aburasobashin01

南寄りの風そよぐ青空から気持ちのいい陽射しが街を照らして、霞む東京の大気の向こうにスカイツリーが直立していた、遥かなる青い表層はエンペラーブルーに色づく十一月霜月六日の月曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、冷え込むこともなくただ穏やかな夜風がそよぐ、そんな明るい月夜の午後七時過ぎだった。

2017年5月31日に残念ながら閉店して行った大久保中華八十番の店舗跡地に、新たな油そば専門店が一昨日の2017年11月4日からグランドオープンを果たしたとしてそこはやはり気になっていた。

aburasobashin02

aburasobashin03

aburasobashin04

そんなわけで本日こそと、仕事帰り立ち寄ることにした。通勤電車を中央総武緩行線電車にして大久保で下車。

新宿寄りの南口改札を抜け右手に出て、左斜め前方の路地を入って行き120mほど歩いた頃だろうか、小滝橋通り寄りの路地通り沿い左側にこちらが風情も良く佇んでいた。

aburasobashin05

aburasobashin06

aburasobashin07

さっそく入店して行くとすぐ左手にタッチパネル式自販機が据えられていて、その前に立つと、英語・中国語・韓国語にも対応しているバイリンガル券売機だった。

その画面はビジュアルの表記も優れたもので、しかも切替表記部にも画像があしらわれて大変に判り易いものになっていた。

若干の豚バラに極太棒メンマ・ナルト・刻みネギ・刻み海苔が入る油sobaに、標準でかなりの辛味なものの希望すれば調整してくれる辛味噌油soba、そして肉味噌にパクチーがあしらわれる麻婆油soba。

さらにトリュフを目の前で削って提供され生卵が乗る、2200円の数量限定トリュフ油sobaなるゴージャスな油そばも。大盛無料らしくそれを理解しながらも、それならばとメニュー画面を麻婆油sobaへ切り替える。

サイドメニューは肉類は入らないものの生卵が乗るネギ飯と、醤油が効いた特製ダレで軽く下味を付けた豚バラ肉を白飯が隠れるほど乗せる豚しゃぶ丼が用意されていた。

それならばと豚しゃぶ丼セットメニューを選んだ後で、並盛・大盛を押したら麻婆油soba大盛が追加されてしまい、店長さんが直ぐそれに気づいてキャンセルしてくれた。セット時の麺量は、口頭で希望すれば、大丈夫だそう。

そして追加トッピングするかと同じ画面に案内された、スペシャルトッピングのネギゴマ・温泉卵Aセット180円、ネギゴマ・温泉卵・豚バラBセット320円、パクチー・温泉卵Cセットから、Bセットトッピングをセレクトすることに。

ちなみに単品トッピングやサイドメニューにドリンクメニューは、一番下に文字で案内されておりこのボタンは気がつかなかった

aburasobashin08

aburasobashin09

aburasobashin10


振り返り先客一人のカウンター席へ腰を下ろした。白木建材を多様した内装はまるで高級割烹店に迷い込んだかの如く。

店舗コンセプトは寿司屋のようなフロアだそうで、まさしくな雰囲気に思わず大トロにイクラ!と言い放ちたくなるカウンター席だった。

閉店して行った中華八十番とは全く関係ないこちらだそう。自家製麺に無化調シフトらしい。首都圏で営業する某ラーメン店と某中華飯店で合計四年間修業されて来た、そんな経験がある阿部店長さんだそう。

ちなみにツィッターに寄れば店名の書は、2015年国立新美術館雪舟国際美術教会展出展特選受賞など数々の実績を持つ、書家で元女優の岡西祐奈さんにお願いしたものらしい。

なお卓上調味料がやたらお洒落で、冷水ボトルがこれまたレモンがたっぷり入ったもので素敵だった。ふと見ると奥にご飯をよそう、おしゃもじが鎮座していた。さしづめ人気店の地位を、めしとると言った意味合いだろうか。程なく到着。

aburasobashin11

aburasobashin12

aburasobashin13

aburasobashin14

aburasobashin15

白髪ねぎと糸唐辛子で繊細な表現をする麺類に、こちらで久しぶり再会した油そばだった。しっかり掻き混ぜてそれではと行かせて貰えば自家製の油そば用特製だれだそうで、その風情風合いの素晴らしさに思いのほか感動出来で実に良かった。

中太麺のしなやかなコシの良さに、適度にタレがまとわりついて、その絶妙可憐な持ち味はありそうでないだけに号泣出来た。中盤になってから、えびラー油に胡椒と山椒も投入すればやはり良かった。

aburasobashin16

aburasobashin17

aburasobashin18

豚バラ肉がとても素敵でそれだけにそれが入る豚しゃぶ丼もこれまた美味しく、豚しゃぶ丼で残したライスを麺を完食して残ったタレに追い飯よろしく投入して喰らえば更なる感動に包まれた。それだけに、気がつけば完食。

いや、中華奥義・鮮烈風情・絶妙可憐・極上清楚、崇高冷厳・感慨多端・格調高雅・絶巧寛雅、天下逸品・極上品質・秀色神采・風光明媚、気韻生動・英華発外・一心不乱・終始一貫の感動風情。

そして、美味共鳴・芳醇風情・敬服佳味・驚嘆風趣、驚愕感動・賛嘆情趣・百花繚乱・光彩陸離、鮮麗妙味・精良博識・熟達品格・壮麗威風、優美高妙・大慶至極・冠前絶後・永遠偉大の無尽歓喜。

となれば、感激称美・非凡優美・群抜美味・怒涛風味、軽妙洒脱・英姿颯爽・艶麗繊巧・秀麗皎潔、謹厳実直・質実剛健・感謝感激・感涙号泣、仁者無敵・至純至高・当代無双・至大至高の猛烈怒涛。

と来れば、荘厳美麗・美味佳肴・十全十美・尽善尽美、天上無二・超越猛攻・群抜美味・怒涛風味、優婉閑雅・外柔内剛・大悟徹底・気宇壮大、猛攻怒涛・獅子奮迅・拍手喝采・恐悦至極の心満意足。

とすれば、一網打尽・悩殺昇天・風味絶佳・百様玲瓏、滋味招来・絶賛感銘・感動品質・感服妙味、高論卓越・和而不同・深謀遠慮・理路整然、美味怒涛・激旨秀麗・誠心誠意・群雄割拠の余韻嫋嫋と言うしかなかった。

aburasobashin19

★ Japanese noodles 油そば 真

※公式ツィッター~https://twitter.com/soba_japanese
住所/東京都新宿区百人町1-24-8 TEL03-5989-1440 定休日/日曜日 営業時間/11:00~15:00中休17:00~22:00
※アクセス
JR総武線大久保駅下車。南口改札を抜け右手に出て左斜め前方の路地を入って行き、120mほど歩いた小滝橋通り寄りの路地通り沿い左側にあり。


☝1クリック頂けると大変嬉しいです