tukasanishiarai01

霞みがちな空から時折りだけ淡い陽射しが煌めいて、わずかに見え隠れする青空は白み青い表層はオバランブルーに染まっていた、当分の間は雨が降る気配はないものの曇りがちな空が広がる五月皐月も後半十六日の休日火曜日だった。

複数の大御所ブロガーの方々の情報に寄れば、日暮里・舎人ライナーの西新井大師西駅周辺に二郎系ラーメンを主力メニューにする新店が、2017年5月3日オープンしたようで気になる一店となりさっそく出掛けることにした。

tukasanishiarai02

tukasanishiarai03

tukasanishiarai04

そんなわけで京成電車で日暮里に出て、実は初めての都営新交通に乗り換え、西新井大師西駅にやって来た。改札口を出たら右手の東口側に出て、前方の尾久橋通りを右手の川口方面に進み、程ない谷在家一丁目交差点を右折。

その環七北通りを400mほど歩いた頃だろうか、こちらが左手に風情も良く営業していた。春風が新緑を揺らしては、穏やかな街の景色に溶け込んで行った。

tukasanishiarai06

tukasanishiarai05

さっそく入店して行くと比較的広い、そんなフロアが広がっていた。券売機の上には開店祝いの花だろう、白く咲いた胡蝶蘭の鉢が置かれてあった。

その前に立って予定通りに並盛750円麺量200gに対して大盛850円麺量が300gか400gどちらか選べると言うことでラーメン大を選択。

そしてチャーシュー二つと味玉に海苔3枚が追加される300円全部のせのボタンを連打して、シメはやはりとなってごはん100円のボタンも更に連打することに。

tukasanishiarai07

tukasanishiarai08

tukasanishiarai09

振り返ると左手の壁面に二人掛けテーブル席が二つ、そして厨房前に長いカウンターの席が設けられていたこちらだった。

道路側に招き猫が紅い座布団の上に鎮座していて、思わずとりあえずと言いながらデジカメに収めて、厨房に一人居る店主の前の椅子にご挨拶しながら腰を降ろした。

チケットを手渡し麺量を300gで希望しつつニンニクもお願いして、野菜追加はしていないことを確認しながらも、アブラカラメはやり取りの中で浮かんだ脂身を多めにカエシ追加の対応をして頂けることに。

そしてさりげなく修業先が判ればとお聞きすれば、本郷三丁目駅周辺で営業する二郎系ラーメン店で店長を歴任された方だそう。以前の店舗のリニューアルなのではと思って来たが、全く関係ないこちらであった。

その界隈に位置する本家ブランド店と合わせて、合計6年間修業されて今回晴れて独立してこの店を開業させたそうだ。思わず自宅周辺松戸某店とも繋がる修業先だけに、それを知った時は嬉しさもひとしおだった。

店名を出さないことでその系列店ではないことが判るし、そのお話しの中で修業先にご迷惑が掛からないようにと言う店主の配慮が伺えながらも、その店名はこうして食べ歩いている者であれば理解出来る。

その提供メニューは豚骨背脂スープのラーメンと辛ラーメンに、鶏スープの鶏味噌ラーメンと鶏醤油ラーメンのこちらだ。

スープは自店厨房内で鶏ガラから炊いた鶏スープと、豚骨をしっかり煮込んだ豚骨スープをそれぞれ使用した自家製ラーメンだそう。程なく到着。

tukasanishiarai10

tukasanishiarai11

tukasanishiarai12

tukasanishiarai13

tukasanishiarai14

野菜はやはりデフォルトで多めになっており豚チャーシューは肩ロース肉だそうで、全体像もなかなかのオーラで思わずうっとりするビジュアルだった。

それではと行かせて貰えばその猛攻怒涛の絶大なる持ち味が実にたまらないもの。脂の鬩ぎ合いに風情のある醤油の酸味がまた良かった。

丸太ストレート麺は修業先の自家製麺だそうで、これがもう豚チャーシュー共々に大号泣出来る素晴らしさ。味玉の風合いも素敵だった。

tukasanishiarai15

tukasanishiarai16

tukasanishiarai17

ライスにチャーシューや野菜を置いて、スープを上から注いでから口にすれば、何が起ころうとも箸を離すことはなかったほどに激ウマだった。それだけに、気がつけば完食。

時に2002年6月よりネットでラーメン食べ歩きを続けていて、まもなく16年目となりますが、その少し前にその訪問店舗数がこちらで三千店舗目となりました。

これもひとえに、お読み頂いているお一人お一人のお陰であり、本当に誠にありがとうございました。今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

いや、太麺餠餠・汁激背脂・野菜湯水・豚肉激旨、一網打尽・悩殺昇天・誠心誠意・群雄割拠、滋味招来・絶賛感銘・冠前絶後・永遠偉大、風味絶佳・百様玲瓏・鮮麗妙味・精良博識の感動風情。

そして、金剛不壊・志操堅固・激震佳肴・絶妙風韻、優美高妙・大慶至極・積厚流光・報本反始、絶品美味・格別風味・威風旋風・絶品妙味、熟達品格・壮麗威風・猛攻沁沁・絶妙均整の無尽歓喜。

となれば、天下逸品・極上品質・謹厳実直・質実剛健、万里一空・慎始敬終・一心不乱・終始一貫、感動品質・感服妙味・恍恍惚惚・光彩奪目、往古来今・一意奮闘・大悟徹底・気宇壮大の猛烈怒涛。

と来れば、秀抜刹那・闘魂奥義・感謝感激・感涙号泣、崇高可憐・切磋琢磨・驚心動魄・感慨無量、高潔無比・清廉恪勤・新進気鋭・前途洋々、堅守速攻・百拳百捷・拍手喝采・英明果敢の恐悦至極と言うしかなかった。

tukasanishiarai20

tukasanishiarai19


★ 麺屋 司@西新井

住所/東京都足立区西新井5-5-2-101 TEL非公開 定休日/水曜日 営業時間/11:30~14:30中休18:00~翌1:00 ※日曜は22:00閉店
※アクセス
日暮里・舎人ライナー西新井大師西駅下車。改札口を出たら右手の東口側に出て前方の尾久橋通りを右手の川口方面に進み、程ない谷在家一丁目交差点を右折。その環七北通りを400mほど歩いた左側にあり。


ラーメン ブログランキングへ   
👆1click 頂けると嬉しいです