tkmashi1201

南寄りの風に青空が霞んでは手で押し避けるように広がって、見上げれば青い表層はラブインナミストブルーに色づいて、強い陽射しはその度に勢力を増して行った九月長月十日の日曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、日暮れると秋虫がまるで天下を取ったかのように鳴り響いて、夏を遠い存在にしていたそんな午後七時過ぎだった。

そう言えばとなって7月始め頃以来のこちらへ、昨夏以来の汁なし麺量300g中盛を目当てに、久しぶり仕事帰り立ち寄ることにした。

前回レポートで触れたように9号店となる名古屋新店が、どうやらめでたく無事に本日開業したようで、正午少し前には40人ほどの行列が店頭に出来たようだった。

tkmashi1202

tkmashi1203

そんなわけで今夜もまた御茶ノ水で途中下車して、その店頭へやって来た。さっそく入店して行くと、盛況なフロアが広がっていた。

tkmashi1204

tkmashi1205

券売機の前に立って、予定通り中汁なし麺を選んで、ダブルなま玉で行くかと生玉子をニラキムチのボタン共々連打することに。

前回はすごい冷し中華(麺量500g)+豚マシで、このところマシライス系メニューかすごい冷し中華ばかりだっただけに汁なし気分となった次第だった。

tkmashi1206

ちなみに、それ以前のこちらでの戦歴は以下の通り。暴君セット(飯マシ525g)+ネギ増し、すごい冷し中華(麺量400g)+豚マシ、デラックスマシライス(飯マシ525g)+豚マシ&ニラキムチ。

エキストラバージンマシライス(飯マシ525g)、中ラーメン(麺餅ハーフ)野菜マシ+生玉子&豚マシ、すごい冷し中華(麺量500g)+生玉子、小ラーメン(麺量200g)+豚マシ&ミニマシライス。

そして、中つけ麺(麺量300g)&ミニマシライス、中汁なし麺(麺量300g)&ミニマシライス、初訪問はすごい冷し中華(麺量400g)+ニラキムチで、全てこれまでは気がつけば完食していた。

tkmashi1207

tkmashi1208

チケットを手渡すと野菜とアブラの確認があり、久しぶりも手伝ってなんとかなるだろうと、ついアブラにヤサイも多めでお願いすることに。空席がうまく出来て、そこへ案内されて到着を待つ。

よく考えれば只でさえ多い野菜量に、こうした場合は野菜多めコールはこれまで控えていた。別皿追加トッピングが先に置かれて、程なく到着。やっぱりかなりデカ盛りの汁なしが目の前に置かれた。すでにおそるべし。

tkmashi1209

tkmashi1210

tkmashi1211

tkmashi1217

tkmashi1212

tkmashi1213

tkmashi1214

それではと行かせて貰えば、猛攻怒涛のこれでもかと果てしなく襲って来る、その絶妙の風合いが実に猛烈にたまらないもの。

中盤に生玉子とニラキムチを投入すれば、肩まで浸かるような新たな至福感に、もはやその坩堝に嵌まって行くしか考えられなかった。

しかしながらもう少しで完食だったが、そのあまりにも多い量に、今夜ばかりは完食を断念することに。ともあれ麺と肉だけは、ほぼ胃に収まった。やはり恐るべしな量の立川マシマシさんであった。

いや、美味怒涛・激旨秀麗・一網打尽・悩殺昇天、風味絶佳・百様玲瓏・威風凜々・十日一水、鮮麗妙味・精良博識・誠心誠意・群雄割拠、滋味招来・絶賛感銘・猛攻怒涛・神出鬼没の感動風情。

そして、優美高妙・大慶至極・高論卓越・和而不同、冠前絶後・永遠偉大・堅守速攻・百拳百捷、感動品質・感服妙味・深謀遠慮・理路整然、前代未聞・大胆不敵・空前絶後・激泣喝采の無尽歓喜。

となれば、激震佳肴・絶妙風韻・積厚流光・報本反始、往古来今・一意奮闘・崇高可憐・切磋琢磨、上下一心・品行方正・崇高冷厳・感慨多端、絶妙可憐・清絶高妙・仁者無敵・至純至高の猛烈怒涛。

と来れば、当代無双・至大至高・最上無二・英明果敢、恍恍惚惚・光彩奪目・一心不乱・終始一貫、欣喜雀躍・手舞足踏・有頂天外・歓天喜地、心満意足・余韻嫋嫋・拍手喝采・恐悦至極と言うしかなかった。    

tkmashi1215

tkmashi1216

★ 立川マシマシ 5号店@御茶ノ水

※公式ツィッター~https://twitter.com/tachikawamashi2?lang=ja
住所/ 東京都千代田区神田駿河台2-4-10   TEL非公開 定休日/基本無休 営業時間/11:00~15:00中休17:00~22:50 ※土祝~21:50 ※日曜~21:00
※アクセス
JR御茶ノ水駅御茶ノ水橋口下車。前方の道路を左手に進み、信号先の左路地を入り30m歩いた左側にあり。


☝1クリック頂けると大変嬉しいです