mukojimadaruma01

界隈にオープンした新店を訪れ道すがら偶然にもこちらが営業していて、その店頭を見ればなんと日清製粉傾奇者の大袋が飾られ菅野製麺所の木製銘板が立てかけられていた。そしてその店先から感じられるなんとも言えない、只ならぬオーラに思わず足が停まった。

そんなわけでこの際だからとなって、こちらでもラーメンを愉しむことにした。見上げれば東京スカイツリーが頭上に高く高くそびえる界隈だった。

mukojimadaruma02

mukojimadaruma03

mukojimadaruma04

さっそく入店して行くと周辺の方らしき先客で一人居て、厨房には元格闘家らしい体格の店主がおられ笑顔で迎えてくれた。

mukojimadaruma05

mukojimadaruma06

mukojimadaruma07

mukojimadaruma08

mukojimadaruma09

奥寄りのカウンター席に腰掛けながらも、大袋を見て思わず入ってしまったことを告げると、店主のさらなる笑顔に思わず世間話しの花が咲き乱れた。

ともあれ正油らーめんに半熟玉子もお願いすることに。店内には店名にもなっているダルマにまつわる、様々な小物や絵が飾られていた。

店主は屈斜路湖や摩周湖で知られる、北海道弟子屈町の美留和地区出身の元プロボクサーだった米田力丈氏だそうで、相撲やK1でも活躍していた格闘家をされていた方だそう。

引退した後にハッスルラーメンホンマ@亀戸の運営に携わったこともある、そうした店主であることも教えてくれた。そして満を持してこの向島に、2012年10月22日こちらを開業させたそう。

以前は向島朝日製麺を利用していたそうだが今年になってから菅野製麺所の麺に変えたそうで、壁面には日清製粉傾奇者の大袋が飾られていてそれを利用した麺を利用しているそうだ。

店名は覚えて貰い易い三文字と決めて、縁起物でもあるこのだるまが思い浮かんで、これだとなったのだそう。程なく到着。

mukojimadaruma10

mukojimadaruma11

mukojimadaruma12

mukojimadaruma13

mukojimadaruma14

mukojimadaruma15

それではと行かせて貰えば、これがもう精妙にして清純な味わいが実にたまらないもの。

ただひたすらに良き時代の中華そばと向き合った結果がこうなったと言う、奇をてらわず正面からぶつかったこれぞ真っ向勝負のラーメンと言える素晴らしさ。

鶏ガラ・豚ガラ・牛骨にモミジ・豚足を6時間しっかり炊き上げたスープで、香味油は生姜とニンニクを利用したものだそう。

菅野製麺所謹製で日清製粉傾奇者による、中細ストレート麺がこれまた大号泣もので、しかももう手を地面につけてしまいたくなるほど。そんな王道の中華そばだけに、それはもう気がつけば完食だった。

いや、完全無欠・猛烈大号泣・絶妙超可憐・清絶高妙、一網打尽・悩殺昇天・天下逸品・極上品質、往古来今・一意奮闘・先祖伝来・祖先崇拝、愛情燦々・人情滔滔・一心不乱・終始一貫の感動風情。

そして、猛攻沁沁・絶妙均整・誠心誠意・群雄割拠、恍恍惚惚・光彩奪目・闘志満々・意気軒昴、謹厳実直・質実剛健・気韻生動・英華発外、滋味招来・絶賛感銘・風味絶佳・百様玲瓏の無尽歓喜。

さらに、感動品質・感服妙味・冠前絶後・永遠偉大、優美高妙・大慶至極・高潔無比・清廉恪勤、激震佳肴・絶妙風韻・絶品美味・格別風味、荘厳美麗・美味佳肴・艶麗繊巧・秀麗皎潔の猛烈怒涛。

と来れば、大悟徹底・気宇壮大・最上無二・英明果敢、雲外蒼天・換骨奪胎・旭日昇天・無我夢中、崇高可憐・切磋琢磨・当代無双・至大至高、空前絶後・激泣喝采・拍手喝采・恐悦至極と言うしか、もはやなかった。

mukojimadaruma16

mukojimadaruma17

★ 向嶋 だるま

※公式フィエスブックはこちら
住所/東京都墨田区向島4-1-11 TEL03-3622-2876 定休日/月曜日 営業時間/11:30~14:30中休18:00~22:00
※アクセス
京成押上駅下車。A3出口から出て前方道路を左手に進み突き当たりを左折。その桜島通りをひたすら歩いて行き、向島三丁目交差点手前の右路地を入り程ない左側にあり。東京スカイツリー駅また曳舟駅からでも徒歩圏内。


☝1クリック頂けると大変嬉しいです。