mashiocha801

爽やかな青空から陽射しが煌めいてサクラの花と芽吹き出した青葉に同調して、見上げて広がる青い表層はゴロワーズブルーに彩られていた四月卯月中旬十三日の木曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、春らしい穏やかな夜風がまたそよぐ、そんな午後七時過ぎだった。

それにしても昨日の新店で御茶ノ水の明治大学周辺に、武蔵家系列店が来月開業すると知り驚いたが、そう言えばとなって今夜はまたこちらを訪れることにした。

気がつけば昨年の七月以来ほぼ月イチのペースで訪れており、そう言えば先月訪ねて今月はまだだったことに気づいた次第で、若干だけスタミナ切れになっていてガッツリモードにスイッチが入っていたこともあったりした。

mashiocha802

mashiocha803

そんなわけでまたしても昨夜同様に、御茶ノ水で途中下車してその店頭へやって来た。

mashiocha804

さっそく入店して行き、左手の券売機の前に立つ。前回はエキストラバージンマシライスを愉しんで、ラーメンフリークでありながらこちらのマシライスワールドに開眼してしまった。

mashiocha805

mashiocha806

mashiocha807

右手の壁面に様々な案内が貼られているこちらで、見ると海外旅行客が増えている所為なのか英文インフォメーションが幾つも貼られてこれまた驚くしかなかった。

冷やし中華で行くかと思って来たが、あいにくそれは売り切れになっていて、それならば汁なしにするかとも一旦は考えたが、こうなればマシライスセカンドステージで行こうとなった。

そこで選んだのがデラックスマシライスで、今回は豚マシのボタンを連打して、この際だからとニラキムチのボタンもさらに連打することに。

振り返るとたまたまだろう比較的空いていて、チケットを手渡しながらライスマシでお願いして、中ほどのテーブルの壁面寄りが空いていたので許可を貰う意味でそこを指さしながら腰掛けた。

ライスは通常で飯量が350gで、マシマシにすると飯量700gは何と言うことで、やはり前回同様にマシの飯量525gで行くことにした。

やはりタイミングが良かっただけで、そうしない内に後続客が続きに続いて、いつもの盛況なこちらの店内になって行った。程なく到着。

mashiocha808

mashiocha809

ニラキムチは別皿でやって来た。テンガロンハット風のライスは、やはりこれでも充分過ぎる量と言えた。ここでマシライスにすると、そこは麺休日となってしまうが、たまにはいいだろうと自分に言い聞かせた。

mashiocha810

mashiocha811

mashiocha812

mashiocha813

mashiocha814

mashiocha815

ともあれ二郎系ライスメニューおそるべしと思いつつそれではと行かせて貰えば、その絶大なる持ち味に圧倒されながらもその炸裂するミートワールドを愉しむところとなった。

背脂と薄切り肉とライスを絡めて頬張れば、その風情に只々号泣するしかなかった。黄身を潰してそれも絡めればスプーンの往復運動がさらに加速して行った。

豚マシで乗って来た分厚く大きい豚バラには、脂身がたっぷりと付いていてこれまた良かった。スープはほっと一息出来る、安息感が感じられて思わずおかわりを頂くことに。

すべてはカレーライスを愉しむ感覚の中で集約された世界感に在るマシライスと言えそう。決め手は豊富に感じる、そのオプション感であろうか。

そして液体背脂が肉の余韻を倍加させライスの盛りの良さがデンジャラス的な要素を加味させて、それが独特なビジュアルを造形しているだけにそのファンを日夜増やしているのだろう。

ラストに清湯あっさりスープにライスを入れて残っているお肉さんを添えてオジヤとして喰らえば、やはり素敵で実にたまらない美味しさだけに気がつけば完食だった。

いや、一網打尽・悩殺昇天・当代無双・至大至高、優美高妙・大慶至極・滋味招来・絶賛感銘、絶妙可憐・清絶高妙・恐懼感激・感恩戴徳、崇高冷厳・感慨多端・一心不乱・終始一貫の素晴らしさ。

そして、天下逸品・極上品質・絶品美味・格別風味、謹厳実直・質実剛健・気炎万丈・意志堅固、打成一片・真一文字・熟達品格・壮麗威風、誠心誠意・群雄割拠・美味怒涛・激旨秀麗と言うしかなかった。

mashiocha816

mashiocha817

★ 立川マシマシ 5号店@御茶ノ水

※公式ツィッター~https://twitter.com/tachikawamashi2?lang=ja
住所/東京都千代田区神田駿河台2-4-10  TEL非公開 定休日/基本無休 営業時間/11:00~15:00中休17:00~22:50 ※土祝~21:50 ※日曜~21:00
※アクセス
JR御茶ノ水駅御茶ノ水橋口下車。前方の道路を左手に進み、信号先の左路地を入り30m歩いた左側にあり。
       

ラーメン ブログランキングへ   
👆1click 頂けると嬉しいです