hiwamatanoboru01

新緑の木々を震わせるほどに冷たい雨が朝方からとめどもなく降り続いて、灰色の暗い表層はクールカッパーグレイに染まっていた温かくなっては冷え込み人はそれを三寒四温と言う四月卯月中旬十一日の休日火曜日だった。

陽はまたのぼると言えば1926年に発表されたアーネスト・ヘミングウェイ出世作となった、長編小説のタイトルだが以降にも様々な作品のタイトルに利用されて来た。そんな店名のこちらだけに気になるところなって出掛けることにした。

場所は先月半ば頃に残念ながら閉店してしまった、二代目狼煙本店の跡地店舗らしく、こちらは一昨日の2017年4月9日から開業したようだ。

オープン当日のスタート時は、40人以上が駆け付けて並んだため、整理券を作成して配布する対応をされたらしい。

hiwamatanoboru02

hiwamatanoboru03

hiwamatanoboru04

そんなわけで店主の修業先である麺処晴と麺処さとうの2店が、どちらも未訪ながら気になる人気店もあって雨そぼ降るなかこちらへ向かった。

昔は新京成五香駅周辺に実家があって、通学した学園が千駄木であったため、こちらの最寄り駅になる綾瀬は通学利用ルートであった。

そのため何度となく乗降した駅だったが最近はほとんどそんなことも無くなって久しぶりにやって来たが、直ぐそばに相変わらずイトーヨーカドーがあり大した変化もなかった。

その分だけ懐かしくさえ感じることが出来た界隈で、東改札口を抜けて右手に出て行き、前方の道路を入って突き当たりを右折。

道なりに左折してそのままずっと歩いて行き、突き当たりを左折して40mほど歩いた頃だろうか右側に開店祝いの花に埋もれるこちらが営業していた。綾瀬駅から歩いて、およそ7分程度の場所に在った。

店頭には雨のなか、五人の外列が出来ていた。最後尾の方を確認して、その後ろへ就いた。

hiwamatanoboru05

hiwamatanoboru06

hiwamatanoboru07

しばし待っていると列の先頭となって、そうしない内に先客が出て行かれ、入店を案内受けて入ると右手に券売機が待ち受けていてその前に立つ。ラインナップは、淡麗醤油と淡麗塩に、濃厚醤油の3タイプ。

入店する直前に傍におられた方の会話が聞こえて来て、濃厚が良かったと言う話し声に何にするか決め切れずにいただけに思わずそれで行くかとなっていてその特製仕様を選ぶことに。

ライスはまだ未対応らしく、とりあえずこれだけで行くかと振り返り、促されたカウンター席に腰掛けながらチケットを手渡した。当初は夜営業も考えて開業させたが当分のあいだは昼営業のみとなる状況らしかった。

hiwamatanoboru10

hiwamatanoboru08

hiwamatanoboru09

冷蔵庫やストッカーが追加導入出来るようになれば、夜営業が出来るそうで可能であれば今夏頃までにそうした予定で行きたいそうだ。インフォカードが置いてあったので手にすると、そこには「拉麺と音楽があればいい」と記されていた。

麺処ほん田醤油店主麺処さとう@本蓮沼の2号店になる2015年3月21日に開業した桜新町店と2012年7月7日開業目黒屋出身店主の麺処晴@入谷にそれぞれ1年ほど修業経験を経て今回こちらを開業させたそうだ。

厨房に一緒におられた方は麺処晴の常連客であり高校時代の先輩でもある方だそうで、こちらを開業させる話しをしたところアルバイト志願してくれたそうだ。アルバイトの募集をかけても、なかなか来ない昨今だけに、運の良いこちらの店主と言えそう。

そんな店主の大川真弘氏はドラゴンアッシュのファンらしく、店名はそんなところから同グループ2枚目シングル曲で1998年にリリースされた陽はまたのぼりくりかえすに由来するようだった。

連食をする場合は並び直しだそう。ふと見るとドラゴン繋がりなのか、ドラゴンボールが描かれた鳥山明氏のサイン色紙が飾られていた。程なく到着。

hiwamatanoboru12

hiwamatanoboru13

hiwamatanoboru14

hiwamatanoboru15

hiwamatanoboru16

それではと行かせて貰えば、絶大なる持ち味が実にたまらないもの。この数年頑張って来たその熱い想いが、一気に解き放たれた瞬間の一秒一秒で出来上がるだけに素敵な味わい。

成功の二文字を信じて作るそんな濃厚煮干しそばだけに、そのひたむきに感じられる風合いは絶妙極まる素晴らしさと言うしかないもの。

鶏ガラとモミジの鶏ダシに伊吹いりこをベースにして、背黒2種と平子も効かせた煮干しスープだそうで、箸を持つ手の速度が次第に高まって行った。麺は厨房テーブルに麺箱があり、村上朝日製麺所謹製らしく、その中細ストレートでパツンと切れる仕様の麺がまた良かった。

チャーシューは豚肩ロース肉低温調理と豚バラ肉煮豚の2種類だそうでこれも美味しく、味玉と斜切ネギと岩海苔の風情もなかなかだった。

hiwamatanoboru17

hiwamatanoboru18

こうなれば和え玉も行くかとなるもので、200円を支払ってそちらも醤油の方で希望し、さらなるその世界観を堪能させて貰った。そちらもこれまた感動もので、それだけに気がつけば完食。

いやもう、感動品質・感服妙味・美味怒涛・激旨秀麗、優美高妙・大慶至極・一網打尽・悩殺昇天、滋味招来・絶賛感銘・絶品美味・格別風味、激震佳肴・絶妙風韻・気韻生動・英華発外の素晴らしさ。

それはもう、一心不乱・終始一貫・絶妙可憐・清絶高妙、崇高冷厳・感慨多端・流麗閑雅・優美端麗、威風凜々・十日一水・打成一片・真一文字、空前絶後・激泣喝采・驚心動魄・感慨無量。

と来れば、新進気鋭・前途洋々・当代無双・至大至高、剛毅果断・意気衝天・軽妙洒脱・英姿颯爽、敢為邁往・聡明剛毅・天下逸品・極上品質、心満意足・余韻嫋嫋・拍手喝采・恐悦至極と言うしかなかった。猛烈に美味し!

hiwamatanoboru20

hiwamatanoboru19

★ 陽はまたのぼる

※公式ツィッター~https://twitter.com/masa_ponkotu
住所/東京都足立区綾瀬2-1-4 TEL03-6231-2040 定休日/水曜日 営業時間/11:30~15:00 ※当面は昼営業のみ 
※アクセス
JR常磐緩行線綾瀬駅下車。東改札を抜けて右手に出て行き、前方の道路を進んで突き当たりを右折。道なりに左折してそのままずっと歩いて行き、突き当たりを左折して40mほど先の右側にあり。徒歩およそ7分。


ラーメン ブログランキングへ   
👆1click 頂けると嬉しいです。