tadokorowbg01

北寄りの風が秋色に染め抜いた街角に涼やかな雨がそぼ降り、蒼灰色の表層はミスティーブルーに染まるそんな十月神無月二十五日の水曜日だった。

また仕事の関係で昼頃まで海浜幕張に居て、それを終え就業先の吉祥寺へ向かう前にラーメンとなって、それならばこちらに立ち寄るかとなった。

tadokorowbg02

tadokorowbg03

tadokorowbg04

tadokorowbg07

そんなわけでJR京葉線海浜幕張駅南口の右手道路を渡り、目前に位置するワールドビジネスガーデンに入って行き、一番奥のマリブダイニング棟の2階で営業するその入口へやって来た。

入口のノートに名前と人数を書き込み、呼ばれるのを待つスタイルのこちらだった。周辺には入店出来るのを待っている先客が、壁面の傍に立っていたり椅子に座っていたりした。

店頭には13時よりつけ麺が大盛り無料になることや、WBGメンバーズカード所有の方は煮玉子無料やチャーシュー丼値引きなどの特典があることが案内されていた。

さらにはニューヨークで展開するRamenMISOYAが、四年連続してミシュランガイドに掲載された案内も。今年も選出されたらしく、今度は五年連続の案内が店先に躍ることになりそうだ。

tadokorowbg05

少し待っていると自分の名前が呼ばれてスタッフについて行き案内されたカウンター席の左端に案内を受けてそこへ腰を降ろした。

以前から触れているように2003年11月開業の味噌屋庄介@千葉小倉台に端を発する、株式会社トライインターナショナルが運営するこちらだ。

今春2017年5月24日開業の直営店らしい、みそ&トマトらーめん田所商店赤坂店にオープン当日訪れたもので、こちらも2013年5月にオープンした直営店だそう。

tadokorowbg08

近年の躍進は目まぐるしいほどで、多くの直営店や暖簾分店がこれまでオープンして来て、ついにグループ店舗が100店に到達したそうだ。千葉県内だけ紹介しても以下の通りで、まずは2005年12月に直営店の麺場田所商店市川行徳街道店。

そして、2005年3月に暖簾分店の麺屋馬琴@千葉鴨川、2007年3月に暖簾分店の蔵出し味噌麺場喜久屋千葉蘇我店、2010年7月に暖簾分店の麺場龍吟@柏花野井店、2013年3月に暖簾分店の蔵出し味噌麺場芝山商店@船橋芝山、2013年3月に暖簾分店の庄介千葉仁戸名店。

2013年5月に暖簾分店の麺場田所商店船橋店、2014年4月に直営店の麺場田所商店千葉北店、2014年5月に暖簾分店の麺場田所商店松戸六高台店、2014年6月に暖簾分店の麺場田所商店印西千葉ニュータウン店、2015年2月に暖簾分店の麺場田所商店松戸二十世紀が丘店。

2015年4月に暖簾分店の麺場田所商店東金店、2015年5月に暖簾分店の麺場田所商店木更津店、そして2009年8月京葉道路武石IC周辺にもちろん直営店の麺場田所商店本店が開業して来た。

tadokorowbg09

味噌らーめんは、やや濃口の八丁味噌の流れを汲む丸大豆が主原料で熟成期間が長い伊勢味噌、やや甘口で麹をたっぷり使った茶褐色で光沢のある江戸味噌、濃口で赤色系の塩分濃度が高い北海道味噌から選ぶこちらだった。

また、希少糖を利用している、そんな案内も見受けられた。それにしても盛況なフロアで、ランチタイムは店頭に多くの待ち客がいつも居るのだろう。定休日は不定休のようで精算レジに今月の10月は、2日(月)・10日(火)・20日(金)・23日(月)・31日(火)が休業になることが謳われていた。

tadokorowbg10

店舗スタッフを呼ばせて頂きカレーの市民アルバとのコラボ限定メニューらしい絶妙スパイス薫る加賀味噌カレーつけ麺が気になりながらも、メニューから北海道味噌味噌漬け炙りチャーシュー麺とミニ味噌チャーハンをオーダーすることにした。まもなくしてサービスサラダが来た。程なく到着。

tadokorowbg11

tadokorowbg12

tadokorowbg13

tadokorowbg19

tadokorowbg20

tadokorowbg21

tadokorowbg22

それではと行かせて貰えば、猛攻怒涛の味噌の味わいが実にたまらないもので、分厚い炙りチャーシューがまた実に素敵で良かった。

豚骨・豚足・鶏ガラ・昆布・野菜を半日以上掛けてじっくり炊いた動物系スープに、合わせた味噌ダレの持ち味の素晴らしさと言ったらなく、その絶妙可憐な風情に麺を啜る速度が次第に上がって行った。

その全てが融合されたことを想定して調整されたものなのだろう、口にし行けば行くほど田所商店ワールドの坩堝に只々引き込まれて行くしかなかった。

ほくほくのポテトフライがまた美味しく、いい相性もあるようでこれまた良かった。味玉子もただならぬ風合いの良さが感じられた。平打ち気味の中太ちぢれ麺が、これまた号泣もの。

企業代表の田所史之氏の実家は、福島白河に在る明治から代々続く味噌醸造元だそう。そんな味噌を知り尽くして、その味噌を愛する氏だからこそ、出来たそんな味噌ダレなのだろう。

tadokorowbg14

tadokorowbg15

チャーハンも濃い風味でパラパラに仕上がっていて、風情も良くなかなかとても美味しいもので、それだけに気がつけば完食だった。

いや、天上無二・超越猛攻・天下逸品・極上品質、格調高雅・絶巧寛雅・美味共鳴・芳醇風情、崇高冷厳・感慨多端・絶妙可憐・極上清楚、気韻生動・英華発外・一心不乱・終始一貫の感動風情。

そして、驚愕感動・賛嘆情趣・艶麗繊巧・秀麗皎潔、群抜美味・怒涛風味・百花繚乱・光彩陸離、空前絶後・激泣喝采・最上無二・英明果敢、当代無双・至大至高・仁者無敵・至純至高の無尽歓喜。

となれば、感激称美・非凡優美・敬服佳味・驚嘆風趣、荘厳美麗・美味佳肴・軽妙洒脱・英姿颯爽、欣喜雀躍・手舞足踏・有頂天外・歓天喜地、恍恍惚惚・光彩奪目・猛攻怒涛・獅子奮迅の猛烈怒涛。

と来れば、一網打尽・悩殺昇天・風味絶佳・百様玲瓏、滋味招来・絶賛感銘・鮮麗妙味・精良博識、上下一心・品行方正・旭日昇天・無我夢中、雲外蒼天・換骨奪胎・美妙巧緻・鮮美透涼の心満意足。

とすれば、優美高妙・大慶至極・冠前絶後・永遠偉大、高論卓越・和而不同・深謀遠慮・理路整然、感動品質・感服妙味・激震佳肴・絶妙風韻、謹厳実直・質実剛健・拍手喝采・恐悦至極の余韻嫋嫋と言うしかなかった。

tadokorowbg18

★ みそ屋 田所商店 WBG店

※企業公式サイト~http://www.misoya.net/    
住所/千葉県千葉市美浜区中瀬2-6-1 WBGマリブダイニング2階
 TEL043-296-1257 定休日/不定休 営業時間/11:00~21:00(20:30LO) ※日曜~17:30(17:00LO)
※アクセス
JR京葉線海浜幕張駅南口の右手道路を渡り、目前に位置する高層ビルのワールドビジネスガーデンに入り、一番奥のマリブダイニング棟の2階にあり。


☝1クリック頂けると大変嬉しいです。