nagigotanda201

南寄りの風が出て白雲に灰色とも言えない雲が空を覆いながらも、閉店セールで僅かに残った商品陳列棚のように淡い陽射しが注いでいた、青みがかった表層はヘーズブルーに染まる六月水無月上旬八日の木曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、穏やかな夜風は湿気を帯びた分だけ、気温が高めに感じたそんな午後七時過ぎだった。

どうやら2014年12月20日にオープンした比較的若い一度訪ねた五反田店だが、2017年3月14日を以て店舗改装のため休業していたらしかった。

ゴールデンウイーク辺りに再開する予定が諸般の事情により遅れたようで、つい先日の2017年6月5日からリニューアルオープンを果たしたとしてそれならばと仕事帰り立ち寄ることにした。

2016年4月8日オープンの秋葉原UDX店以来の凪さんだが、その後下北沢店が2016年8月19日に開業している。

さらにJR名古屋駅構内に、ジェイアール東海フードサービス株式会社のFC運営らしき名古屋驛麺通り店が、西日本・東海エリア初の店舗として2016年11月7日オープンしている。

その他の店舗についてこの際なので触れておくと、本格始動1号店のラーメン凪豚王渋谷店に、全自動ハイテク提供システムで豚王ラーメンとすごい煮干ラーメン共に提供しているラーメン凪大宮東口店と新宿西口店分店。

さらにすごい煮干ラーメン凪店舗として、新宿ゴールデン街店本館、新宿ゴールデン街店別館、西新宿7丁目店、渋谷東口店が営業している。

また海外に台湾6店舗・フィリピン8店舗・香港1店舗・中国1店舗の合計16店が営業していて、かなりグローバルなラーメン店の凪さんと言えた。

nagigotanda202

nagigotanda204

nagigotanda203

nagigotanda205

nagigotanda206

そんなわけでまたしても通勤電車の中央線を、新宿で山手線内回り電車に乗り換えて五反田駅へ降り立った。

大崎寄り改札口右手の西口へ出て左手奥に見えるガード下を潜る道路を右手に歩いて行き川を越えて40mほど歩いた頃だろうか、リニューアルオープンしてまもないこちらが左手に在った。

何処となくカフェ風な雰囲気のいい店舗に様変わりしていて、左右にテーブル席が並ぶスタイルの店内が外から見えた。

一万円札も利用出来る店頭の券売機で、全部入りとあるすごい煮干ラーメン特製を選んで、サイドメニューはおすすめのインフォに思わず漁師めしにすることに。

nagigotanda208

nagigotanda209

nagigotanda207

以前は店主の生田智志氏が一蘭関東エリア開発担当だったことを想起させるような空席状況案内が店頭にあり、内外装共に和風の面持ちになっていて店内はカウンター席が広がっていたものだ。

また以前は路線バスの降車ボタンが異彩を放っていたが、リニューアルしてそれを払拭させるような、何処かハイソでお洒落でモダンな客席フロアだった。

24時間営業をウリにして営業していたが、リニューアル後は朝10:30開店の翌朝6:30閉店らしく、当分の間はこの営業スタイルが続くところだろうか。

入口に立つと右手中ほどの空いていたテーブル席に案内されて、そこに腰掛けてチケットを手渡すと、麺量の確認を受けたので大盛でお願いした。

そして好みが希望出来るこちらで、いったん麺はデフォルトの3枚にして、醤油・麺かた・味濃いめ・油多め・辛銀だれ3辛・凪ラー油ありでお願いすることに。

いわゆるイリコをビニールで真空パックした、うまいにぼしなる商品が店内で販売されていて好評発売中らしい。後続客が続きに続いて店舗スタッフが大変そうだった。程なく到着。

nagigotanda210

なんとラーメンにやたら大きな海苔が刺されてあり、それで先ほどまで見えていた前方の先客の姿が隠れて、思わずこれぞ味集中カウンターならぬ味集中大判海苔!と言うしかなかった。さすが元一蘭関東エリア、開発担当店主だった。

nagigotanda211

nagigotanda212

nagigotanda213

nagigotanda214

nagigotanda215

ともあれ、それではと行かせて貰えばやや太めの手もみ中太縮れ麺に、なんとも言えない香ばしい煮干しスープがふくよかに絡んで来てそれはもう実にたまらない味わい。

日本全国から取り寄せた20種類以上の煮干しを使用した、ラーメン凪らしい濃厚煮干しスープは何度も改善を重ねた製法で創り出した、日本一と自負するものでまさしくとそう言うしかなかった。

イワシエキスや数十種類の調味料を合わせて数日寝かせたピリ辛旨味ダレの海の辛銀だれは、漁師秘伝の調理法を研究して進化させたものだそうでこれがまた良かった。

低温調理らしきローストポークに味付玉子も美味しく、プリプリした幅4㎝前後の厚みあるいったん麺に駒ネギや大判の国産薫海苔の風合いも素敵だった。

nagigotanda216

nagigotanda217

ラストに漁師飯を残った濃厚煮干しにダイブさせて喰らえば、その至福のひとときに只々魅了されるばかりだった。それだけに、気がつけば完食。まぜそば提供は、しばらく先になってからだそう。

いや、一網打尽・悩殺昇天・天下逸品・極上品質、軽妙洒脱・英姿颯爽・鮮麗妙味・精良博識、滋味招来・絶賛感銘・風味絶佳・百様玲瓏、優美高妙・大慶至極・冠前絶後・永遠偉大の無尽歓喜。

そして、恍恍惚惚・光彩奪目・一心不乱・終始一貫、欣喜雀躍・手舞足踏・有頂天外・歓天喜地、最上無二・英明果敢・仁者無敵・至純至高、崇高冷厳・感慨多端・絶妙可憐・清絶高妙の感動風情。

となればもう、激震佳肴・絶妙風韻・感動品質・感服妙味、絶品美味・格別風味・猛烈感動・華麗創味、秀抜刹那・闘魂奥義・猛攻沁沁・絶妙均整、前代未聞・大胆不敵・旭日昇天・無我夢中の猛烈怒涛と言うしかなかった。

nagigotanda218

nagigotanda219

★ すごい煮干ラーメン凪 五反田西口店

公式サイト~http://www.n-nagi.com/    
住所/東京都品川区西五反田1-17-1 第二東栄ビル1階 TEL03-6417-0101 定休日/無休 営業時間/10:30~翌6:30
※アクセス
JR山手線五反田駅下車。大崎寄り改札口右手の西口へ出て、左手奥に見えるガード下を潜る道路を右手に歩いて行き、川を越えて40mほど歩いた左側にあり。


☝1クリック頂けると大変嬉しいです。