298uchiiwase01

すでに靖国神社の標準木が開花して界隈の早咲きの桜が綻ぶ姿が見受けられて、やや強い北寄りの風がそよぐものの春爛漫の周辺で見上げた白む青い表層はミヨゾティスブルーに彩られていた、そんな三月弥生下旬二十四日の休日金曜日だった。

本八幡周辺の県道283号線沿いで、1978年に開業したニューラーメンショップいわせが、残念ながら昨年暮れの2016年12月30日を以て閉店してしまった。

とは言え麺屋武蔵で修業明けしたその店主の息子さんが、新たなる戦略による新店を開業させるとして気になっていた。

どうやら2017年3月22日に無事オープンしたようで、それならばそこはやはりとなって出掛けることにした。二九八家と書いて、福は内と読ませるらしい。

地元の千葉県立市川南高等学を卒業してから5年ほど、実家のニューラーメンショップいわせを手伝っていた岩瀬良氏だそう。

父を超える想いを胸に麺屋武蔵へ修業するべく、2006年10月に株式会社麺屋武蔵へ入社したそうだ。寡黙そうな創業店主で、愛するが故に息子に厳しかったことだろう。

298uchiiwase02

298uchiiwase03

298uchiiwase04

そんなわけでいつも利用する路線バスで本八幡へ出て、店舗周辺までさらに路線バスを乗り継いでその店頭にやって来た。

以前と同じ紅く染まるビニールシートながら、刷新され新しい店名が配置されていて、その開店を祝うように空は青みを増していた。

以前ニューラーメンショップいわせを利用していた常連さんが、何処からともなくやって来て入口ドアが休まる気配がないこちらだった。

298uchiiwase05

298uchiiwase06

298uchiiwase07

298uchiiwase09

298uchiiwase08

その合間をかい潜るように先客をやり過ごしてから、券売機の前へ立って予定通り二九八家ら~麺のチケットを購入。

振り返るとカウンターテーブルに14席の丸椅子が並ぶ店内で、その中ほどのカウンター席に案内を受けてそこへ腰を下ろした。チケットを手渡すと麺量の確認を受けて、その麺量を確認した上で、中盛りでお願いすることに。

麺量は麺屋武蔵同様に麺量同一料金で、ら~麺の麺量が並150g・中225g・大300gで、つけ麺は未確認だが麺量1kgらしい達磨盛なるシフトも用意されているようだった。ちなみに辛味仕様もあり、そちらは一辛・二辛・三辛・辛達磨から辛さが選べるようだった。

麺屋武蔵で10年間修業されて来て、新宿総本店の店長を歴任されていた店主だそう。

店内には福をもたらす神様たちが随所に描かれていて、ガラス戸の絵は外から見るとまるで店内に神様が佇んでいるかのようだった。

円筒状の照明灯具にもその絵があり、電話番号まで2981と福は内にしており、何とも芸の細かいフロアとなっていた。

後続客がさらに続いて店先に行列が出来て、時間が経過するとその外列が伸びて行った。程なく到着。

298uchiiwase10

298uchiiwase11

298uchiiwase12

298uchiiwase13

298uchiiwase14

298uchiiwase15

298uchiiwase16

それではと行かせて貰えば、優しいスープの風合いに心打たれながらも、絶大に素敵な持ち味に手に持つ箸の速度が加速して行った。

角煮は武蔵らしいワイルドな風合いで、千切りネギはリニューアル前のニューラーメンショップを彷彿とするもの。これにメンマ・海苔・味玉が入って、それは実に良かった。

プリプリした持ち味がある丸平打ち中太ちぢれ麺は、カネジン食品謹製の麺だそうでこれまた良かった。それだけに、気がつけば完食だった。

オープン当初は前店同様に午前七時開店だったが、来て見ると本日からだろうか午前九時開店に変更されていた。それでも早い開店時間だけに、その意気込みは並々ならぬものを感じた。

いや、鮮麗妙味・精良博識・滋味招来・絶賛感銘、風味絶佳・百様玲瓏・一網打尽・悩殺昇天、金剛不壊・志操堅固・冠前絶後・永遠偉大、優美高妙・大慶至極・絶品美味・格別風味の素晴らしさ。

そして、激震佳肴・絶妙風韻・感動品質・感服妙味、熟達品格・壮麗威風・幽趣佳境・静寂閑雅、明鏡止水・泰然自若・絢爛華麗・面向不背、美味怒涛・激旨秀麗・典麗風雅・清淑優婉。

さらに、天下逸品・極上品質・軽妙洒脱・英姿颯爽、一心不乱・終始一貫・絶妙可憐・清絶高妙、崇高冷厳・感慨多端・驚心動魄・感慨無量、感謝感激・感涙号泣・拍手喝采・恐悦至極と言うしかなかった。

298uchiiwase17

298uchiiwase18

298uchiiwase19

★ 二九八家 いわせ (フクワウチ イワセ)

住所/千葉県市川市大和田3-23-11 TEL047-376-2981 定休日/月曜日 営業時間/9:00~19:00 ※土日祝日~20:00
※アクセス
市川01系統本八幡駅南口(ドンキホーテ前)~市川駅区間の京成トランジットバスに乗車して鶴指停留所で降車。下り停留所だと本八幡寄りに20m歩いた左側で、上り停留所だと直ぐ前にあり。JR本八幡駅南口から徒歩15分程度で、県道283号線沿い。


ラーメン ブログランキングへ   
👆1click 頂けると嬉しいです。