hashitorenge01

節気は大暑を既に過ぎて曇りがちの空から時折り淡い陽射しが煌めいて、南寄りの風が季節を加速させややくすむ雲が広がる青い表層はブルーシフォングレイに染まる七月文月二十五日の休日火曜日だった。

JR阿佐ヶ谷駅前東高架下の旧ゴールド街エリアに、本日の2017年7月25日新たな商業施設となるビーンズ阿佐ヶ谷がオープンした。

そのビーンズてくてゾーンの一角に、昨年暮れの2016年12月23日にMENSHO@護国寺を開業させた麺や庄のグループの新たな系列店が同時オープンしたとして出掛けることにした。

日本各地の厳選食材を使用したこだわりのラーメンに、野菜をたっぷりとれるお惣菜や餃子がウリらしい。

hashitorenge02

hashitorenge03

hashitorenge04

hashitorenge05

hashitorenge07

そんなわけで気になるところとなって、いつも通勤で利用する中央線電車に乗って阿佐ヶ谷に降り立った。

東口改札を出て前方のビーンズ阿佐ヶ谷入口通路を進み、中杉通りを渡った前方のビーンズ阿佐ヶ谷てくてに入り、そこを20mほど歩いた頃だろうか前方にこちらが営業していた。

入口から数人の外列が出来ていてその後ろに就いて順番を待っていると、その続く店内の先頭の方に千葉大御所ラーメンフリークのusidon氏がおられ目が合い思わずご挨拶。

hashitorenge08

hashitorenge11

しばし後に店内に入店出来てそこにあった椅子に腰掛けていると、客席フロアに案内を受けて中ほど奥寄りのテーブル席に促されてそこに腰を降ろした。

メニューリストを広げると、ぶどう山椒の麻婆麺をおすすめメニューに据えて、さらに土佐柚子塩らぁめん、紀州梅塩らぁめん、四万十生姜醤油らぁめん、湘南トマトらぁめんがラインナップされていた。

しかしながら四万十生姜醤油らぁめんと湘南トマトらぁめんは、オープン当日は提供しておらず、お聞きすると落ち着いた頃に始める予定だそう。

またトウモロコシの冷たいつけ麺も、本日より来月25日まで20食限定で提供する予定のようだが、そちらはその本日提供分を終了したのか店内に案内は見られなかった。

冒頭でも触れたように惣菜各種もウリにするこちらで、その惣菜小鉢は単品各160円と比較的手頃な価格となっていた。

オープニング時のラインナップは、麻辣モヤシ・干しエビ胡瓜・林檎と人参のクミン和え・牛蒡とじゃがいものスパイス添え・マッシュポテト・麻婆奴(やっこ)・豆苗サラダが用意されていた。

hashitorenge09

hashitorenge10

さて何にするかとなって護国寺の時も2食愉しんでいるだけにこちらでもとなって、紀州梅塩らぁめんSとぶどう山椒の麻婆麺Sを注文することに。

オーダーすると専用端末のアイフォーンに注文内容を入力しており、これで厨房のPCにデータが飛んで行き、オーダーを聞いた順番通りにそのテーブルへ注文を受けた品物が届くそうだ。

これまでの店舗展開については、護国寺レポートの時に詳しく触れているので、今回こちらでは割愛する。程なく到着。

hashitorenge12

hashitorenge13

hashitorenge14

hashitorenge15

まずは紀州梅塩らぁめんをそれではと行かせて貰えば、ビジュアルからして実に素敵なもので、その優しい味わいもかなりなかなかのもの。

和歌山県南部町てらがき農園が生産した自然栽培3年熟成南高梅に、薄挽き昆布等も入れた鶏清湯スープで、炙りもされた低温調理の鶏ササミチャーシューに、護国寺で製麺したらしいチリチリした中細ちぢれ麺がまた良かった。

hashitorenge16

hashitorenge17

hashitorenge18

hashitorenge19

そしてぶどう山椒の麻婆麺はその提供メニューのネーミングから四川激辛系のイメージを抱いていたが、いざ口にしてみると胡椒らしい強い辛みは殆ど無くむしろマイルドなオリエンタルスープのような風合いを感じるものだった。

鶏と和だしとケールで炊いたスープに細々のふわふわ絹ごし豆腐がたっぷり入るラーメンで、ぶどう山椒はその発祥地でもある和歌山県有田川町の生産農家のカンジャ山椒園が生産したものだそう。

ささがき牛蒡を素揚げしたような具材がたっぷりと中央に添えて、やはり揚げているナスも乗って、ハーブが彩り豊かなラーメンに仕立てていた。

どちらもとても優しい風合いで美味しく、それだけに気がつけば完食だった。こうなると四万十生姜醤油らぁめんと湘南トマトらぁめんが気になるしかなく、これはもう再訪必至の素晴らしさだった。

なお今回未食の土佐柚子塩らぁめんは、高知県馬路村山中馬路村農業が生産した土佐柚子の皮と果汁を、弱火でことこと煮出した親鶏の清湯スープに足してフルーティに仕上げたものだそう。

四万十生姜醤油らぁめんは、高地県四万十町おしょうファームが生産した生姜と鶏をじっくり煮出して炊いたスープに、甘味を加えた溜まり醤油ダレが決め手らしい。

さらに湘南トマトらぁめんは、神奈川県藤沢市井出トマト農園の高糖度完熟トマトを、大量の丸鶏使用の鶏白湯に合わせたスープだそう。

帰り際の精算時オープン記念として、自家製麺にタレを付けたものをお土産で頂くことが出来た。冷し中華として愉しめるものだそう。

いや、天下逸品・極上品質・敬服佳味・驚嘆風趣、感激称美・非凡優美・十全十美・尽善尽美、格調高雅・絶巧寛雅・百花繚乱・光彩陸離、軽妙洒脱・英姿颯爽・荘厳美麗・美味佳肴の感動風情。

そして、風味絶佳・百様玲瓏・鮮麗妙味・精良博識、滋味招来・絶賛感銘・優美高妙・大慶至極、感動品質・感服妙味・熟達品格・壮麗威風、崇高可憐・切磋琢磨・往古来今・一意奮闘の無尽歓喜。

となれば、絶妙可憐・極上清楚・崇高冷厳・感慨多端、当代無双・至大至高・旭日昇天・無我夢中、気韻生動・英華発外・一心不乱・終始一貫、仁者無敵・至純至高・拍手喝采・恐悦至極の猛烈怒涛と言うしかなかった。

hashitorenge20

★ 箸とレンゲ Producued by MENSHO

※公式サイト~http://menya-shono.com/
※公式ツィッター~https://twitter.com/shono_menya?lang=ja

住所/東京都杉並区阿佐谷南2-42ビーンズ阿佐ヶ谷てくてA-4 TEL03-5929-7989 定休日/無休 営業時間/11:00~23:00
※アクセス
JR中央線阿佐ヶ谷駅下車。東口改札前ビーンズ阿佐ヶ谷入口通路を進み、中杉通りを渡った前方のビーンズ阿佐ヶ谷てくてに入り20mほど歩いた前方にあり。


☝1クリック頂けると大変嬉しいです