menyakundou01

南寄りの風が浮遊する雲を退け、季節をよりいっそう真夏色に染めて、青い表層はドラジェアクアブルーに彩られていた、強い陽射しに久しぶり日蔭を探して歩く七月文月十一日の休日火曜日だった。

御徒町来集軒が残念ながら閉店してしまって久しいが、その界隈に2017年6月26日新しいラーメン店がオープンしたとして気になっていた。

menyakundou02

menyakundou03

menyakundou04

menyakundou05

そんなわけで、本日こそとなって、出掛けることにした。総武緩行線電車で秋葉原に出て、山手線電車に一駅だけ揺られて御徒町で下車。秋葉原寄りの南口改札を抜けて昭和通りに出て横断歩道を渡ってから右手に進んで行く。

JP台東三郵便局があるすえひろレンガ通りに左折して入り、300mほど歩いて行くと右手に昨秋閉店案内が張られたカーテンが閉められた来集軒の建物が見えて来た。

ふと見るとその隣りの八百屋の店先には、それは大きなスイカが幾つも並べられていて、ああ夏なんだなとあらためて思い知らされた。

そんな西瓜を横目にしてさらに70mほど進むと十字路で、そこを左折して20mほど歩いた辺りだろうか、右側に雰囲気も素敵な佇まいのこちらが営業していた。

周辺道路のアスファルトを折りからの陽射しが焦がす勢いで照り付けていた。比較的新しいビルの入口にある、そんな場所にオープンさせたこちらだった。左手にドアがありそれを開けて入店して行く。

menyakundou06

menyakundou07

すると厨房スタッフの方が、左手にある券売機で、チケット購入するよう促されて、見ると小型仕様の券売機がそこに待ち受けていた。

アゴだし醤油ラーメンとだし醤油ラーメンのボタンが用意されていて、サイドメニューもあり、店頭に案内されていた15食限定らしいアゴつけ麺もあるようだった。

予定通り特製あごだし醤油ラーメンと、チャーシュー飯を選ぶことに。出て来たチケットとおつりを手にして、道路寄り入口傍の壁面際のカウンター席の麺を茹でるなどされる方の前に。

来るまでに麺にもこだわりがあることを突き止めていて、やはり店主のようだった。店内はどの駅からも離れた店舗ながら、正午間近い時間もあってかほぼ満員の客席フロアだった。

そこに腰掛けながらカウンタトップにチケットを置いて、ネットで気になって来たことを告げると、絵に書いた爽やかな青年のようなその店主が笑顔で挨拶してくれた。

20数年多くの大手麺チェーン店で従事されていた店主だそうで、天下一品にもおられた経験がある方だそう。

長い修業年数に思わず失礼ながら年齢をお聞きすると、すでに40代中盤だそうで見た目が若く見える方だった。程なく到着。

menyakundou08

特製は全部入りとも表現されているもので、チャーシュー3枚・味玉・エリンギ・海苔3枚に刻みネギとカイワレがあしらわれていた。

menyakundou09

menyakundou10

menyakundou11

menyakundou12

menyakundou13

それではと行かせて貰えば、絶大なる風情に思わず手に持つ箸の速度が高まって行った。チャーシューも風情良く、どの具材も素敵な風合いと言えるもの。

アゴだし主体で鰹節・うるめ節・鯖節・昆布の複合的な魚介スープに、鶏ベースで豚も若干利用した動物スープを合わせたものらしく、香川県某製麺所謹製全粒粉使用の中細ストレート麺がなるほど泣けた。

瑞々しい風味となって昇華したスープに感動を覚えるばかりで、厳かで穏やかな持ち味に、着席したカウンター席の周囲は、突然花々が咲き乱れたかのように素敵な味わいが駆け巡った。

menyakundou14

menyakundou16

menyakundou17

チャーシュー飯も刻み白ネギもあって実に美味しく、ラストに残したライスに麺が無くなった味わい深い鶏清湯醤油を注いで口にすれば、尋常でないその美味しさに気がつけば完食だった。

いや、絶妙可憐・極上清楚・格調高雅・絶巧寛雅、百花繚乱・光彩陸離・艶麗繊巧・秀麗皎潔、美味共鳴・芳醇風情・感激称美・非凡優美、一網打尽・悩殺昇天・群抜美味・怒涛風味の無尽歓喜。

そして、崇高冷厳・感慨多端・一心不乱・終始一貫、空前絶後・激泣喝采・当代無双・至大至高、心満意足・余韻嫋嫋・仁者無敵・至純至高、敢為邁往・聡明剛毅・拍手喝采・恐悦至極の感動風情。

さらに、欣喜雀躍・手舞足踏・剛毅果断・意気衝天、恍恍惚惚・光彩奪目・有頂天外・歓天喜地、気韻生動・英華発外・気炎万丈・意志堅固、優婉閑雅・外柔内剛・旭日昇天・無我夢中の猛烈怒涛。

となれば、滋味招来・絶賛感銘・猛攻沁沁・絶妙均整、鮮麗妙味・精良博識・風味絶佳・百様玲瓏、美味怒涛・激旨秀麗・誠心誠意・群雄割拠、優美高妙・大慶至極・感動品質・感服妙味の威風凜々と言うしかなかった。

menyakundou18

menyakundou19

★ 麺屋 薫堂 クンドウ

住所/東京都台東区台東3-4-5 シンエイビル101 TEL非公開 定休日/日曜・祝日 営業時間/11:30~14:30LO中休17:00~21:00 ※土曜11:30~17:00
※アクセス
JR御徒町駅南口下車。昭和通りに出て横断歩道を渡ってから右手に進んで行き、JP台東三郵便局があるすえひろレンガ通りに左折して入る。300mほど歩いた八百屋と閉店した来集軒を右手に見てさらに70mほど先の十字路を左折。20mほど進んだ右側にあり。


☝1クリック頂けると大変嬉しいです。