tombo01

どんよりとした暗い雲からとめどもなく雨が降り続き北寄りの風がまた街角の気温を下げて、雨は指した傘に雨粒の音が響くほどで見上げた灰色の表層はクレタグレイに染まる九月長月二日の週末土曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、午後早い時間には天候が回復したようで、涼やかな夜風がそよぐばかりの午後七時過ぎだった。

昨日は訪れた新店の行列に並ぶとすぐ前に偶然にもラーメン評論家の山路力也氏がおられ、世間話しに花が咲いたものだ。

本日こちらの訪問を考えている旨を話すと、千葉ラーメン劇場で営業していたさいころの厨房にもおられた方と教えて頂き、勤務地の周辺もあってもはや今夜はこちらしか考えられなかった。

tombo02

肉煮干し中華そばさいころをメインブランドにして鯉谷代表が運営する株式会社地雷源に8年間おられた、榎本直記氏が厨房に立つ新店で本日の2017年9月2日グランドオープンするそう。2002年4月22日に方南町で我流旨味ソバ地雷源として、開業した店に端を発する中華そばさいころだ。

2010年3月18日中野に移転してから旗艦店ブランドを2011年9月7日その肉煮干し中華そばさいころ中野本店としている。

今は無き店舗ブランドの経歴を、この際なので整理して見ると以下の通りだ。2004年6月開業のFRIDAY@方南町本店、2005年4月開業のコクまろ味噌ソバHOLIDAY@方南町本店、2008年2月開業のBLACK FRIDAY@方南町本店。

さらに、2008年12月開業のィ夜の味噌ソバ裏七Jimmy@方南町本店、2010年11月8日開業のプレシャス@中野本店。2007年3月9日開業のFRIDAY@勝田は、その後に地雷源@勝田に。

そして店主がおられた、NIKU+NIBOさいころ@千葉ワンズモールラーメン劇場店は2011年9月開業。2012年9月開業のさいころあきる野店。

立川たま館では2011年12月17日開業ラーメンジミーから2012年10月に天運我に有りにリニューアル。その際に同じフロアにNIKU+NIBOさいころも開業。2013年10月開業の濃厚鶏ソバ怪人二十面相に、2014年4月開業の雷一家もこの地雷源系列店だった。

2012年11月移転開業の天運我に有り八千代台店、2014年10月移転開業の雷一家@相模原、2013年9月21日開業のエルドラド@福生と続いた。

なお営業しているさいころ関連店には、2017年1月28日開業の不定期営業店らしいRamen Creators Lab.なる店舗があるようだ。ちなみに中野本店2階に、製麺工場のJIRAIGEN SYNDICATEを、2011年8月開設している。

tombo03

tombo04

そんなわけで通勤電車で帰宅する前に、井の頭通りで本日から営業をスタートさせて閉店間近いその店頭へやって来た。

すると店内は満員御礼らしく、入口に三人の方が待っていた。程なく先客が数人食べ終えて帰って行き、そう待つ事なく入店出来た。

tombo05

tombo06

左手に券売機が据えられておりその前に立ち味玉醤油の旨味ソバを選んで、追加トッピングするかとチャーシューのボタンを連打して、サイドメニューも行ってしまえと炙りチャーシュー飯も更に連打することに。

つけ麺と汁なしが今後提供するようでボタンが用意されていて、落ち着いたらそちらも始まるようで、本日は押せないようになっていた。チケットを手渡してから、空いた一番奥のカウンター席に案内を受けてその椅子に腰掛けた。

tombo07

tombo09

店名がトンボと命名されたこちらで、公式ツィッターに店先に開店祝いの花も届いていたラーメン英二は姉妹店では無いと言う同店主さんの書き込みに、それを見ればそこは思わずなるほどそうかと頷けるもの。

とんぼで英二と言えば、長渕剛さんの主演連続ドラマのタイトルとその主人公の名前で、その長渕剛さん自身が歌う主題歌もかなりヒットしたものだ。

黒土三男氏が脚本した作品で、主人公英二が刑務所から出所して物語は始まる。その主題歌「とんぼ」では、死にたいくらいに憧れた花の都大東京へ薄っぺらのボストンバッグで北へ北へ向かったと歌うもの。

榎本店主が静岡ご出身と言うところからも、北へ向かって上京した店主のお気持ちが伺える。そこはさりげなく長渕剛さんのドラマと歌から命名したかをお聞きして見ると、案の定そうであることを教えてくれた。程なく到着。

tombo10

tombo11

tombo12

tombo13

tombo14

tombo15

tombo16

tombo17

それではと行かせて貰えば、淡麗系中華そばの粋を集めたような、艶やかで優しく風情も豊かな持ち味が縦横無尽に感じられて実にたまらないもの。

厨房にはJIRAIGEN SYNDICATEと刻印された麺箱があり、この流れから言ってもそちらの麺であろうその中細ストレートの麺がこれまた号泣ものの素晴らしさ。

tombo18

tombo19

チャーシューや味玉にメンマ等どれも絶妙に素敵な風合いで、炙りチャーシュー飯もこれまた実に美味しく、それだけに気がつけば完食だった。こうなると、つけ麺や汁なしも気になるところだ。

いや、天下逸品・極上品質・驚愕感動・賛嘆情趣、美味共鳴・芳醇風情・十全十美・尽善尽美、格調高雅・絶巧寛雅・軽妙洒脱・英姿颯爽、敬服佳味・驚嘆風趣・百花繚乱・光彩陸離の感動風情。

そして、群抜美味・怒涛風味・感激称美・非凡優美、錦心繍口・山紫水明・星河一天・絢爛華麗、絶品美味・格別風味・流麗閑雅・優美端麗、誠心誠意・群雄割拠・千古不磨・名実一体の無尽歓喜。

となれば、一網打尽・悩殺昇天・絶妙可憐・極上清楚、崇高冷厳・感慨多端・仁者無敵・至純至高、風味絶佳・百様玲瓏・威風旋風・絶品妙味、感謝感激・感涙号泣・拍手喝采・恐悦至極の猛烈怒涛と言うしかなかった。

tombo20

★ Tombo (とんぼ)

※公式ツィッター~https://twitter.com/NAOKIUp
住所/東京都武蔵野市吉祥寺南町4-16-12 リヒトハイム101号 TEL0422-77-7590 定休日/水曜日 営業時間/11:30~14:30中休17:30~21:00※スープ無くなり次第終了
※アクセス
JR中央線吉祥寺駅下車。公園口から出て前方道路を左手に進んで行き、大通りを横断し末広通りをさらに直進。500mほど歩いて井の頭通りに出たら100mほど行くと左側にあり。


☝1クリック頂けると大変嬉しいです