kijonokuron01

やや霞む青空から冬めく陽射しが煌めいて、強まる冷え込みの所為か大した風でもないのに枯れ葉がはらはらと舞い落ちていた、見上げれば遥かな青い表層はペールアリスブルーに色づくばかりな十一月霜月十七日の休日金曜日だった。

ネットの幾つかの情報に寄れば、つい先日の2017年11月9日人気店である田中商店出身の方が、JR東十条駅北口の東十条銀座商店街通り沿いに、独立を果たして新店を開業させたようだ。

田中商店と言えば多くの系列店が営業しており、少し前にもその一店の田中そば店新橋店を訪ねたものだし、また京成立石駅周辺に今夏オープンしためん処倖佳の店主もまた、田中商店の系列店で修業して独立を果たしたお一人だ。

こちらもやはり同店と同様に、こだわりの中華そばを提供しているようだった。店名が机上の空論とは晴天の霹靂で、言い換えれば絵に書いた餅であり、砂上の楼閣などとも比喩されるもので思わずどのような経緯でそう命名されたのか気になるしかなかった。

kijonokuron02

kijonokuron03

kijonokuron04

そんなわけで秋葉原に出て、京浜東北線快速電車に乗り換え、東十条へやって来た。店舗は風情のいい東十条銀座商店街の奥寄りで営業していて、周囲を散策しながらその店頭に到着した。

kijonokuron05

店内は満員御礼らしく、先客が一人店内で席が空くのを待っていて、しばし外で待っているとまとめて数人の方々が帰って行かれ、それを受けて入店し、入口右手に据えられた券売機の前へ。

麺類メニューは中華そばと煮干し中華そばの二種類で、それに味玉入りや肉増しの追加トッピングメニューのボタンがそれぞれ用意されていた。

それならばと肉煮干し中華そばを選択し、味玉が入らないことを確認してから追加トッピングでそれを選んで、サイドメニューでネギチャーシューご飯があるならとそのボタンも連打することに。

空いた右手奥寄りのカウンター席に、チケットを手渡しながら腰掛けた。そろそろ疲れが出易くなる頃だけに、大変そうな感じの店主で、話し掛けるタイミングを推し量る。

今だと思い挨拶すると、提供順番に手違いがあったらしく、この時期だけにやむを得ないところだろう。少し間を置いて、再度話し掛けた。

kijonokuron07

さっそく店名由来からお聞きして自分的な観点から要約すれば、机上の空論とは実際には役に立たない例えで大事なのはお客様のニーズに即した現実に向き合うことであり、その考えがいつも念頭から外れないために命名したものだそう。

竹製らしき箸立てと爪楊枝入れに、店名が刻印されていたこちらだった。地味な店名だと埋もれてしまう昨今だけに、そうしたところからこうした店名戦略は少なくない。

田中商店系列店の中華そばつし馬@浅草と田中屋@神楽坂に合計4年おられ、これまで修業の道に励んで来た泉店主だそう。今回奥様の多大なるご協力の元、こちらを二人三脚で始めたそうだ。

kijonokuron06

券売機や壁面には木桶仕込・天然醸造と謳う、日本一しょうゆを利用していることが案内されていた。ここ最近新進気鋭のラーメン店でよく目にするようになった。

天明七年創業群馬大間々の地で河内屋の屋号を掲げ醤油醸造業を始めたことに端を発する株式会社岡直三郎商店の商品ブランドで、大正八年には東京町田にも工場を展開し長い間ホンタマ醤油として知られて来た醤油醸造企業らしい。

kijonokuron08

さらには結露して出来た水滴が、表面いっぱいに付着したアルマイト製の丸ヤカンが、喉を潤す冷たい冷水が入っていることを教えていた。また辛子高菜が容器に入れて卓上に置かれてあり、お聞きすると自家調合されたものだそう。

まもなく到着と言う頃入店して来られた方が私のハンドルネームで呼ばれて来て、振り返るといけ麺さんで思わず挨拶し合う店内となった。程なく到着。

kijonokuron09

kijonokuron10

kijonokuron11

kijonokuron12

kijonokuron13

kijonokuron14

それではと行かせて貰えば、人情味豊かな持ち味が下町商店街のように花開く麗しい味わいの一杯で実にたまらないもの。やや縮れた平打ち気味の中太麺が、何とも絶妙可憐で愉しめた。

昔堅気のトラディショナルな風合いで、誰もが臆することなく愉しめる素敵なものだった。鶏ガラに豚骨も効かせた煮干しスープだそう。

チャーシューがもう諸手を挙げて喜べる素晴らしいもので、味玉や岩海苔に蒲鉾、さらにメンマと三ツ葉などもこれまた良かった。

kijonokuron15

kijonokuron16

kijonokuron17

kijonokuron18

ネギチャーシューご飯も、炊き込みご飯に細長く切り揃えた白葱があしらわれて、しみじみと来る風合いで美味しかった。自家製辛子高菜を、そこへ入れると更に良かった。

いけ麺さんがオーダーした中華そばを少し頂いたが、王道の東京中華そばと言う感じでこれまた号泣出来た。それだけに、気がつけば完食。

いや、格調高雅・絶巧寛雅・感激称美・非凡優美、美味共鳴・芳醇風情・誠心誠意・群雄割拠、優美高妙・大慶至極・完全絶後・永遠偉大、壮麗美麗・美味桂肴・卓越妙味・絶妙風雅の感動風情。

そして、典麗風雅・静淑優椀・感謝感激・感涙号泣、崇高可憐・切磋琢磨・絶品美味・格別風味、高論卓越・和而不同・深謀遠慮・理路整然、天下逸品・極上品質・感動品質・感服妙味の無尽歓喜。

と来れば、一意専心・堅忍不抜・威風堂々・公明桂味、驚愕感動・賛嘆情趣・虚心坦懐・一所懸命、風味絶桂・百様玲瓏・遠慮会釈・恩沢洪大、不段節季・積水成淵・激震桂肴・絶妙風韻の猛烈怒涛。

となれば、絶妙可憐・極上清楚・威風旋風・絶品美味、一網打尽・悩殺昇天・高潔無比・清廉格勤、美味怒涛・激旨秀麗・慎始敬終・高山流水、熟達品格・壮麗威風・絶妙激旨・決然感銘、の恐悦至極と言うしかなかった。

kijonokuron19

★ 我的中華そば 机上の空論 (きじょうのくうろん)

住所/東京都北区東十条3-11-6 TEL03-6903-3688 定休日/月曜日 営業時間/11:30~14:30中休17:30~21:00 ※日曜は昼営業のみ ※材料切れ早じまいあり
※アクセスJR京浜東北線東十条駅下車。北口側改札口を右手に出て階段下前から延伸する東十条銀座商店街通りを進んで行き、500mほど歩いた右側にあり。


☝1クリック頂けると大変嬉しいです。