noodlestand01

陽射しが青空からふり注ぐものの北寄りの風が気温をまた落とさせ、暗い雲が覆われては青空が街を夏色に染めて、見上げれば青い表層はラバーズブルーに色づいていた九月長月一日の休日金曜日だった。

赤羽周辺で2014年11月1日に開業して少し前の2017年6月30日に閉店して行った、noodle kitchen ミライゑを営業されていた西巻剛店主が本日の2017年9月1日より、都内原宿周辺に新たな戦略によるラーメン店を開業させるとして気になっていた。

UUUM所属の有名人気ユーチューバーらしい水溜まりボンドのトミーさんが、2017年8月26日のみプレオープン営業する際に一日店長を務め、そこではプロデュースした限定メニューのトミちゃんチャーシュー付き特製まぜそばが提供されたそうだ。

近年オーガニック素材を使用したものや後世に伝える伝統技術が取り組まれていたり人に優しいものなど、倫理的で道徳上好ましいとする意味合いからエシカル商品と呼んでいて、その普及を国際社会通念上多くの団体が呼び掛けている。

そんなところからこちらではエシカル&ラーメンをコンセプトに据えて無化調ラーメンをエシカルラーメンと表現し、話題のロカボブームに対応した従来比40%オフの低糖質麺のオプション対応もしていた。

noodlestand02

noodlestand31

noodlestand03

そんなわけで幸いにも、休日金曜日に開業するならばと、そこはやはりとなって出掛けることにした。ちなみに通称はヌースタと、呼んで欲しいこちらだそう。

原宿駅で下車してふと目の前にあった、街路樹の銀杏の葉の青さに夏を再確認しながらも前方道路の横断歩道を渡ってから左手へ。

noodlestand34

noodlestand04

noodlestand05

noodlestand06

noodlestand07

noodlestand08

竹下口から100mほど歩いて行った頃だろうか東京バーガーが営業している建物の車道側に、十数人の外列が出来ていた。

さすが惜しまれながら閉店して行った、そんな人気店の元店主が手掛ける新たなラーメン店の開業初日だけに、案の定と思いながらもその列の後ろへ就くことに。

ふと何気なくすぐ前に並ぶ方を見ると、なんとラーメン評論家の山路力也氏で、思わず世間話しに花が咲いた店頭だった。双方とも、かなりご無沙汰していただけに、すぐ気がつかなかった。

noodlestand09

noodlestand10

noodlestand11

開業初日の慣れない厨房も手伝ってか、しばし待った後に店主ご夫人の誘導を受けて階段を降りて行き店内へ。そのご夫人から、色々とお聞きすることが出来た。入店すると右手に券売機があり、連食が出来ないことを確認してからその前へ。

KROSHIO煮干と表記されたカテゴリから特製煮干しそばを選ぶことにして、サイドメニューも行くかとなってチャーシューごはんや花かつおの卵かけごはんが気になりつつも牛煮込みごはん小のボタンを連打した。

その他には背脂KROSHIO煮干と牛煮込みまぜそばがあり、売切れか様子見なのかCOCONUT味噌なる提供メニューもあったがボタンに×が点いていた。

noodlestand19

noodlestand13

noodlestand14

なお先述したプレ営業メニューのトミちゃんチャーシュー付き特製まぜそばは、テリマヨソースがたっぷりあしらわれた限定らしく今月いっぱいまで提供するそうだ。

煮干しそばは醤油味と塩味があるそうで、そこは竹岡式ラーメンにも利用される宮醤油がカエシに使われているのであればと醤油味でお願いすることに。

フロア内には浅草開化楼の麺箱が入口ドア前と同様に数段積まれており、浅草開化楼特製麺と刻印された木板も店内にさりげなく飾られていた。

中ほどのカウンター席に案内を受けて、そこへ腰を下ろすと入店順だけに、そのまま山路氏の隣りで更に語らうことに。

その中で本日はラーメン評論家の草分け的存在だった北島秀一氏の命日であることを知り、この後で氏がこよなく愛した桂花のラーメンを口にしてその活躍を偲ぶことを教えてくれた。

noodlestand15

noodlestand16

noodlestand17

noodlestand18

noodlestand20

西巻店主は今は無き名店の1996年創業の柳麺ちゃぶ屋におられた方だが、初期の三河島時代に数年おられたそうで、その後に1995年創業の土佐っ子の流れを汲むらーめん元楽にもおられたこともあるそうだ。

また一緒におられた厨房スタッフは副店主の京須氏だそうで、1996年創業の香月系で知られる池袋えるびすにおられた方だそう。

そんなそれぞれ違う背脂ちゃっちゃっの系統で修業経験を持つ、そんなお二人が厨房に立つこちらであることを知ると、背脂KROSHIO煮干ラーメンも気になるところだ。程なく到着。

noodlestand21

noodlestand22

noodlestand23

厚みある千葉県産豚肩ロースチャーシュー2枚によく染みた味玉、そしてやや太めのメンマに辛子菜らしき青菜、さらに白髪ねぎと刻み青ネギのミドルサイズの海苔数枚。

そして黒い特注ナルトが異彩を放っていたが、竹炭パウダーを練り込んだものだそう。それだけ口にして見るとその所為か、気泡が多めでまた面白い食感となっていた。

宮醤油店木桶仕込みのたまさ濃口醤油や、日南工業の鱈しょっつるのうわてんに、九十九里産煮干しの無化調スープと言うことらしい。

案内に寄れば香味油は、米ぬかより抽出したネギ油ならぬヌカ油だそうで、そう言えばこれもエシカルな施策と言えそうだ。

noodlestand24

noodlestand25

noodlestand26

noodlestand27

それではと行かせて貰えば、猛烈に素敵で可憐な煮干しスープに、浅草開化楼謹製の中太麺が絶妙な茹で加減で、これはたまらんとなる風情風合いに感動を覚えるほどの素晴らしさだった。後で知ったが、傾奇者の新形状麺だそう。なるほど。

豚肩ロースチャーシューを口にすれば、その至福感に只々圧倒されるばかり。それにしても浅草開化楼のコシの良さが、実に生きている持ち味が良かった。味玉にメンマに青菜も、良く出来ていた。

noodlestand28

noodlestand29

noodlestand30

牛煮込みごはんも、国産の牛すじ肉と牛スネ肉の柔らかい食感とガラムマサラのオリエンタルなタレの味わいで、それだけに気がつけば完食だった。

いや、格調高雅・絶巧寛雅・天上無二・超越猛攻、美味共鳴・芳醇風情・艶麗繊巧・秀麗皎潔、感激称美・非凡優美・百花繚乱・光彩陸離、敬服佳味・驚嘆風趣・群抜美味・怒涛風味の感動風情。

そして、天下逸品・極上品質・驚愕感動・賛嘆情趣、荘厳美麗・美味佳肴・星河一天・絢爛華麗、十全十美・尽善尽美・軽妙洒脱・英姿颯爽の無尽歓喜。

となれば、一網打尽・悩殺昇天・滋味招来・絶賛感銘、風味絶佳・百様玲瓏・鮮麗妙味・精良博識、優美高妙・大慶至極・冠前絶後・永遠偉大、崇高可憐・切磋琢磨・熟達品格・壮麗威風の猛烈怒涛。

と来れば、感動品質・感服妙味・絶品美味・格別風味、美味怒涛・激旨秀麗・誠心誠意・群雄割拠、流麗閑雅・優美端麗・威風凜々・十日一水、遠慮会釈・恩沢洪大・金剛不壊・志操堅固の恐悦至極。

とすれば、往古来今・一意奮闘・猛攻沁沁・絶妙均整、高論卓越・和而不同・深謀遠慮・理路整然、堅守速攻・百拳百捷・絢爛華麗・面向不背、絶妙可憐・極上清楚・旭日昇天・無我夢中の拍手喝采と言うしかなかった。

noodlestand33

noodlestand32

★ ETHICAL&RAMEN ヌードルスタンドトーキョー

※公式ツィッター~https://twitter.com/noodlestand2017
※公式サイト~https://www.noodlestandtokyo.com/
住所/東京都渋谷区神宮前1-21-15 ナポレ原宿B1階 TEL03-6804-1477 定休日/火曜日 営業時間/11:00~15:00中休17:00~21:00 ※土日中休みなし
※アクセス
JR山手線原宿駅下車。竹下口から出て前方道路の横断歩道を渡ってから左手に100mほど歩いて行った東京バーガーが営業している右側建物の地下1階の階段を降りてすぐ左手にあり。


☝1クリック頂けると大変嬉しいです