seiryumonsdb01

真夏の陽射しがまた容赦なく街角を朝方から焦がす勢いで煌めいて、見上げれば青い表層はゴーロアーズブルーに彩られていた、夏のそよ風漂うそんな世間は三連休の七月文月十六日の日曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、都会の喧騒さえも熱帯夜の色に染まる、そんな真夏の夜風がそよぐ午後七時過ぎだった。

2008年に開業した東京ドームシティミーツポートが、2017年6月30日本格リニューアルオープンを果たして、その2階にこちらが同時オープンしたとして気になっていた。

seiryumonsdb02

seiryumonsdb03

seiryumonsdb04

seiryumonsdb05

そんなわけで今夜辺りに、仕事帰り立ち寄って見るかとなった。と言うことで水道橋で下車すると駅のホームは人で溢れかえっていた。

プロ野球かと思いきやどうやら第88回都市対抗野球大会が催されているようで、まあこちらはそんな混雑していないだろうと予定通り向かうことに。

seiryumonsdb06

seiryumonsdb07

seiryumonsdb08

seiryumonsdb09

seiryumonsdb10

その入口に立てばスムーズに入店出来て、直ぐさま促されたテーブル席へ座ることが出来た。まずはメニューブックを広げ、さて何にするかと思案。

これで行くかと決めてスタッフを呼んで、麺類メニューはサンラータンメンとある酸辣湯麺をオーダー。そして豚肉ぶっかけご飯と紹介されていたルーローハンの魯肉飯(小)もお願いすることに。

さらに五個入りの爆汁焼餃子にしようと思ったが、盛況な店内もあってかなりの時間を要するそうで、七個入りの豚肉水餃子ならばそう時間が掛からず提供出来る案内にそれをアイスウーロンと共に希望。

築地に本社を置く2003年設立の食品物流企業グループの株式会社リーブラズが展開するこちらで、同店名でイクスピアリ店・横浜みなとみらい店・池袋店があり丸の内CITACITAも姉妹店だ。

本場厨子による台湾家庭小皿料理 の数々と、台湾市街をイメージした遊び心溢れる内装空間がウリのこちらだそう。程なくしてオーダーした全てが、まとめて到着した。

seiryumonsdb11

seiryumonsdb12

seiryumonsdb13

seiryumonsdb14

それではと酸辣湯麺から行かせて貰えば、黒酢の酸味の風情が豊かな持ち味のスープに、低加水気味のやや細めの中太ストレート麺がこれまた良かった。

seiryumonsdb15

seiryumonsdb16

seiryumonsdb17

魯肉飯(小)にも手を付ければ、魚粉のような粉が掛けられたもので、刻まれた豚肉も美味しく素敵だった。豚肉水餃子もさすが本場厨子が手掛ける点心で、プリプリした絶妙の風合いにこれまた泣けた。それだけに、気がつけば完食だった。

いや、絶妙麺類・美味点心・猛烈号泣・大中華街、百花繚乱・光彩陸離・荘厳美麗・美味佳肴、美味共鳴・芳醇風情・敬服佳味・驚嘆風趣、格調高雅・絶巧寛雅・艶麗繊巧・秀麗皎潔の感動風情。

そして、一網打尽・悩殺昇天・滋味招来・絶賛感銘、滋味招来・絶賛感銘・風味絶佳・百様玲瓏、優美高妙・大慶至極・高潔無比・清廉恪勤、感動品質・感服妙味・絶品美味・格別風味の無尽歓喜。

となれば、一心不乱・終始一貫・旭日昇天・無我夢中、謹厳実直・質実剛健・気韻生動・英華発外、絶妙可憐・極上清楚・恍恍惚惚・光彩奪目、崇高冷厳・感慨多端・拍手喝采・恐悦至極の猛烈怒涛と言うしかなかった。

seiryumonsdb19

seiryumonsdb18

★ 台湾家庭小皿料理 青龍門 東京ドームシティミーツポート店

※企業公式サイト~http://www.libraz.co.jp/
住所/東京都文京区後楽1-3-61 東京ドームシティミーツポート2階 TEL03-6801-8823 定休日/無休 ※但し施設に準ずる 営業時間/11:00~23:30 ※土日祝~22:30
※アクセス
JR水道橋駅下車。東口側から出て前方道路を左手に進み、橋を渡った先の十字路交差点の横断歩道を渡る。その目の前に見える丸いビルの東京ドームシティミーツポートの2階にあり。


☝1クリック頂けると大変嬉しいです