kenshoken201

昨夕から降り出した雨がアスファルトを濡らして、暗い空は斑模様となって青空を隠していた、灰色の表層はまさしくエイプリルミストグレーに染まる四月卯月初日の週末土曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば午後になってから止んだらしく、穏やかな夜風がそよいで晴れ上がった上空を見上げると雲間から細い三日月が顔を出していたそんな午後七時過ぎだった。

ここ最近新店が群雄割拠の平井に、今度は油そばの新店が出来たようだ。そこは気になり店頭に立てば、これが残念ながら既に閉店していた。

まだスタッフが後片付けでおられたのでお聞きすると、本日と明日のみオープン記念営業で特価500円で提供し規定杯数で終了する営業らしく、月曜から23:00閉店の通常営業となることを教えてくれた。

充分有り得るだけにそこは訪問予備店を考慮していて、そんなわけで土曜日は二郎系モードだけに、今夜はそんなラーメンもあり比較的最近からチャーハンも提供しているこちらへ立ち寄ることに。

kenshoken202

kenshoken203

入口上に掲げる店名看板は山岸一雄御大と麺屋こうじグループ総帥田代浩二代表のツーショットで映るフォトになっていて、判り易いくらい麺屋こうじグループの系列店であることが判るようになっている。

2013年3月29日に開業した綿店長さんが厨房に立つ、津田沼店のブランドの2号店として2015年1月23日にオープンしてその間もない頃訪れたものだ。

kenshoken204

kenshoken205

kenshoken206

kenshoken207

と言うわけで地元本八幡で電車を下りて南口側右手の階段を下りて行き、ガード下左脇側道をそのまま直進して50mほど歩いた頃だろうか今夜も左側に風情も良く佇んでいた。

さっそくガード寄りの入口専用ドアから入って行き、直ぐある券売機で予定通りに角ふじラーメンを選んで、肉野菜増しボタンを連打。そこはせっかくだしと、半チャーハンのボタンも連打することに。

奥へ進むと先客が一人と厨房に二人のスタッフがおられるフロアが広がっていた。手前寄りのカウンター席に案内を受けてそこへ腰掛けると、後続客が続いて来てやはり人気店の様相を呈すこちらだった。

kenshoken216

kenshoken217

そうしない内にチャーハンが来たので先に手を付ければ、かなりとんでもなく素晴らしいパラふわチャーハンに、角ふじを口にする前から既に感動の坩堝。そして程なくラーメンもやって来た。ビジュアルからして、もうこの上なく素敵と言うしかなかった。

kenshoken208

kenshoken209

kenshoken210

kenshoken211

kenshoken212

kenshoken213

kenshoken214

kenshoken215

そそり立つチャーシューは比較的大きめだし、モヤシ中心の野菜も中途半端でなかった。一緒に天かす仕様の辛玉が来たので、醤油漬けニンニクとラー油を乗せて行った。

それではと行かせて貰えば、猛攻怒涛・旭日昇天・感謝感激・感涙号泣・空前絶後・激泣喝采と言うしかないもの。

無我夢中で喰らえば、野菜湯水・豚肉激旨・太麺餠餠・汁激背脂だけに感動の猛嵐。それだけに爆盛ながら、気がつけば完食だった。帰りは中ほどの引き戸が出て帰途に就いた。

いや、一網打尽・悩殺昇天・当代無双・至大至高、恍恍惚惚・光彩奪目・一心不乱・終始一貫、大悟徹底・気宇壮大・優美高妙・大慶至極の素晴らしさ。

と言うことで、剛毅果断・意気衝天・美味怒涛・激旨秀麗、威風凜々・十日一水・千古不磨・名実一体、打成一片・真一文字・初志貫徹・粉骨砕身。

そう来ればやはり、心満意足・余韻嫋嫋・一往深情・観感興起、欣喜雀躍・手舞足踏・有頂天外・歓天喜地、闘志満々・意気軒昴・拍手喝采・恐悦至極と言うしかなかった。

kenshoken218

★ つけ麺 本八幡健勝軒

※公式ツィッター~https://twitter.com/G3Ys8
住所/千葉県市川市南八幡4-3-13 TEL047-712-5688 定休日/月曜日 営業時間/11:00~14:30中休18:00~翌1:00 ※日祝~23:00 ※土日祝のみ中休16:00~18:00
※アクセス
JR総武線本八幡駅下車。南口側右手の階段を下りて行き、ガード下左脇側道をそのまま直進して50mほど歩いた左側にあり。


ラーメン ブログランキングへ   
👆1click 頂けると嬉しいです。