ranmaru501

曇り空が広がり陽射しが時折り煌めいては隠れて、また気温高めでまとまった雨が日暮れ頃から懸念されていた、見上げればケープコッドブルーグレイに染まる八月葉月十九日の週末土曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、予報通りの雨がアスファルトを濡らしていたそんな午後七時過ぎだった。

一昨日西大島某店に再訪問した際触れたように、10年ぶりとなるこちらの暖簾を潜って見たくなり、やはり行きたいとなって仕事帰り立ち寄ることにした。

ラーメン店を開業させる以前は創作料理店を営業していた森田芳明氏が2001年5月こちらを創業させて、その後2003年7月25日に門前仲町店も開業させたがそちらは2011年4月5日に麺屋純風と改称している。森田店主は織田信長に仕えた、森蘭丸の末裔として知られている。

ranmaru502

ranmaru503

ranmaru505

そんなわけでまたしても通勤電車の中央線快速を新宿で降りて、都営地下鉄新宿線電車に乗り換えて西大島で途中下車。

出口A1から出て右手十字路を右折して、その明治通りを300mほど歩いた信号交差点の横断歩道を渡り、もう少し直進した右側に今夜も以前と変わらないこちらが風情も良く佇んでいた。

ranmaru506

ranmaru507

ranmaru508

ranmaru510

ranmaru509

さっそく入店して行くと、厨房には女性スタッフが二人おられ、たまたまなのか店主はおられなかった。ランチタイムの時は使用しているような券売機には布が掛けられて、それを横目にしながら奥に進み中ほどのカウンター席に腰掛けた。

メニューブックが傍にあり、それを広げて見ながら、やはり塩で行くかとなった。特製と言うとチャーシュー数枚に味玉だが、こちらの場合はデフォルトメニューが具沢山もあって特製と付けており、そのチャーシュー増しに味玉を追加トッピングすることに。

サイドメニューも行くかとチャーシューちらし飯(小)もお願いしたが、太麺も選べる案内が見受けられたもののそれをは希望しなかった。以前経営していた小料理屋のような、おつまみメニューも豊富にラインナップされていた。

森田店主は姉妹店となる2012年12月3日に開業させた、ラーメンぷん楽@木場に普段おられるそうで、こちらには日曜日だけその厨房に立っているそうだ。ちなみにぷん楽のぷんとは、粉を意味するものらしい。

門前仲町店が麺屋純風に改称したのは、10年間こちらで修業されて来た、当時の店長さんが独立した為だそう。程なく到着。

ranmaru511

ranmaru512

ranmaru513

ranmaru514

ranmaru515

それではと行かせて貰えば、絶妙可憐のしみじみとした味わいのスープに、極上清楚な喉越しと豊かなコシが実にたまらないもの。

骨等のガラは使わず動物は豚肉だけで、ホタテや牡蠣等の魚介も使用して炊いたスープだそう。本店のこちらで製麺した自家製麺は、やはりパン用とうどん用の小麦粉をブレンドしたもののようだ。

ranmaru516

ranmaru517

ranmaru518

チャーシューちらし飯をしっかり掻き混ぜてから口にすれば、これまた素敵な美味しさでそれだけに気がつけば完食だった。

いや、格調高雅・絶巧寛雅・天下逸品・極上品質、百花繚乱・光彩陸離・敬服佳味・驚嘆風趣、感激称美・非凡優美・艶麗繊巧・秀麗皎潔、驚愕感動・賛嘆情趣・軽妙洒脱・英姿颯爽の感動風情。

そして、一網打尽・悩殺昇天・風味絶佳・百様玲瓏、滋味招来・絶賛感銘・鮮麗妙味・精良博識、優美高妙・大慶至極・冠前絶後・永遠偉大、崇高可憐・切磋琢磨・誠心誠意・群雄割拠の無尽歓喜。

と来れば、絶品美味・格別風味・威風旋風・絶品妙味、気韻生動・英華発外・一心不乱・終始一貫、完全無欠・猛烈号泣・旭日昇天・無我夢中、謹厳実直・質実剛健・気韻生動・英華発外の猛烈怒涛。

となれば、大悟徹底・気宇壮大・恍恍惚惚・光彩奪目、気炎万丈・意志堅固・恐懼感激・感恩戴徳、崇高冷厳・感慨多端・剛毅果断・意気衝天、仁者無敵・至純至高・万夫不当・活火激発の怒涛絶妙。

とすれば、当代無双・至大至高・優婉閑雅・外柔内剛、有頂天外・歓天喜地・欣喜雀躍・手舞足踏、空前絶後・激泣喝采・敢為邁往・聡明剛毅、心満意足・余韻嫋嫋・拍手喝采・恐悦至極の華麗創味と言うしかなかった。

ranmaru520

ranmaru519

★ 支那そば屋 蘭丸 本店

住所/東京都江東区大島1-38-8 TEL03-3684-8585 定休日/無休・年末年始休業 営業時間/平日・土曜11:00~14:30中休18:00~23:30◆日祝11:00~15:00中休17:30~22:00 ※祝前日の日曜のみ~24:00
※アクセス
都営新宿線西大島駅下車。出口A1から出て右手十字路を右折して、その明治通りを300mほど歩いた信号交差点の横断歩道を渡り、もう少し直進した右側にあり。


☝1クリック頂けると大変嬉しいです