yaroukinshi01

北寄りの風が気温を下げるものの青空からそそぐ陽射しの強さに冷え込みも峠を越したことを想わせた、見上げれば青い表層はパステルブルーに染まる春煌めく四月卯月下旬二十三日の日曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、日暮れると季節が少し後戻りした感じが否めない、そんな午後七時過ぎだった。

先日は本店が神田から品川へ移転してそこで鶏G郎なる新メニューを愉しんだ野郎ラーメンだが、錦糸町にも系列店が営業していてその内に訪ねようと考えていた。

そこで今夜こそとなって、仕事帰り立ち寄ることにした。以前のレポートでも触れているように、2014年5月22日にオープンした錦糸町店らしい。

yaroukinshi02

yaroukinshi03

そんなわけで、通勤電車の総武緩行線電車を、また錦糸町で途中下車。南口側改札から外へ出て、エスカレーターが設けられている歩道橋を利用し、程ない四ツ目通り右手歩道沿いに風情も良くこちらが営業していた。

yaroukinshi04

yaroukinshi05

さっそく入店して行くと左手に券売機があり、その前に立って4月20日より全店にて提供中らしい復活メニューの竹岡式肉醤油そばが気になりながらも、あらかじめ決めていた汁なし豚野郎を選んだ。

そして追加トッピングするかとチーズを選んで、さらにサイドメニューも行くかとチャーシュー丼のボタンも連打することに。

振り返り中ほどやや入口寄りのカウンター席に腰掛けて、アブラカラメとお願いしながらチケットを手渡した。

するといつものように野菜を炒めるか茹でるかの確認があり、そこは炒めでお願いすることに。ちなみに後続客が絶え間無く続くこちらだったが、全員が一様にして炒めの方で希望していた。

いつものクセでつい直営店かFC店かお聞きしてしまったが、よく考えれば野郎ラーメンは全店直営店と代表が以前にネットで公言していた。程なく到着。

yaroukinshi06

yaroukinshi07

yaroukinshi08

yaroukinshi09

yaroukinshi10

yaroukinshi11

yaroukinshi12

yaroukinshi13

しばし掻き交ぜている時に背脂が少ないことに気づいて確認すると、下部に入れたそうで上からさらに乗せましょうかと来られたのでそれならばとドンブリをカウンタトップに置いて追加して貰うことに。

それではと行かせて貰えば、そこはもう大満足の野郎ラーメン汁なしでその風情は実にたまらないもの。東村山あさひや特製麺の中太丸ストレートで、こちらの場合平打ち中太縮れ麺かこの麺になる。

豚肉の持ち味も号泣もので、炒められた野菜がまた良かった。チャーシュー丼も絶賛もので、それだけに気がつけば完食だった。

いや、一網打尽・悩殺昇天・感謝感激・感涙号泣、剛毅果断・意気衝天・旭日昇天・無我夢中、絶妙可憐・清絶高妙・崇高冷厳・感慨多端、当代無双・至大至高・仁者無敵・至純至高の素晴らしさ。

そして、優美高妙・大慶至極・幽趣佳境・静寂閑雅、絶品美味・格別風味・猛攻怒涛・神出鬼没、誠心誠意・群雄割拠・堅守速攻・百拳百捷心満意足・余韻嫋嫋・拍手喝采・恐悦至極と言うしかなかった。


yaroukinshi14

yaroukinshi15

★ 野郎ラーメン 錦糸町店

※公式サイト~http://www.yaroramen.com/
住所/東京都墨田区江東橋3-8-12 KINSIA ANNEX 1階 TEL03-3634-1186 定休日/無休 営業時間/11:00~翌1:00
※アクセス
JR錦糸町駅下車。南口側に出て前方の京葉道路を左手に進み、エスカレーターがある歩道橋を利用し、四ツ目通り右手歩道を30mほど歩いた道路沿い右側にあり。


☝1クリックして頂けると大変嬉しいです