butahiro01

北寄りの風が青空へ煌めくように寒気が上空を支配して、見上げれば青い表層はダボスブルーに彩られていた、何処かまだ秋の残り香漂うそんな十一月霜月二十一日の休日火曜日だった。

国分寺人気店ムタヒロの手掛ける二郎系ラーメン店が、2017年11月19日に一日プレ営業したのち本日の2017年11月21日よりグランドオープンするとして、幸い自休日だけにそれならばとオープン当日訪ねることにした。

butahiro02

butahiro04

そんなわけで快晴の大空が広がる中央線快速電車で国分寺へ一路向かうことに。途中車窓からこの好天もあって、雄大な富士山が遠方に臨めた。御茶ノ水で乗車した電車はタイミング良く特別快速で、国分寺には思っていたより早く到着した。

改札を抜けて右手の南口側に出て、ロータリー手前道路の丸山通りを200mほど歩いた頃だろうか、道路沿い左側に本日オープンしたばかりのこちらが営業していた。

butahiro05

butahiro06

入口から想定内の外列が伸びていて、手前左路地近くが最後尾でおよそ20人強の人数だった。この程度ならそれほどでないだけに、予定通りその後ろに並ぶことに。

30分強ほど待っていると先頭近くになって、もう直ぐ入店となった頃に店内の券売機でチケット購入するよう案内を受けて入口右手据えられたその前に立つ。

ブタメンが小盛150g・中盛200g・大盛300gと麺量が記されていて、麺量100gの女子ブタメンなるボタンも配されていた。なんとなく閉店したラブメン楽々@高円寺の二郎系を思い出すネーミングと言えた。

ブタ1枚90円のボタンを見つけて、それならばとブタメン大300gにブタボタンを3回押して、この際だからとチーズに味玉も連打することにした。

ちなみにカレー玉・カラ玉・シビレ玉・煮干玉なる未だ選べないボタンがあり、その他にもボタンだけ用意されているブタツケやキャベチャー等と共に今後提供して行くものなのだろうか。ともあれ並んでいた場所に戻る。

butahiro07

butahiro08

butahiro09

butahiro11

なお無料トッピングの項目表記が多いこちらで、ヤサイ・アブラ・カラメ・ニンニク・一味・お酢・タバスコと記されていた。

入店直前時にチケットを手渡す際コールのヤサイとニンニクの確認があり、それならばと野菜マシマシ・ニンニク少なめ・アブラ・カラメで希望。カラメは卓上にタレを用意しているそうだった。

どんぶりに当たりが出たら追加トッピングが永久無料!お子様ラーメン無料!と言うことらしい。そうしない内に入店出来て、オーダーしたラーメンの到着を待つ。

2011年9月19日に創業した中華そばムタヒロ1号店@国分寺に端を発するこちらで、その後に2012年9月22日に鶏そばムタヒロ国分寺2号店、そして2013年6月27日にまぜまぜムタヒロ国分寺3号店が開業。

そして2014年6月2日に串あげムタヒロ国分寺4号店、2015年1月9日に中華そばムタヒロ大阪福島店、2015年8月30日に味噌中華そばムタヒロ西国分寺店が開業。

さらに2015年11月26日に中華そばムタヒロ堺東店と海外初進出店となる鶏そばムタヒロ韓国ソウル店が同時オープンし、2016年7月30日には肉中華そばムタヒロ国立店も開業した。

また今夏の2017年7月10日には、ムタヒロ1号店@国分寺の定休月曜限定営業のむたひろ食堂もスタートしている。

ラーメン凪出身の牟田信吾代表を務める株式会社グレートスマイルが運営する国分寺エリアを中心に展開するムタヒロさんだ。ネットに寄れば大阪生まれの牟田信吾代表と昔から相方だった、新井博道氏のお二人の名前からムタヒロと言う店名となったものだが、その二人が厨房に立つのがこのむたひろ食堂だそう。

ふと見るとタンバリンやおもちゃのギターにメガホンがそこかしこに用意されていて、スタッフが呼ぶ際に利用するよう案内されていた。それほど広いフロアでも無いだけに、洒落で置いているようだった。程なく到着。

butahiro12

butahiro13

butahiro14

butahiro15

butahiro16

butahiro17

butahiro18

butahiro19

ヤサイマシマシの追加マシ分だけ別容器に来て、チーズと味玉も別皿でやって来た。何事もビジュアル重視、チャーシューもジューシーが重視だった。

牟田代表は荻窪四麺燈でも修業経験のある方らしいが、軽く一味唐辛子が振られているところなどにその片鱗を感じた。

それではと行かせて貰えば、猛攻怒涛な背脂たっぷりのスープに、迫力満点な凪製麺こと新宿だるま製麺謹製の表面がざらざらした極太平打ち麺で、それはもう実にたまらないもの。

とは言え口当たり自体は意外なほど滑らかで穏やかなスープで、そこをお聞きすると女性にも気軽に愉しめるようライトな二郎系シフトを目指したラーメンだそう。

そんな豚骨清湯スープはそれが功を奏して見た目とは裏腹に、大変に品のいいスープとなっていて気持ちを豊かな気分へさせるだけに、思わずほっこり二郎系と呼びたくなる持ち味だった。それにしても絶妙可憐な豚肉で、その怒涛感はさすが人気店ムタヒロさんと言えた。

チーズを入れるとこれまた大号泣もので、ヤサイマシマシだけに完食危うしかと焦り出した頃、そこは気がつけば完食だった。

いや、太麺餅々・絶妙背脂・華麗品質・牟田二郎、絶妙可憐・極上清楚・絶妙激旨・決然感銘、格調高雅・絶巧寛雅・天下逸品・極上品質、高論卓越・和而不同・深謀遠慮・理路整然の感動風情。

そして、卓越妙味・絶妙風雅・感謝感激・感涙号泣、崇高可憐・切磋琢磨・完全絶後・永遠偉大、壮麗美麗・美味桂肴・感激称美・非凡優美、誠心誠意・群雄割拠・美味共鳴・芳醇風情の無尽歓喜。

となれば、敬服桂味・驚嘆風趣・百花繚乱・光彩陸離、群抜美味・怒涛風味・優美高妙・大慶至極、一意専心・堅忍不抜・風味絶桂・百様玲瓏、一網打尽・悩殺昇天・感動品質・感服妙味の猛烈怒涛。

とすれば、気骨稜稜・温良貞淑・千古不磨・永垂不朽、一心不乱・終始一貫・恍恍惚惚・光彩奪目、謹厳実直・質実剛健・当代無双・至大至高、豚肉超絶・豚肉激旨・上下一心・品行方正の心満意足。

と来れば、絶品美味・格別風味・崇高可憐・切磋琢磨、完全無欠・猛烈号泣・美妙巧緻・鮮美透涼、意気軒昴・感慨多端・敢為邁往・聡明剛毅、旭日昇天・無我夢中・拍手喝采・恐悦至極の余韻嫋々と言うしかなかった。

butahiro20

butahiro21

★ ラーメン ブタヒロ

※公式サイト~http://mutahiro.com/
※公式ツィッター~https://twitter.com/mutahiro
住所/東京都国分寺市南町2-17-9 ARTビル1階 TEL042-301-2215 定休日/月曜日 営業時間/11:30~15:00中休18:00~21:00 ※2017年12月は中休み無し
※アクセス
JR中央線国分寺駅下車。改札を抜けて右手の南口側に出てロータリー手前道路の丸山通りを200mほど歩いた道路沿い左側にあり。


☝1クリック頂けると大変嬉しいです。