eishotakumi01

久しぶり青空が満面に広がり陽射しが我が物顔に煌めいて、そんな真夏の表層はオペイクコンポーズブルーに彩られていた、七月文月七日今夜は七夕の休日金曜日だった。

また千葉市内所用の日でそうなるとラーメンはその界隈で行くかとなるもので、それならばJR津田沼駅周辺の新京成電鉄新津田沼駅寄りに先月の2017年6月13日オープンしたこちらを訪ねて見るかとなった。

京成津田沼駅周辺にこちらの本店が2006年3月11日オープンして、開業当初は煮干しとアゴのラーメンを曜日を変えて提供していたものだった。最近はまた趣向を変えたラーメンを提供しているようだ。

eishotakumi02

eishotakumi03

eishotakumi04

eishotakumi05

そんなわけで帰宅する途中津田沼で途中下車して、我馬らーめん津田沼店の直ぐ隣りで営業していたその店頭へやって来た。店内は満員御礼らしく、店先に一人の方が店外待ちしていた。

eishotakumi06

eishotakumi07

eishotakumi16

eishotakumi08

ドアには入口前で列ぶ場合は、食券を購入してからと明記されていたので入店して券売機の前に立つ。

見ると6種類のらーめんがラインナップしていて、煮干しらーめん、あごだしらーめん、魚介豚骨らーめん、しょっつるらーめん、節仕込みらーめん、魚だし塩らーめんと言った麺類メニューの布陣となっていた。

その下には味玉やチャーシューなどの追加トッピングボタンが並んでいて、さらにその下に瓶ビールやオレンジジュース等が用意されていた。

栄昇らーめんさんと言えば魚介豚骨スープに定評がある県内人気ラーメン店だけに、そこは久しぶりもあって魚介豚骨らーめんを選ぶことに。追加トッピングも行くかとなって、味玉とチャーシューのボタンを連打した。

チケットをスタッフの方に手渡してから外に一度出て、先客が出て来るのを合図にどうぞと案内を受けて入店。左手の壁面カウンター席に促されて着席。

あいにく店主に、店長さんも不在だった。奥に厨房があり、その前にはカネジン食品さんの木製麺箱がさりげなく置かれてあった。

魚介系スープと動物系スープのブレンド比率を変え、多種の風味を独学で築いた池田明店主が営むこちらで、どうやら魚介系オンリーのスープの提供メニューもあるそうだ。程なく到着。

eishotakumi09

eishotakumi10

eishotakumi11

eishotakumi12

eishotakumi13

eishotakumi14

それではと行かせて貰えば、こちらならではの魚介豚骨スープの素敵な持ち味がやはり実にたまらないもの。王道感がありながらも、独学から編み出した魚介風味に、こちらの強みがあるところだろう。

しっとりした厚みある大判豚バラチャーシューがとても美味しく、味玉も絶妙の半熟加減で、程度のいい穂先メンマや刻み白ネギにナルトと大判海苔の風合いも良かった。

以前は新潟めんつうの麺を利用していたが、現在はカネジン食品謹製の中太ストレートだそうで、幾分やわめシフトの麺もまた実に良かった。それだけに、気がつけば完食。

いや、絶妙可憐・清絶高妙・一心不乱・終始一貫、美味共鳴・芳醇風情・格調高雅・絶巧寛雅、風味絶佳・百様玲瓏・滋味招来・絶賛感銘、威風凜々・十日一水・誠心誠意・群雄割拠の感動風情。

そして、猛攻沁沁・絶妙均整・幽趣佳境・静寂閑雅、崇高冷厳・感慨多端・恐懼感激・感恩戴徳、優美高妙・大慶至極・鮮麗妙味・精良博識、心満意足・余韻嫋嫋・仁者無敵・至純至高の無尽歓喜。

さらに、当代無双・至大至高・剛毅果断・意気衝天、空前絶後・激泣喝采・優婉閑雅・外柔内剛、欣喜雀躍・手舞足踏・上下一心・品行方正、大悟徹底・気宇壮大・拍手喝采・恐悦至極の猛烈怒涛と言うしかなかった。

eishotakumi15

eishotakumi17

★ 栄昇らーめん 匠

住所/ 千葉県習志野市新津田沼1-10-41  TEL047-493-6812 定休日/無休 営業時間/11:00~21:00LO
※アクセス
JR津田沼駅または新京成電鉄新津田沼駅下車。その二駅間の道路沿いで新津田沼駅寄りにあり。


☝1クリック頂けると大変嬉しいです。