maruichishibuya01

暗い雲が霞みのように広がり時折り陽射しが現れては閉ざされて、そんな灰色の表層はマーブルグレイに染まる、雨が幾分懸念されていた八月葉月五日の週末土曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば特に降雨もなく、夏の夜らしくやや気温が高めに感じる夜風がそよぐ午後七時過ぎだった。

先々月久しぶりに新宿店を訪れ、その際に渋谷店について触れたものだ。2016年3月1日渋谷警察署裏に開業した渋谷店だったが、諸般の事情により2017年1月31日に閉店してしまった。

そんな一度閉店した渋谷店がその店舗建物からそう遠くない渋谷駅前宮益坂下交差点の直ぐ傍に、2017年7月20日新たなる店舗で移転復活オープンを遂げ開業したようだ。

maruichishibuya02

maruichishibuya03

maruichishibuya04

maruichishibuya05

maruichishibuya06

そんなわけでそれならばと、仕事帰り立ち寄ることにした。通勤電車の中央線快速をまた新宿で山手線電車に乗り換え渋谷で下車。

ハチ公改札から宮益坂下交差点に出て、横断歩道を渡ったら右手に進むと程ない左側にこちらの判りやすい電光看板が見えてここかとなった。

ふと盆踊りの懐かしい歌声が聴こえて来て、そんなに疲れていたかと思えば、そんなイベントが催されていた今夜の渋谷駅前だった。

先客が券売機でチケット購入していたので、店頭撮影などしてそれをやり過ごしてからその券売機の前へ。タッチパネル画面を見ると、いちおしメニュー・人気メニュー・おすすめメニュー・トッピング&サイドメニューにカテゴライズされていた。

それらの画面を切り換え項目内容を確認しつつ塩つけ麺を選んで、追加トッピングするかとゆで玉子・生玉子とある項目にタッチすることに。

maruichishibuya07

maruichishibuya08

maruichishibuya09

maruichishibuya10

さっそく入店して行くと、そこそこに盛況なフロアが広がっていた。地下にも客席フロアがあるこちらのようで、厨房はその地下の方に在るようだった。なかなか広いフロアかと思えばガラス張りの店内で、何ともシックな雰囲気だった。

壁面に作り付けのカウンター席の中ほどに腰掛けつつチケットをスタッフに手渡すと、玉子はどうするか確認を受けたので、そこは生玉子でお願いすることに。

周辺の案内を見ると東池袋大勝軒故山岸一雄氏が認めた、最後の弟子になる創業者の田中栄一氏であることが綴られていた。また入口周辺にポスターが貼られてそれを見ると、職人仕込みの自家製麺極み太麺に、自家製濃厚スープとも案内されていた。

ふと提供メニューの追加トッピングにトロチャーシューがあり、それを見つけた時点で特製トッピングにすれば良かったと思いながらも、やはりトロチャーシューで行くかと追加オーダーをすることに。

最近増加傾向にあるタッチパネル式券売機だが、全部のメニューが一目で判るアナログボタンの画面も有ると、それに慣れ親しんで来た者にはとても助かるのだが。渋谷喜楽と同じように、ダムウェーダーでオーダーしたものが上がって来て程なく到着。

maruichishibuya11

maruichishibuya12

maruichishibuya13

maruichishibuya14

maruichishibuya15

maruichishibuya16

maruichishibuya17

そう言えばこちらで生玉子を注文したのは初めて。見ると醤油らしきものがあらかじめ掛けてあった。さりげなく確認させて貰うと、デフォルトで入るジャンだれだそう。

ネットで調べるとなるほど、こちらの容器に入れた生玉子には、同じような醤油ダレが入る画像が散見された。おそらく希望すれば、入れずに提供してくれるだろう。

それではと行かせて貰えば、塩スープのつけ汁もこれまた、東池袋らしい風情風合いで実にたまらない味わい。いや、むしろこの塩味の方が魚粉が入らない所為もあってかそれらしいと言っても過言ではなかった。

シンプルであればあるほど風情は情念となって食べ手に語りかけて来るようで、それだけではなく店主が狙うその考え方のシンボリックなさまを見るようだった。

ジャンだれは到着した時点でそう来るならばと、前半塩つけ麺として愉しんだ後でつけ汁へ投入。軽い醤油が効いたスープに、麺を生玉子に絡めて食して行けばこれまた良かった。

しなやかで絶妙のコシと喉越しな太麺にトロチャーシューも実に素敵で、スープ割りも美味しく頂いてそれだけに気がつけば完食だった。

いや、美味共鳴・芳醇風情・艶麗繊巧・秀麗皎潔、敬服佳味・驚嘆風趣・驚愕感動・賛嘆情趣、一網打尽・悩殺昇天・滋味招来・絶賛感銘、風味絶佳・百様玲瓏・鮮麗妙味・精良博識の感動風情。

そして、誠心誠意・群雄割拠・一心不乱・終始一貫、絶妙可憐・極上清楚・謹厳実直・質実剛健、優美高妙・大慶至極・万里一空・慎始敬終、崇高可憐・切磋琢磨・往古来今・一意奮闘の無尽歓喜。

と来れば、威風旋風・絶品妙味・先祖伝来・祖先崇拝、美味怒涛・激旨秀麗・威風凜々・十日一水、敢為邁往・聡明剛毅・猛攻怒涛・獅子奮迅、旭日昇天・無我夢中・拍手喝采・恐悦至極の猛烈怒涛と言うしかなかった。

maruichishibuya18

maruichishibuya19

★ 大勝軒まるいち 渋谷店

※公式サイト~http://www.tk-01.jp/
住所/東京都渋谷区2-20-11 宇田川ビル1階・B1階 TEL03-6427-4200 定休日/年中無休 営業時間/10:00~23:00
※アクセス
JR渋谷駅下車。ハチ公改札から宮益坂下交差点に出て、横断歩道を渡ったら右手に進み程ない左側にあり。


☝1クリック頂けると大変嬉しいです。