ebisobaichigen17

暗い空から大気を冷やすように微量の雨が降って僅かにそよぐ南寄りの風が青草を軽く揺らしていた、灰色の表層はゼファブルーグレイに染まる五月皐月前半十日の水曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば雨は午前中に止んだらしく、いつもと変わらない穏やかな夜風がそよぐそんな午後七時過ぎだった。

有限会社おおくら山フードカンパニーあらため株式会社 一幻フードカンパニーが運営する札幌に本拠地を置くこちらが、東京駅八重洲地下街に2017年5月10日から新店をオープンさせるとして気になっていた。残念ながら2017年3月12日に閉店した、くじら軒八重洲店の跡地店舗に開業するようだった。

2008年10月22日に創業した札幌総本店だが、その当時はごく一般的な札幌味噌ラーメン店であったらしい。2009年10月より現在の店名となって、海老そばをウリにして快進撃が始まったこちらだそう。

その後新千歳空港店を2011年7月15日にオープンさせて、都内池袋東武諸国探訪区にも2012年9月6日から出店。そちらは期間限定店だったらしく2013年8月31日に営業を終了。その代替店として、しばらく前に訪ねた新宿店 を2013年12月3日オープンさせた。

そうした意味で今回の八重洲地下街店開業も、2014年9月18日開業したラゾーナ川崎店が2016年8月30日にその営業を終了させており、やはりその代替店と言えそうだ。

また海外進出も堅調のようで、中華民国台北信義店が2015年9月11日に、インドネシア共和国ジャカルタ店が2015年5月にそれぞれ開業させて来たが、昨年の2016年12月19日には上海店を新たにオープンさせたようだ。

ebisobaichigen02

ebisobaichigen03

ebisobaichigen01

ebisobaichigen05

ebisobaichigen06

そんなわけでオープン当日の今夜、夜10時まで営業していそうだったので、仕事帰り立ち寄ることにした。通勤電車の中央線快速を終点東京まで乗り過ごし、八重洲地下中央口の改札を抜けて前方を右手へ進んで東京ラーメンストリートに向かう。

そこを通り過ぎて突き当たりを左手に進んで行き、その前方の一番右側奥寄りに歩いて行くと、本日が開業日だけに開店祝いの花に囲まれてこちらが営業していた。

特に大行列が店頭に出来ていることもなかったが、何処からともなく私のように新店情報をキャッチした方々が現れて、券売機は休む暇がないほど来店客が挿入した金銭を常に吸い込んでいた。

そんなこともあって店頭撮影は帰り際にするかと直ぐその券売機の前に立って予定通りにあじわいえびみそラーメンを選択。そしてさらに大盛・チャーシュー増し・追加トッピング味玉・ライスのボタンを連打することにした。

えびみその他に、えびしお・えびしょうゆもあった。デフォルトは太麺らしく、細麺変更ボタンがあった。そのままはエビストレートスープで、あじわいは豚骨白湯ブレンドスープであることが案内されていた。

以前新宿店を訪れた時はそこにほどほどと言うバージョンが見受けられて、それは豚骨スープをほどほど入れたものらしかったが、こちらではそのパターンのボタンは見受けられなかった。

ebisobaichigen07

ebisobaichigen08

ebisobaichigen09

振り返ると店舗スタッフが交通整理をしていて、若干入口で待ってから入店の案内を受けて入って行き、一番手前のカウンター席に促されてそこに腰掛けた。

1998年創業の縁やに端を発する、海老そばがウリのこちらで、そう言えば店頭に森住製麺からも開店祝いが来ていた。

さりげなく店名の由来をお聞きして見ると、開業した頃札幌周辺の人気店に幻が付く店名が幾つかあったそうで、それにあやかって名付けたものだそう。程なく到着。

ebisobaichigen10

紅生姜で色を付けた天カスが、何ともな雰囲気を作ったラーメンがやって来た。ちょこんと添えられた褐色粉は、甘エビの頭部を炒って粉末状にした、海老純度100%のエビ粉だそう。デフォルトで半裁味玉が付くようで、またしても三つ目味玉となった。

ebisobaichigen11

ebisobaichigen12


ebisobaichigen13

ebisobaichigen14

ebisobaichigen15

それではと行かせて貰えば、なるほどこれはなかなかの持ち味が、素敵で実にたまらないもの。森住製麺謹製の太麺のムチムチした風合いがまた良くて、チャーシューや味玉もなかなかの風合いだった。

新宿店では海老ストレートスープのそのままを愉しんだので、こちらでは豚骨白湯ブレンドスープのあじわいにしてみたが、これがまた良かった。

大量の甘エビ頭部をコトコトと煮込んだスープに、豚骨スープも風情の良さが光るもので、低温でじっくり海老の香味を移した独自製法のえび油と背脂を合わせたスープの持ち味がまた泣けた。まさしくそれは、海老にこだわり尽くした渾身の一杯以外の何物でもなかった。

ラストに残ったこのエビ豚骨味噌スープをライスに入れて愉しめば、その至福のひとときに只々酔いしれるばかりだった。それだけに、気がつけば完食。

いや、一網打尽・悩殺昇天・絶妙可憐・清絶高妙、滋味招来・絶賛感銘・恍恍惚惚・光彩奪目、優美高妙・大慶至極・感謝感激・感涙号泣、絶品美味・格別風味・仁者無敵・至純至高、誠心誠意・群雄割拠・敢為邁往・聡明剛毅の素晴らしさ。

そして、冠前絶後・永遠偉大・恐懼感激・感恩戴徳、熟達品格・壮麗威風・心満意足・余韻嫋嫋、感動品質・感服妙味・猛攻怒涛・獅子奮迅、絢爛華麗・面向不背・上下一心・品行方正、典麗風雅・清淑優婉・拍手喝采・恐悦至極と言うしかなかった。

ebisobaichigen16

ebisobaichigen04

★ えびそば一幻 八重洲地下街店

※公式サイト~http://www.ebisoba.com/

住所/東京都中央区八重洲2-1 八重洲地下街外堀地下2番通り南1号 TEL03-3548-8833 定休日/年中無休 営業時間/11:00~22:00
※アクセス
JR東京駅下車。銀の鈴八重洲寄りにある八重洲地下中央口から外に出て、前方を右手へ進んで東京ラーメンストリートに向かい、そこを通り過ぎて突き当たりを左手に進んでその前方の一番右側奥寄りにあり。


☝1クリックして頂けると大変嬉しいです