banrainojin19

若干雲が多めに広がるものの昨夜の雨も上がり陽射し煌めく青い表層はドラジェブルーに彩られて、桜の下に散らばる桜花の絨毯を強めにそよぐ春風が渇き切らずにくすむ地表へまんべんなく広げていた四月卯月中旬十二日の水曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、今夜も穏やかな夜風がそよぐものの、これから場所によっては降雨も見られる懸念があったそんな午後七時過ぎだった。

以前は天神屋さんが営業していて、つい最近まではラーメンさんぱちさんが営業していた店舗跡地に、どうやらつい先日の2017年4月7日からこちらが開業したとして気になっていた。

banrainojin02

banrainojin03

そんなわけで今夜こそとなって、仕事帰り立ち寄ることにした。通勤ルート途中駅の御茶ノ水が最寄り駅となるこちらで、そこで途中下車してへ現在改修工事中の聖橋を渡り向かって行った。

湯島聖堂交差点を直進して、そこから150m先の清水坂下交差点を左折して程ない左側にあるその店頭へやって来た。

banrainojin04

banrainojin05

入店しようとすると、ちょうど店主が出て来られて、店先をほうきで掃除しておられた。その横をご挨拶しながら通って行くと快活な挨拶で出迎えてくれた。

入口の直ぐ左手に券売機があったのでその前に立つ。直ぐ傍には、無化調の案内が見受けられた。醤油中華そば、塩中華そば、醤油冷やしラーメン、これにそれぞれチャーシュー麺のボタンが用意されていた。

少し悩んでからやはりこれで行くかとなって、醤油チャーシュー麺の麺量中盛を選んで、特製仕様にするかと半熟味玉のをボタン連打することに。

そしてチャーシュー丼等のサイドメニューがないことを確認してから、中ライスのボタンをさらに連打した。ちなみに麺量は並盛160g・中盛240g・大盛320gと券売機のボタンに記述されていた。

当店は化学調味料は使用しておりません!として、体に優しい中華そばであることが謳われて、提供される中華そばは無化調であることが判り易く記されていた。

banrainojin07

厨房には店主の他に、スタッフが一人おられた。店名の名付け方が何処となく天神屋店主が思いつきそうな感じで、そんな天神屋関連店のイメージをして実は来ていた。

そこで徐に店長と思っていた店主にお聞きすると、その推測は見事に音を立てて崩れ落ちて行った。

なんと店主はこれまでに千葉本店などに訪れたことがある、新中野に本店を置く1997年創業の横浜家系らーめん武蔵家におられた方で、今回独立してこのラーメン店を開業させたことを教えてくれた。

目黒店の店長を経て今年の2月まで、南東京地区周辺のエリアマネージャーをされていたそうで、退職するまでおよそ十年間在籍されておられたそうだ。

banrainojin08

banrainojin06

ちなみに、札幌に本店があるラーメンさんぱちさんの東京進出系列店は、金町に移転して営業しているようだ。なお武蔵家目黒店と店主はおっしゃっていたが、その店名はネットで調べると現在は麺家黒と言う店名になっていた。

そんなことに気づいた際に、横浜家系らーめん武道家も武蔵家の姉妹店であることがネットで追っている内に判った。

こちらの店主によれば、現在国内に53店舗を展開する武蔵家運営企業だそうで、違うブランドもあるところだろうか。来月には御茶ノ水駅周辺の明治大学界隈に、武蔵家の御茶ノ水店が出来る予定だそう。

万来之陣と言う屋号の由来についてお聞きすると、数多くのお客様や未来の良き同志がご来店下さるよう万全の構えで臨んで行くことからだそうで厨房の上の方にそう記述された張り紙もあった。

また、開店から14時まではランチタイムサービスとして、半熟味玉または小ライスがどちらか無料となるそうで、学生さんはオールタイム終日無料となるそうだ。程なく到着。

banrainojin13

banrainojin10

banrainojin11

banrainojin12

banrainojin14

厚みのあるチャーシューと軽く色づいた味玉の他に、青菜・海苔・極太メンマ・刻みネギがあしらわれていた。青菜は横浜家系を想起させた。それではと行かせて貰えば、優しい風合いが実に穏やかで、かなり素敵でとてもたまらないもの。

豚骨・鶏ガラ・野菜をじっくり炊いた動物系清湯スープに、煮干し・鰹節・鯖節・海老・貝柱等の食材を使用した和出汁魚介系スープを直前に合わせたダブルスープだそう。

醤油のカエシも2種類の醤油を使用する等して完全無化調中華そばらしく、中細ストレートの気持ちやや硬質気味の麺は大成食品謹製だそうでこれまた良かった。

青菜はホウレン草かと思いきや、ホウレン草とチンゲン菜を刻んでミックスさせたものだそうで、なるほどチンゲン菜の茎部分があった。

豚肩ロース肉のチャーシューは桜チップで燻製させているそうで、鼻を近づけるとなるほど風情のある燻製させた風合いが感じられてこれも美味しかった。

banrainojin15

banrainojin16

banrainojin17

最後にチャーシュー等の具材をライスへ乗せて行き、レンゲで残った清湯醤油スープを注いでオジヤとして愉しめば、大号泣出来るほど滋味深い持ち味となっていた。それだけに、気がつけば完食。

いや、軽妙洒脱・英姿颯爽・天下逸品・極上品質、滋味招来・絶賛感銘・風味絶佳・百様玲瓏、謹厳実直・質実剛健・一往深情・観感興起、優美高妙・大慶至極・鮮麗妙味・精良博識の素晴らしさ。

そして、感動品質・感服妙味・幽趣佳境・静寂閑雅、恍恍惚惚・光彩奪目・絶妙可憐・清絶高妙恐懼感激・感恩戴徳・気韻生動・英華発外、当代無双・至大至高・拍手喝采・恐悦至極と言うしかなかった。

banrainojin18

banrainojin01

★ 中華そば 万来之陣 (バンライノジン)

※中華そば麺量~並160g・中240g・大320g
住所/東京都文京区湯島1-11-13
 TEL03-5805-1644 定休日/日曜日 営業時間/11:00~21:00 ※中休み無しの通し営業
※アクセス
JR御茶ノ水駅下車。聖橋口より外に出て左手n聖橋を渡って進んで行き湯島聖堂交差点を直進してそこから150m先の清水坂下交差点を左折して程ない左側にあり。


ラーメン ブログランキングへ   
👆1click 頂けると嬉しいです。