00
※アクセス
JR御茶ノ水駅御茶ノ水橋口下車。前方の道路を左手に進み、信号先の左路地を入り30m歩いた左側にあり。
       

ラーメン ブログランキングへ   
👆1click 頂けると嬉しいです