zundoyameguro01

立夏を過ぎて陽射しもそれなりとなって来て、薄雲に霞む青い表層はそれでもサマーシヤワーブルーに彩られていた、ゴールデンウイークも佳境に入る五月皐月六日の週末土曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、穏やかな夜風が涼しくそよぐ、そんな月夜の午後七時過ぎだった。

都内に新宿店が2014年7月5日オープンしている姫路濃厚豚骨ラーメンチェーンのずんどう屋さんが、つい先日の2017年5月3日からJR目黒駅周辺に東京2号店となる目黒店を開業させたとして気になっていた。

2002年4月4日に兵庫姫路総本店が創業してその営業が始まったこちらで、そのきっかけは代表の橋本龍八氏が見たドキュメンタリー番組の情熱大陸に映る有名店中村屋の活躍ぶりだったそうだ。その後、2008年6月1日に兵庫姫路南店、2009年5月2日に兵庫姫路北店、2010年5月1日に兵庫福崎店。

2010年7月5日に兵庫太子店、2011年4月8日に大阪心斎橋店、2011年10月5日に兵庫神戸西店、2012年6月9日に兵庫姫路天神店、2012年10月7日に兵庫明石大久保店、2012年12月12日兵庫東加古川店、2014年6月16日に岡山倉敷平田店、2014年7月5日に東京新宿店。


zundoyameguro02

さらに、2014年8月2日に大阪梅田店、2014年9月9日に京都八幡店、2014年11月1日に京都三条店、2015年6月6日に大阪八尾志紀店、2015年8月8日に広島福山明神店、2015年9月5日に岡山倉敷神田店。

2015年12月1日に岡山伊島店、2016年1月21日に大阪東住吉今川店、2016年3月30日に大阪堺山本町店、2016年5月3日に兵庫高砂店、2016年6月1日に大阪高槻梶原店、2016年8月7日に兵庫神戸元町店。

そして、2016年9月4日に大阪茨木島一店、2016年10月15日に大阪藤井寺店、2016年12月17日に兵庫神戸三宮東店、2017年3月7日に広島福山駅家店がそれぞれ開業して怒涛の店舗展開がなされて来た。

zundoyameguro03

数えて見るとこちらが開業するまで、国内29店舗を運営するこちらだった。ちなみに2007年7月12日に2号店の兵庫姫路駅前店は、駅前再開発により2011年1月31日にこちらで唯一閉店して行った店舗のようだ。

また駒沢オリンピック公園で2011年11月2日~6日に開催された、東京ラーメンショー2011に出店経験があるようだ。さらには2012年11月21日から、PC楽天市場店が始まったそうだ。

そんな株式会社ZUNDが運営するラーメン店で、近年ラーメンチェーンの海外進出が多くなっているが、こちらもまたニューヨークに系列店が2015年12月11日オープンしている。

zundoyameguro04

zundoyameguro05

そんなわけで通勤電車の中央線快速を新宿で降りて山手線電車に乗り換えてこちらの最寄り駅である目黒にやって来た。西口を右手に出て前方の道路を直進し、若干歩いて行くと右側にこちらが営業していた。

zundoyameguro06

zundoyameguro07

さっそく入店して行くと、右手にタッチパネル式の券売機が待ち受けていて、その前に立って千円札を二枚挿入。店内BGMは、独特な感じのこちらオリジナルテーマソングが流れていた。

色々な元味らーめんがラインナップしていたが、目黒店・新宿店限定らしい冷しゃぶトマト麺が気になりながらも、そこはやはり姫路濃厚豚骨背脂系ラーメンで行くかとその全部のせを選択することに。

すると次画面になって好みを選ぶもので、それならばと背脂量をまみれ、麺の種類を細麺、麺の固さをかた麺、ねぎ・チャーシューをどちらもありにした。

ご飯ものサイドメニューがラスト画面に掲示されていたので、思わずチャーハンのレギュラーサイズを選ぶことに。餃子もあったようだが、その画面になかったのでこれでいいかと決定にタッチして精算。

zundoyameguro08

zundoyameguro17

zundoyameguro18

振り返ると右手奥のカウンター席に案内を受けて、腰掛けると冷水と共に店名ロゴ入りエコ箸をオープン記念で頂けた。カウンターテーブルには陶製容器に入った、辛子高菜が自由に愉しめるよう置いてあった。壁面には店名がローマ字で目一杯が描かれていた。

多店舗展開するこちらだが、全てが直営店になるそうだ。後続客の方が何人か入店して来たが、ゴールデンウイークの週末土曜日の夜だけに混み合うことはなかった。程なく到着。

zundoyameguro09

全部のせは味玉に多めのチャーシュー、そしてにんにくチップ・焼きのり・刻みネギ・HOT具材・もやし・高菜がそれぞれ添えられていた。見た目背脂は多めに見えなかった。

zundoyameguro10

zundoyameguro11

zundoyameguro12

それではと行かせて貰えば、これがなかなかの持ち味で、実にたまらないもの。瀞みがとても豊かで、その風合いはクセになりそうなほど。

厳選した鹿児島産豚骨を約20時間じっくり炊き込んだものだそうで、自社工場謹製らしい低加水中太ちぢれ麺がまた良かった。

zundoyameguro13

zundoyameguro14

チャーハンも実に美味しく、後半先述した卓上の辛子高菜を乗せ、高菜チャーハンにして美味しく頂いた。

zundoyameguro15

zundoyameguro16

ラーメンの麺が無くなってまだ行けそうだったので思わず100円支払って替玉をお願いして、今度は多加水細ストレートで愉しんだがこれまた素敵だった。

やはり辛子高菜を添え、そこに紅生姜もあったので、それも入れ愉しんだ。背脂が多めに感じなかったが、よく見るとどんぶりの底にその背脂が大量に沈んでいてそうだったのかとなった。

都内で背脂と言えば表面など目立つ位置に在るが、こちらの背脂は土佐っ子ラーメンのタレのように底へ沈んでおり、よく掻き混ぜてから食す方が良さそうだった。ともあれチャーシューや味玉もなかなかで、それだけに大満足の内に気がつけば完食だった。

いや、一網打尽・悩殺昇天・優美高妙・大慶至極、風味絶佳・百様玲瓏・滋味招来・絶賛感銘、熟達品格・壮麗威風・威風旋風・絶品妙味、崇高可憐・切磋琢磨・絶品美味・格別風味の素晴らしさ。

そして、気韻生動・英華発外・一心不乱・終始一貫、恍恍惚惚・光彩奪目・一往深情・観感興起、崇高冷厳・感慨多端・剛毅果断・意気衝天、上下一心・品行方正・拍手喝采・恐悦至極と言うしかなかった。

zundoyameguro19

★ ラー麺ずんどう屋 目黒店

※公式サイト~http://www.zundouya.com/
住所/東京都品川区上大崎2-17-4 美都ビル1階 TEL03-3493-2584 定休日/無休 営業時間/11:00~翌1:00
※アクセス
JR山手線目黒駅下車。西口を右手に出て前方の道路を直進して若干歩いた右側にあり。


☝1クリックして頂けると大変嬉しいです