sanji201


また大気が不安定となって灰色の雲が青空を覆うものの、暑さが峠を越えたのか北寄りの風の所為で過ごし易い気温となって、灰色の表層はシャットアイアングレイに染まる七月文月二十七日の木曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、日暮れてさらに穏やかで過ごし易い、そんな夜風がそよぐ午後七時過ぎだった。なお明日はまた、蒸し暑さがぶり返すらしい。

昨年の夏に一度訪れたこちらでも冷やしラーメンを数量限定で提供しているとして気になるところとなって、この時季だけにある程度対応した杯数を用意しているだろうかと考えつつ仕事帰り立ち寄ることにした。

sanji202

sanji203

sanji204

sanji205

そんなわけで中央線快速電車を神田まで乗車して、山手線電車に乗り換え上野で下車し、パンダ景気に沸くそんな街を歩いてその店頭へやって来た。

どうやら2017年1月30日より、マッドクラブ&と煮干の専門店となったこちらのようで、そのことを来て初めて気がつくところとなった。

店先には数人の方が並んでいて、チケット先行購入の案内に入店して券売機の前に立った。冷やし煮干清湯辺りがあればと思ったが、人気店だけに2種用意されていた冷やしラーメンは、どちらもが販売終了してしまったようだった。

それならばやむなしとなりつつそこはカニも悪くないなとなるもので、やはり数量限定となっていたマッドクラブのクレイジークラブ(Crazy Crab)のボタンを選ぶことに。

そして和え玉が単独で充分愉しめるネットの情報に、その和え玉のさんじ玉でマヨバージョンを今夜は用意している旨の公式ツィッターの案内にそのボタンをさらに連打した。

sanji206

一旦外に出て程なくチケットを和え玉はマヨで言いながら手渡して、そう待たない内に準備が整ったらしく直ぐに入店することが出来た。こちらの詳細については、前回のレポートで触れているので割愛させて頂く。いつの間にか水曜日も定休曜日になったようだ。程なく到着。

sanji207

sanji208

sanji209

sanji210

sanji211

sanji212

それではと行かせて貰えば、大号泣極まる風情豊かなふくよかな渡り蟹のちゃんこスープを彷彿とする感じのもので、大絶賛の嵐が吹き荒れるスープに只々大感動するしかなかった。

レンゲにそのスープをすくえば絶妙な旨味の良さが、まるでその骨格を十二分で表すようにその水面(みなも)が煌めいていた。そして浅草開化楼謹製の中細ストレート麺も、その素敵な風合いと食感がこれまた実に素敵だった。

とは言え最初はそうでもなかったが、中盤前半辺りから化合的な起因によるものなのか定かでないがカンスイ臭が感じられて来て、そこは卓上のブラックペッパーをさりげなく手に取りそれを多めに振り掛け味変用で来たニンニクがまたそこに良い効果を与えてくれた。

sanji213

sanji214

sanji215

sanji216

レアチャーシューも絶妙この上ない素晴らしさで、さんじ玉マヨネーズバージョンも絶大な持ち味がとても愉しめて、それだけに気がつけば完食だった。

いや、絶妙可憐・極上清楚・感謝感激・感涙号泣、格調高雅・絶巧寛雅・美味共鳴・芳醇風情、一網打尽・悩殺昇天・威風旋風・絶品妙味、前代未聞・大胆不敵・拍手喝采・恐悦至極と言うしかなかった。

sanji217

sanji218

★ さんじ

※公式ツィッター~https://twitter.com/sanji_kinchan?lang=ja
住所/東京都台東区東上野3-25-12 池田工芸本社ビル1階 TEL03-5812-8023 定休日/水曜・日曜 営業時間/11:00~15:00中休18:00~21:00 ※土祝のみ11:00~15:00
※アクセス
JR上野駅正面玄関口側スカイウォーク奥のエスカレーターを下りて行き、500mほど歩いて行った十字路左側手前にあり。


☝1クリック頂けると大変嬉しいです