kikanbokanda01

南寄りの風が季節を加速させて青空から煌めく陽射しが夏を呼んでいた、ややくすむ青い表層はライトサックスブルーに染まる五月皐月後半二十日の週末土曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、ネオンをすり抜けるように穏やかな夜風がそよいでいた、そんな午後七時過ぎだった。

最近になって錦糸町の真鯛らーめん麺魚が店舗を直ぐ傍に移転を果たして訪ねたものだが、そう言えばその店主から師匠がこちらの店主の三浦正和氏であることをお聞きしたものだった。

こちらへ未だに訪問していなかったことにあらためて気がつかされて、大いなる宿題店であっただけになるべく早い時期にと考えるようになっていた。

kikanbokanda02

kikanbokanda03

kikanbokanda04

kikanbokanda05

そんなわけで今夜こそとなって、仕事帰り立ち寄ることにした次第だった。通勤電車の中央線快速をまた神田まで乗り過ごして、東口側に出て横断歩道を渡ってガード下右側の通りを進んで行く。

大通りをさらに横断してから右手へ歩いて行き、旧本店のつけ麺鬼金棒がある一つ目の左路地を入れば、まもない左手に風情も良くこちらが営業していた。

kikanbokanda06

kikanbokanda07

土曜日の夜もあってか灯かりのない暗いビジネス街の一角ながら、さすが人気店のこちらで4~5人の方が並ぶ外列が出来ていた。券売機でチケットを購入してから並ぶらしく、まずは右手の入口から入って直ぐ右側にある券売機の前へ。

少し悩んでから肉増しカラシビ味噌らー麺を選んで、サイドメニューも行くかとなって大肉飯のボタンも連打することに。

チケットを手にすると直ぐに提示を求められて、それを手渡すと辛さと痺れの度合いを尋ねられて、それならばと普通で希望することに。すると外の列へ並ぶよう案内を受けその指示に従った。

kikanbokanda08

kikanbokanda09

後続客が続いて、さらに活況を増す店頭。しばらくすると先客が帰って行き、そう待たない内に入店を促されて、中へ入って行くと中ほどのカウンター席に案内されてそこへ腰掛けた。見上げると鬼の面が幾つも飾られていて、その凄い形相の鬼面に圧倒されるばかりだった。

麺屋武蔵出身の三浦正和氏がオーナー店主のこちらで、麺屋武蔵二天@池袋の店長も務め同店では9年間修業された方のようだ。

2009年9月17日に現在カラシビつけ麺鬼金棒が営業している場所で神田本店は開業して、2010年8月24日に現在の場所に移転を果たした。そして2010年11月13日からその本店跡地店舗にカラシビつけ麺鬼金棒がオープンした。

そして2014年7月31日に、池袋店が開業している。2015年3月には台湾台北に、海外進出店がオープンした。それがカラシビ味噌らー麺鬼金棒台北駅店と、台湾カラシビつけ麺鬼金棒松江南京店だ。

さらに2015年10月にも、カラシビ味噌らー麺鬼金棒台北中山店が開業した。ちなみにこの台湾の海外店舗三店は、全てフランチャイズ店だそう。程なく到着。

kikanbokanda10

kikanbokanda11

kikanbokanda12

kikanbokanda13

それではと行かせて貰えば、なるほど絶大なる持ち味に、その遅い訪問を悔やむばかりの素晴らしい風合いで、それはもう只々圧倒されるばかりだった。

豚骨・豚背ガラ・鶏ガラに数種類の野菜や香辛料を利用して、10時間以上丁寧に撹拌しながらじっくり炊き込んだ動物系スープに、こだわりの魚介スープも作り上げて直前に合わせるWスープらしい。

信州味噌をベースにした味噌ダレだそうで、そこにチーズ・ピーナッツペースト・ナンプラーなどにスパイスや香辛料を混ぜ合わせたものらしい。そこに辛みと痺れを効かせるため、6種類の唐辛子に和歌山産ぶどう山椒や、四川省産花山椒などを入れて調整しているようだ。

ちなみにカラ鬼増しには2011年版ギネスブックで世界一辛いと認定された、トリニダード・スコーピオン・ブッチ・テイラーと言う唐辛子を利用していると言う。その辛さは中本の北極を凌ぐ、そんな激辛具合いだそう。

カネジン食品謹製の太さが違う中太麺・中細麺・細麺の三種混合麺を利用しているそうだが、実際に口にして見るとやや縮れ気味の中太平打ち麺と言う風合いでその太さに差があるようには感じられなかった。

それほどに計算された太さようで、それゆえにその麺がこれまた素敵で、拳大の角煮風チャーシューもまた大号泣ものの美味しさだった。

kikanbokanda14

kikanbokanda15

kikanbokanda16

大肉飯にはその角煮チャーシューが一つドスンと乗っていて、麺が無くなってからスープをその上に掛けてから口にすれば、背脂の風情がここでも感動を呼んで、その至福のひと時にこれまた大号泣するしかなかった。それだけに、気がつけば完食。

いやいや、一網打尽・悩殺昇天・旭日昇天・無我夢中、風味絶佳・百様玲瓏・雲外蒼天・換骨奪胎、滋味招来・絶賛感銘・優婉閑雅・外柔内剛、鮮麗妙味・精良博識・美妙巧緻・鮮美透涼の感動風情。

そしてもう、優美高妙・大慶至極・完全無欠・猛烈号泣、敢為邁往・聡明剛毅・軽車熟路・確固不抜、冠前絶後・永遠偉大・激震佳肴・絶妙風韻、絶品美味・格別風味・感動品質・感服妙味の無尽歓喜。

となれば、天下逸品・極上品質・軽妙洒脱・英姿颯爽、高潔無比・清廉恪勤・熟達品格・壮麗威風、万里一空・慎始敬終・積厚流光・報本反始、威風旋風・絶品妙味・猛烈感動・華麗創味の猛烈怒涛。

であればもう、崇高可憐・切磋琢磨・深謀遠慮・理路整然、一心不乱・終始一貫・気韻生動・英華発外、恍恍惚惚・光彩奪目・崇高冷厳・感慨多端、最上無二・英明果敢・拍手喝采・恐悦至極と言うしかなかった。

kikanbokanda17

kikanbokanda18

★ カラシビ味噌らー麺 鬼金棒 神田本店

※公式サイト~http://kikanbo.co.jp/
住所/東京都千代田区鍛冶町2-10-9 TEL03-3256-2960 定休日/無休 営業時間/11:00~21:30LO ※日曜~16:00LO
※アクセス
JR神田駅下車。東口側へ出て横断歩道を渡りガード下右側の通りを進んで行き、大通りをさらに横断してから右手へ歩いて行く。一つ目の左路地を入りまもない左側にあり。


ラーメン ブログランキングへ   
👆1click 頂けると嬉しいです。