marueshokudo01

夏も近づく八十八夜、野にも山にも若葉が茂る。そんな歌の歌詞にも入る雑節を迎え、陽射し煌めく青い表層はバンビーノブルーに映えていた、数日先には立夏と言うゴールデンウイーク真っ只中の五月皐月二日の休日火曜日だった。

以前は食肉卸専門企業で営業職をされていた下村浩介氏が、3年間麺や七彩で修業された後に、2013年9月2日開業させたくじら食堂のセカンドブランドが、昨日の2017年5月1日よりオープンしたと知りそこは気になるしかなかった。

これまで平日夜営業と土曜昼営業のみで営業していたが今回平日の昼営業も開始して、そちらでは貝をふんだんに使用したラーメンを提供して行くと言う。3年前に一度訪ねているくじら食堂さんだけに、それならばと今回さっそく出掛けることにした次第だった。

marueshokudo02

marueshokudo03

marueshokudo04

marueshokudo05

marueshokudo06

marueshokudo07

そんなわけで普段通勤電車で乗る路線を利用して、久しぶり東小金井駅で下車。北口側に出ると右寄りにこちらが営業している建物が見えた。

その店舗建物の屋上には、以前エフエフ東小金井北口店だった当時を偲ぶように黄色い看板が現在も据えられていた。ちなみに現在も南口店の方は営業しているエフエフラーメンさんのようだ。

前方駅前ロータリー右奥の道路を進むと、30mほど歩いた右側にこちらが営業していて入口から十数人が並ぶ外列が出来ていた。

marueshokudo08

平日の正午まもない時間に12番目の人として並んで、しばし並んで待っていると先頭となって先客が出て来たら入店可能らしく店内へ。

右手に券売機がありその前に立つと、まるえ食堂にアレンジした券売機となっていた。開業二日後だけに提供しているメニューは、デフォルトの貝そば(白)と替玉にビールのみとなっていた。

今後は味玉やチャーシューの追加トッピングや、ご飯もののサイドメニューにも対応して行く予定らしい。それならばと貝そば(白)と替玉のボタンを選んで振り返り、奥寄りの空いたカウンター席に腰掛けてチケットを厨房の方に手渡した。

marueshokudo09

2015年2月14日より2016年3月13日まで吉祥寺時代には出掛けた創麺業磯部水産と言う店名で、音麺酒家楽々の磯部氏がくじら食堂さんが営業していない土日を利用し間借り営業をされていた。

その後もイベント営業で何度かこちらの厨房に立っておられた磯部氏だが、なんと本日こちらの店主と一緒におられるのは磯部氏その人であった。

ちなみに昨年の七月には、霜降銀座商店街の人気ラーメン店である麺屋KABOちゃんも加わったコラボラーメンイベント、「かぼくじ水産」が催されたこともあったようだ。

marueshokudo10

ところで修業先である麺や七彩のブランドに、食堂七彩と言うブランドがあるだけに、こちらの店名に食堂が付くのは頷けるし、以前訪れてお子さんの発言がきっかけで哺乳類のクジラが付加したことをお聞きしたものだ。

それでは今回命名された、「まるえ食堂」の「まるえ」とは何を意味するものかそこは気になるもので、そこでさりげなくお聞きして見ることに。

すると店名に対してこだわりが無いことを説かれた後で、普段から無化調自家製麺の人気店らーめんえにしさんをリスペクトされているしている店主であることを教えてくれた。

そんなところからこの店名を命名したのだそうで、明言はされてはいなかったがすると「まるえ」の「え」は、「えにし」の「え」と言う意味合いなのだろう。

夜の部は従来通りにくじら食堂として営業するこちらで、すると土曜日の昼営業は新しいブランドでの営業となるところだろう。程なく到着。

marueshokudo11

marueshokudo12

marueshokudo13

marueshokudo14

marueshokudo15

marueshokudo16

それではと行かせて貰えば、猛攻沁沁(しみじみ)の貝出汁でありながら、絶妙均整な味わいが猛烈感動で押し寄せて来て実にたまらないもの。濃厚な貝出汁スープだが、鶏ガラなど13種類の食材を利用しているそうだ。

麺は中細ストレートでムチッとした風情で、これがまた実にやたら良かった。自家製麺がウリのこちらで、それなのではと思ったが、どうやら昼営業時は三河屋製麺謹製らしかった。

そう言えば後続客と店主のやり取りで、夜営業では麺の種類が選べる旨の会話をしていたが、そんなことから言っても昼は製麺所のものであることが伺えた。

チャーシューがまた何とも威厳のある素敵なビジュアルを誇るもので、口にしても絶妙な味わいで果てなくなかなかと言える風合いと言えた。

小松菜らしき青菜と食感に存在感を感じる細メンマに刻みネギが散らされて、この感動作はそんなバイプレーヤーズが名脇役となっていてこれまたそれらも美味しかった。

marueshokudo17

marueshokudo18

なお、卓上調味料としてカツオの粉や石臼挽きカンホアの塩に、ヱスビーブラックペッパーや一味唐辛子も、カウンターテーブルに並べられているこちらだ。

麺が無くなったので替玉を希望。スープへ自投入した後、そんな卓上調味料の幾つかを入れたが、なるほどこれまた愉しめて実に良かった。それだけに、気がつけば完食。

いや、猛攻沁沁・絶妙均整・猛烈感動・華麗創味、一網打尽・悩殺昇天・滋味招来・絶賛感銘、風味絶佳・百様玲瓏・鮮麗妙味・精良博識、優美高妙・大慶至極・冠前絶後・永遠偉大の素晴らしさ。

そして、感動品質・感服妙味・金剛不壊・志操堅固、高潔無比・清廉恪勤、激震佳肴・絶妙風韻・幽趣佳境・静寂閑雅、積厚流光・報本反始・秀抜刹那・闘魂奥義の麗しさ。

と来れば、崇高可憐・切磋琢磨・往古来今・一意奮闘、高論卓越・和而不同・深謀遠慮・理路整然、絢爛華麗・感動風情・無尽歓喜・猛烈怒涛、明鏡止水・泰然自若・美味怒涛・激旨秀麗の鮮やかさ。

と言うことは、堅守速攻・百拳百捷・誠心誠意・群雄割拠、清風名月・神韻縹緲・流麗閑雅・優美端麗、千古不磨・名実一体・威風凜々・十日一水、一心不乱・終始一貫・拍手喝采・恐悦至極と言うしかなかった。

marueshokudo19

★ まるえ食堂

※くじら食堂公式ツィッター~https://twitter.com/ks0154154
住所/東京都小金井市梶野町5-1-19 TEL042-401-2901 定休日/土曜・日曜 営業時間/11:30~14:30頃 ※70食麺売切れ次第終了 ※土曜昼営業と夜の部(18:00~翌1:00)は従来通りくじら食堂として営業
※アクセス
JR中央線東小金井駅下車。北口側へ出て駅前ロータリー右奥の道路を入って30mほど進んだ右側にあり。


☝1クリックして頂けると大変嬉しいです