nagasakihanen01

※移転再開業(8度目)

白く霞みながらも青空から陽射しが煌めいて、南寄りの風がまた夏を呼んで青い表層はキャンディブルーに彩られていた、また暑くなりそうな五月皐月下旬二十二日の月曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、穏やかな夜風が柳の葉を軽く揺らす、日暮れると涼しいそんな午後七時過ぎだった。

こちらが1年前に閉店してつい最近になって神田駅界隈で復活オープンを遂げたその事実を知ったきっかけは、つい先日に放映された孤独のグルメシーズン6長崎飯店渋谷店が紹介されたからだった。

たまにはチャンポンもいいなと何度か訪ねている秋葉原の長崎飯園へまた立ち寄って見るかとネットで調べると、昨年の2016年3月31日に周辺再開発立ち退きのため閉店していて驚くしかなかった。

ところがつい最近になって神田駅周辺で復活開業を遂げており、それであればもう是が非でも立ち寄って見ようとなった次第だった。

nagasakihanen02

nagasakihanen03

nagasakihanen04

そんなわけで天神下某店が気になりながらも今夜こそとなって、土曜にも下車した神田でその時も実は営業していないその店頭へやって来ていた。どうやら移転前同様に、土日祝日は定休日らしかった。

nagasakihanen05

nagasakihanen06

さっそく入店して行くと、ビジネス街路地裏でひっそりと開業したこちらの午後八時過ぎもあってか、先客2名の静かな店内が広がっていた。

右手奥寄りのテーブル席へ腰掛けさせて貰い、秋葉原時代に何度となく訪れて神田で再開業したことをインターネットで知ってやって来たことを告げると、笑顔で迎えてくれた女将さんだった。

ともあれメニューを見て、さて何に選ぶかと思案橋することに。太麺皿うどんと牛肉玉子飯が気になりながらも、やはりこれで行くかとチャンポンとえびチャーハンをオーダー。

nagasakihanen08

nagasakihanen09

nagasakihanen10

秋葉原の地で1992年に開業したこちらだそう。昨年三月末に閉店した後に、再開業させる場所をじっくり練って来られたそう。幸い秋葉原からもそう遠くないこちらの場所を見つけて、2017年2月22日にオープンさせたそうだ。

冒頭で触れた孤独のグルメで紹介された長崎飯店は、現在都内に高田馬場店・渋谷店・虎ノ門店・麹町店の4店舗が営業しているようだ。なんとこちらの店主は、その長崎飯店の赤坂見附で営業していた店舗で修業されたそうだ。程なく到着。

nagasakihanen12

nagasakihanen13

nagasakihanen14

nagasakihanen15

それではと、まずはえびチャーハンから行かせて貰えば、もうしょっぱなから至福のひとときで、相変わらずの海老プリプリにチャーハンの米粒ムチムチ感で実にたまらないもの。

そして玉子がふんわりと来る、その持ち味がこれまた良かった。エビ・飯粒・ふんわり玉子のまさしく三位一体の風情の良さに、レンゲの往復速度が次第に高まって行くしかなかった。

nagasakihanen16

nagasakihanen17

nagasakihanen18

nagasakihanen19

nagasakihanen20

そして程なくして来たチャンポンにも手をつければ、様々な魚貝類と野菜が走馬燈のようにめくるめく現れて、風情のいい豚骨スープと唐灰汁(とうあく)が入る太麺に只々号泣の坩堝にはまるしかなかった。それだけに気がつけば完食。

いや、一網打尽・悩殺昇天・一心不乱・終始一貫、優美高妙・大慶至極・謹厳実直・質実剛健、冠前絶後・永遠偉大、気韻生動・英華発外、高潔無比・清廉恪勤・絶妙可憐・清絶高妙の素晴らしさ。

そして、感動品質・感服妙味・一往深情・観感興起、金剛不壊・志操堅固・恍恍惚惚・光彩奪目、熟達品格・壮麗威風・崇高冷厳・感慨多端、威風旋風・絶品妙味・当代無双・至大至高と言うしかなかった。

nagasakihanen21

★ チャンポン皿うどん 長崎飯園

住所/東京都千代田区富山町24 サンフェニックス岡田ビル1階 TEL03-3253-0026 定休日/土曜・日曜・祝日 営業時間/11:30~14:30中休17:30~22:00
※アクセス
JR神田駅下車。東口側に出て横断歩道を渡りガード下右側の通りを進んで行き、大通りに出たら右手に進み60mほど先の右路地を入り更に程ない左路地を曲がり20mほど歩いた左側にあり。


ラーメン ブログランキングへ   
👆1click 頂けると嬉しいです。