mugitoorivemuromachi01

新日本橋駅周辺に出来た人形町大勝軒系の新店を訪れて、これならもう一軒行けるとして、さて何処へ行くかとなった。

それならばとそこから徒歩圏内に位置する神社を作ってしまった商業施設であるコレド室町に最近オープンしたこちらへ訪れることにした。

フレンチ出身のシェフが手掛けるこちらで、2014年2月4日にオープンした銀座本店に端を発する人気ラーメン店だ。

その後に、2014年12月9日にマーチエキュート神田万世橋店、2016年9月2日にさいたま新都心店、そして先月下旬の2017年2月21日に日本橋店のこちらがオープンした。

mugitoorivemuromachi02

mugitoorivemuromachi03

mugitoorivemuromachi04

mugitoorivemuromachi05

mugitoorivemuromachi06

mugitoorivemuromachi07

そんなわけでコレド室町に到着すると、高層ビルの傍に赤い鳥居も立つ福徳神社が異彩を放っていた。

その直ぐ隣りにあるコレド室町2に入って行き、エスカレーターで地下1階へ。迷うことなくその入口にやって来た。

mugitoorivemuromachi08

mugitoorivemuromachi09

mugitoorivemuromachi10

ランチタイムのいい時間もあってか、3~4人がその店先に並んでいて、その後ろに就いてしばし待つことに。

ふと見ると製麺所の段ボール箱が無造作に置いてあった。そうしない内に店内に案内を受けて、外寄りに作り付けのカウンター席の中ほどに促されてそこに腰を降ろした。

メニューリストを手にして少し悩んでから、鶏SOBAをオーダーして、この際だからと特製トッピングも一緒にお願いすることにした。

ミシュランガイド東京でもビブグルマン部門選出店で、そう言えば店の入口付近に今年もまた連続して、同様に掲載された旨の案内が成されていた。

日清食品から2017年3月13日全国展開でカップめんが販売開始されたらしく、その掲示があり店内にそれが山積みされて置いてあった。程なく到着。

mugitoorivemuromachi11

mugitoorivemuromachi12

mugitoorivemuromachi13

mugitoorivemuromachi14

mugitoorivemuromachi15

mugitoorivemuromachi16

mugitoorivemuromachi17

それではと行かせて貰えば、オリーブオイルでヘルシーに仕上げたものだそうで、醤油の風味もしっかりと際立っていて、その持ち味が実にたまらないもの。

鳥取産大山鶏を大量に使い6時間以上じっくり炊いたものだそうで、カエシの利用する醤油は、埼玉・群馬・香川の老舗醤油醸造元のこだわり醤油を最適にブレンドしていると言う。

ちなみに蛤SOBAのハマグリは、毎日直送して貰う三重桑名産のものを使用して、いわゆるアニマルオフの魚介100%スープだそう。

卓上の玉ねぎも利用しているエシャレットオイルと、黒胡椒で味変するとこれがまた実に良かった。

京都人気老舗製麺所の麺屋棣鄂謹製の中細ストレート麺に、低温調理チャーシューも実に素敵で、それだけに気がつけば完食だった。

いや、一網打尽・悩殺昇天・鮮麗妙味・精良博識、絶品美味・格別風味・激震佳肴・絶妙風韻、風味絶佳・百様玲瓏・滋味招来・絶賛感銘、天下逸品・極上品質・軽妙洒脱・英姿颯爽の素晴らしさ。

そして、星河一天・絢爛華麗・錦心繍口・山紫水明、優美高妙・大慶至極・感動品質・感服妙味、熟達品格・壮麗威風・幽趣佳境・静寂閑雅、美味怒涛・激旨秀麗・典麗風雅・清淑優婉。

さらに、美妙巧緻・鮮美透涼・敢為邁往・聡明剛毅、崇高冷厳・感慨多端・空前絶後・激泣喝采、当代無双・至大至高・感謝感激・感涙号泣、最上無二・英明果敢・拍手喝采・恐悦至極と言うしかなかった。

mugitoorivemuromachi18

mugitoorivemuromachi19

★ Ginza Noodls  むぎとオリーブ 日本橋店

※公式ツィッター~https://twitter.com/mugiori
住所/東京都中央区日本橋室町2-3-1 コレド室町2 1階 TEL03-6225-2705 定休日/施設に準ずる 営業時間/10:00~21:00(20:30LO)
※アクセス
JR総武快速線新日本橋駅または東京メトロ三越前駅下車。駅周辺のコレド室町2の地下1階フロアにあり。三越前駅地下通路からA6直結出口あり。


ラーメン ブログランキングへ   
👆1click 頂けると嬉しいです。