akatonbo01

朝方まで降り続いた雨が止んでも暗い雲が退くことなく、見上げれば蒼灰色の表層はカンバニューラブルーグレイに染まるばかりのそんな十月神無月二十日の休日金曜日だった。

昨日の2017年10月19日に開業したばかりのこちらで、なんと赤坂と藤沢に以前営業していた、人気店の復活リニューアルオープンを果たしたつけめん専門店らしい。

開業当日から三日間は毎日先着100名限定で、通常価格880円のつけ麺を自分が決めた好きな金額で愉しめるそう。

御代はお客が決めてくれ!と言うことらしい。極端に言えば0円でも食せると言う。しかも利用する製麺所が浅草開化楼と聞けば、もはや本日はこちらしか考えられなかった。

akatonbo02

akatonbo04

akatonbo05

そんなわけで都営地下鉄新宿線電車から、新宿で大江戸線電車に乗り継いで最寄り駅の西新宿五丁目へやって来た。A2出口から出て前方道路を右手に進んで行き、300m程先の熊野神社前交差点を右折。

130m程度歩いた三つ目の右路地を入り、50m先の左路地を曲がり40mほど歩いたころだろうか右側に開業間もないこちらが営業していた。

支払い金額自由と言う特別対応営業だけに、かなりの行列もありえると思ったが、数人が並んでいるだけで何とも取り越し苦労だった。

akatonbo07

akatonbo08

そう待つことなく入店出来ると、先客で満員の盛況なフロアが広がっていた。以前にも某所で見掛けた大御所氏がおられて、やはり話し掛け周囲にバレてもいけないので、横目にしながらも案内されたカウンター席にさりげなく腰掛けた。

本日はデフォルトのつけ麺のみながら、並盛か中盛どちらか選べるそうで、つけ麺中盛をあらかじめ入店直前にお願いしていた。特別対応営業期間中は昼営業のみのようで、23日から28日までは500円提供もする予定らしい。

特製仕様や追加トッピングは対応していないものの後で画像チェックをして気がついたが、入口の広告ポスターをリツイートすれば特別トッピングセットのプレゼントが貰えたようだ。

akatonbo09

akatonbo10

2002年7月30日開業のラーメン赤とんぼ@赤坂四丁目に端を発するこちらのようで、その2号店となるつけめん赤とんぼ@藤沢長後が2007年10月27日に開業している。

2号店がオープンして半年ほどした2008年3月28日に赤坂店が閉店して、藤沢店も残念ながら2014年11月30日に閉店してしまった。

もちろん赤坂と藤沢の店主を務めて来た同じ店主が厨房に立つこちらだそうで、1955年3月4日創業の永福町大勝軒@総本山出身の方らしい。

また2000年に開業して2004年に閉店して行った、永福町大勝軒出身店主の中華麺ふくろう@松陰神社前でも修業経験がある店主だそう。

壁面には幾つもの和風柄があしらわれたタペストリーが飾られていて、掛け時計には両手を上げるひょうきんそうな猫が描かれていた。

akatonbo06

入口を入ったすぐ右側に白木で作られた小型の賽銭箱が据えられていて、その下に代金入れと明記されており帰り際そこへお金を入れる方式らしく、その最低額や最高額はわざと誰も判らない支払いスタイルにしていた。程なく到着。

akatonbo11

akatonbo12

akatonbo13

つけ汁のスープに白葱を小口切りしたものが多めに浮いていて、適度なサイズで厚めの煮豚1枚と半裁された半熟煮玉子も乗り、太めのメンマと刻み青葱に白髪ねぎの上に糸唐辛子があしらわれていた。

ビジュアル的にも申し分なくそれではと行かせて貰えば、これがもう心の芯を打つ至極なかなかの持ち味が実にたまらないもの。

切々とも言える猛攻怒涛の煮干し風味と共にラードが色濃く出たスープで、思わず永福町本家が脳裏を掠めるところだが、こう来たかと言えるものでラードはカメリアではないそうだ。

スープには脂が乗った千葉県産のカタクチイワシ・マイワシ・ウルメイワシそれぞれの煮干しを利用して、醤油ダレのいわゆるカエシには宗太鰹・鯖・本鰹が用いられていると言う。

akatonbo14

akatonbo15

akatonbo16

akatonbo17

akatonbo18

浅草開化楼謹製の店舗オリジナル特注麺が、これまた絶大に素敵な風情だった。多種の小麦粉をブレンドしているのか低加水気味ながら、モチモチと言うよりはプリプリとした風合いが実に素晴らしかった。

個々の具にスープ割りも絶妙で、それだけに気がつけば完食。さて支払い額は幾らにするかと、代金入れの前に。悩んだ末に決めた額は素敵だっただけに、700円という金額で行くかと賽銭箱へ投入。

いや、天上無二・超越猛攻・絶妙可憐・極上清楚、天下逸品・極上品質・謹厳実直・質実剛健、驚愕感動・賛嘆情趣・感謝感激・感涙号泣、荘厳美麗・美味佳肴・一心不乱・終始一貫の感動風情。

そして、格調高雅・絶巧寛雅・気韻生動・英華発外、百花繚乱・光彩陸離・恍恍惚惚・光彩奪目、艶麗繊巧・秀麗皎潔・驚心動魄・感慨無量、群抜美味・怒涛風味・当代無双・至大至高の無尽歓喜。

となれば、感激称美・非凡優美・最上無二・英明果敢、敬服佳味・驚嘆風趣・気炎万丈・意志堅固、十全十美・尽善尽美・空前絶後・激泣喝采、軽妙洒脱・英姿颯爽・心満意足・余韻嫋嫋の猛烈怒涛。

と来れば、一網打尽・悩殺昇天・滋味招来・絶賛感銘、風味絶佳・百様玲瓏・鮮麗妙味・精良博識、冠前絶後・永遠偉大・優美高妙・大慶至極、絶品美味・格別風味・感動品質・感服妙味の激旨秀麗。

であるだけに、完全無欠・猛烈号泣・崇高可憐・切磋琢磨、敢為邁往・聡明剛毅・往古来今・一意奮闘、旭日昇天・無我夢中・先祖伝来・祖先崇拝、誠心誠意・群雄割拠・拍手喝采・恐悦至極の美味怒涛と言うしかなかった。

akatonbo19

akatonbo20

★ つけ麺 赤とんぼ

※公式ツィッター~https://twitter.com/tukemenakatonbo
※麺量(同料金)/並盛230g・中盛300g・大盛450g ※小盛150g対応可
住所/東京都新宿区西新宿4-16-3 定休日/日曜・祝日 営業時間/11:00~15:00中休17:00~21:00 ※スープなくなり次第終了 ※開業記念特別営業期間中は昼営業のみ
※アクセス
都営地下鉄大江戸線西新宿五丁目駅下車。A2出口から出て前方道路を右手に進んで行き、300m程先の熊野神社前交差点を右折。130m程度歩いた三つ目の右路地を入り、50m先の左路地を曲がり40m先の右側にあり。


☝1クリック頂けると大変嬉しいです。