usagiya01

南寄りの風が木々の新緑をさわさわと揺らして、見上げた青い表層はバーミエアーブルーに彩られ、気温は二十度を超える予報が出ていた四月卯月中旬十九日の水曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、若干気温は下がって来たものの春も中盤を迎えた感のある夜風がそよいで、ネオンさえ春色に煌めいていたそんな午後七時過ぎだった。

人形町界隈にまた新店が幾つか開業したようで、そんな中でこちらが浅草開化楼特注麺で、こだわりの蘊蓄が躍る店として気になる一軒となっていて今夜こそと仕事帰り立ち寄ることにした。

usagiya02

usagiya03

usagiya04

usagiya05

そんなわけで勤務先の吉祥寺から地下鉄東西線直通電車で茅場町に出て、そこで日比谷線電車に乗り換えてまた人形町へやって来た。駅の直ぐ傍で営業しているこちらで、出口から少し歩けば直ぐにこちらの店舗が見えてあそこかとなった。

こちらの営業閉店時間が微妙だったが営業しており、思わず胸を撫で下ろしつつその店頭に立つ。

そこにある券売機の前へ立ち、特製メニューがなかったのでまずらーめん(中)を選んで、追加チャーシューのもも肉と味玉のボタンを連打することに。

usagiya06

usagiya07

usagiya08

後続客が来られたのでまあこれでいいかとなって、チケットを掴んで入店して行くと、一番奥のカウンター席に案内を受けた。そこへ腰掛ける際にそう言えばバラ肉の追加チャーシューもあったなとして、そこで200円を手渡してそれもお願いすることにした。

新店景気もあってか、後続客がさらに続いて、なかなか盛況なこちらだった。先週木曜日の2017年4月13日に、オープンしたこちらのようだ。開業二日間はオープン記念として、ラーメンを500円で提供していたそうだ。

店内の風情や先客に供されるらーめんを見ていて第一印象で思い出したのは開化楼もあって勝本さんだったが、冷静に一歩引いて考えればTETSU姉妹店や松富士系列店のような雰囲気も感じ取ることが出来た。程なく到着。

usagiya09

usagiya10

usagiya11

usagiya12

usagiya13

usagiya14

usagiya15

それではと行かせて貰えば、煮干し粉が適度に溶かされた醤油スープだけに実に素敵で、浅草開化楼謹製の中太やや太の特注ストレート麺もこれまた素晴らしく実にたまらないもの。

店内の蘊蓄によれば、醤油スープは比内地鶏をベースにした丸鶏と鶏ガラに、国産豚のゲンコツも入れて十時間ほど炊いたスープだそうで、そこに数種類ブレンドした煮干し粉を投入したものだそう。

そして浅草開化楼さんの特注麺は、カラス氏によれば余分なものは入れない小麦オンリーの特注麺だそう。中盤に黒胡椒を利用すると、また風情が変わって良かった。チャーシューもこれまた素敵で、それだけに気がつけば完食だった。

いや、滋味招来・絶賛感銘・崇高冷厳・感慨多端、風味絶佳・百様玲瓏・鮮麗妙味・精良博識、謹厳実直・質実剛健・一心不乱・終始一貫、恍恍惚惚・光彩奪目・気炎万丈・意志堅固の素晴らしさ。

そして、気韻生動・英華発外・恐懼感激・感恩戴徳、驚心動魄・感慨無量・当代無双・至大至高、敢為邁往・聡明剛毅・優婉閑雅・外柔内剛、心満意足・余韻嫋嫋・拍手喝采・恐悦至極と言うしかなかった。

usagiya16

usagiya17

★ 人形町 兎屋 (ウサギヤ)

住所/東京都中央区日本橋3-9-2 TEL03-6264-8490 定休日/日曜日 営業時間/11:00~21:00 ※スープ無くなり次第終了※中休み未確認
※アクセス
東京メトロ他人形町駅下車。A4またはA5から外に出て、人形町通りを小伝馬町方面に60mほど歩いた右側にあり。


ラーメン ブログランキングへ   
👆1click 頂けると嬉しいです。