genryu01

まだら模様の雲が広がるものの夏色の青空が広がり、やや強い南寄りの風が深緑の木々を揺らして、青い表層はエナメルブルーに彩られた八月葉月二十九日の休日火曜日だった。

先日水道橋某新店を訪れてそこで触れたように、イレブンフーズのラーメンを思い出し久しぶりそのラーメンに想いを馳せるところとなった。

その名店は悲しくも数年前に閉店して行ったものの、その関連店が周辺で営業していることは気づいていたが、具体的なその関連性について私にしては珍しくあまり興味を持たずにいた。

しかしながら先述したようにそれをきっかけにして、正真正銘の代継ぎ店になることに気がつかされて、それならばと今回出掛けることにした。

genryu02

genryu04

genryu14

genryu05

genryu16

genryu17

そんなわけで市川から総武横須賀線快速電車に乗車して品川に出て、そこから京浜急行線の各駅停車に乗り換え、数駅揺られ久しぶり新馬場駅に降り立った。

進行方向前方の階段を降りてその先の南口改札から出て、前方突き当たりの道路を左折して300mほど歩いた頃だろうか、元なぎさ通りに出たところの品川警察署前交差点右手前にこちらが風情も良く営業していた。

genryu18

genryu06

genryu19

さっそく入店して行くと最新鋭のタッチパネル式券売機が待ち受けていた。平日限定ランチサービスでライスか麺増量が無料らしく、初期画面はそのどちらかまたはサービス不要を選択するものだった。

さりげなく麺増量にタッチすると麺メニューがビジュアル付きで出て来てつけ麺が気になりながらもチャーシュー麺並を選択。麺が細麺も選べたがそこは中太の普通にして、麺の固さはカタメ、味の濃さはコイメ、油脂は普通と選んで、追加トッピングに思わずキクラゲ増量をすることに。

チケットを手に取ると引換券と表記されていて、奥に進むとセルフサービス方式のような受取口兼下膳口があり、ちょうどチケットに明示された数字を呼ばれた先客がラーメンを受け取りに来た。

ふと見ると豚の胃であるホルモンのガツが1個600円から販売している案内があり、それでイレブンフーズでは以前から提供していることを知った。

genryu08

以前はたまに無性に食べたくなって新馬場で下車して訪れたものだが、やはりこちらのことについては何故かラーメン以外のことはそれにしても無頓着だった。

1974年東品川の山手通り沿いで開業した店に端を発するイレブンフーズで、1990年前後頃に前店舗傍の路地を入った場所に移転して長年取材拒否店ながらも絶大なる人気を誇り営業していたものだ。

イレブンフーズと言う店名は、創業店主が開業前に勤務していたミヨシと言う弁当屋に由来するものだそうで、ミヨシを数字の344に変換してそれを足して命名したものだそう。当時は数字を店名にした店は皆無だったそうで、インパクトのある店名として開業時から流行ったそうだ。

そんな中で2003年9月1日にこちらの1号店となる西糀谷店を、創業店主の息子さんである二代目がイレブンフーズ源流と命名して開業。様々な要因から代継ぎする際に元店名に源流を付加して、利用製麺所も酒井製麺ならぬ丸山製麺で行くことにしたそうだ。

2014年3月5日創業店舗にほど近い場所にこの南品川店を開業させて、その頃に現在も元気でご健在と言う創業店主が引退して代継ぎが成されたそうだ。

創業店主が厨房に立っていたイレブンフーズもイレブンフーズ源流東品川店として営業していたものの、諸般の事情で2014年8月頃にそちらを閉店させたそうだ。

もう随分も前から二代目店主と共にそのお子さんである、長女・長男・次男の方が2店舗を運営しているそうで、今回お話し出来たのもそんな長女さんと長男さんだった。

genryu07

血縁者による本家継承店となるこちらだが、人気店のイレブンフーズだけに修業店主等の関連店も少なくない。

2000年月4日開業して2002年11月閉店したイレブンフーズたなか@大網は、そんな田中謙店主が営業したラーメン店であった。その後にラーメンイレブン@大網を、2014年1月18日に開業させたものの、残念ながら2015年9月閉店して行った。

やはり修業店主店が営業していた、らーめんアルプスは2005年8月に開業したが、こちらも残念ながら2008年7月31日閉店している。

都内でも数年前にラーメンイレブンなるラーメン店が営業していて、そちらは当時東品川店からレシピを購入した、ゆで太郎チェーン経営企業が運営していたラーメン店だそう。

2009年10月10日開業して2009年12月閉店した大森店、2011年2月25日開業して2011年5月24日閉店した東雲店、2014年8月開業して2015年2月閉店した麹町店の3店舗がこれまで営業して来た。

genryu09

程なくして自分の数字が呼ばれ、目の前にオーダーしたラーメンがやって来た。キクラゲを増量したチャーシュー麺だけに、麺の上にはプリプリして一つ一つが大きいキクラゲと、いい風情のチャーシューが横たわっていた。

それはもう本家のDNAを存分に感じることが出来るビジュアルと言えた。なお現在キクラゲは洗濯機を使わずに、別の方法で洗っているそうだ。

genryu10

genryu11

それではと行かせて貰えば、そこはイレブンフーズとはまた違った持ち味ながら、それはもう絶大にたまらない風合いに大号泣したくなるほどの素晴らしさ。

豚のゲンコツと野菜に昆布からとる瀞みも豊かなこってりと来るスープに、丸山製麺謹製の中太麺がそれにしても良かった。

genryu12

genryu13

基本は塩ラーメンであることを確認させて頂くと、醤油塩豚骨ラーメンと言えるラーメンだそう。大盛無料でボリュームも素敵で、それにしても美味しいラーメンだけに、気がつけば完食だった。

いや、天上無二・超越猛攻・美味共鳴・芳醇風情、敬服佳味・驚嘆風趣・艶麗繊巧・秀麗皎潔、絶妙可憐・極上清楚・崇高冷厳・感慨多端、恍恍惚惚・光彩奪目・一心不乱・終始一貫の感動風情。

そして、一網打尽・悩殺昇天・滋味招来・絶賛感銘、優美高妙・大慶至極・冠前絶後・永遠偉大、天下逸品・極上品質・百花繚乱・光彩陸離、感激称美・非凡優美・驚愕感動・賛嘆情趣の無尽歓喜。

となれば、感謝感激・感涙号泣・仁者無敵・至純至高、心満意足・余韻嫋嫋・敢為邁往・聡明剛毅、熟達品格・壮麗威風・崇高可憐・切磋琢磨、先祖伝来・祖先崇拝・流麗閑雅・優美端麗の猛烈怒涛。

と来れば、誠心誠意・群雄割拠・千古不磨・名実一体、威風凜々・十日一水・威風凜々・十日一水、恐懼感激・感恩戴徳・旭日昇天・無我夢中、感謝感激・感涙号泣・拍手喝采・恐悦至極の激旨秀麗と言うしかなかった。

genryu20

genryu14

★ イレブンフーズ源流 南品川店

住所/東京都品川区南品川2-15-3 フラットエーアイ101
TEL03-3472-1197 定休日/年中無休 ※年末年始休業 営業時間/8:00~18:00
※アクセス
京浜急行線新馬場駅下車。南口改札から出て前方突き当たりの道路を左折して300mほど先の元なぎさ通りに出た品川警察署前交差点右手前にあり。


☝1クリック頂けると大変嬉しいです