kenchanramen01

遥かな神楽月の澄み渡る青空から爽やかに注ぐ陽射しが街角へ煌めいて、見上げれば青い表層はペールスカイブルーに彩られた、そんな十一月霜月二十四日の休日金曜日だった。

たまに百貨店で催される観光物産展で臨時出店するラーメン店にも訪れているが、今回以前から気になっていた山形人気ラーメン店が池袋東武催事で臨時営業するとして出掛けることにした。

kenchanramen02

東武百貨店池袋店8階催事場で2017年11月22日から28日まで開催されるいいもの発見やまがた物産展で営業するそんなラーメン店がこちらだ。魚介ベースと極太ちぢれ麺が相性抜群、山形県No.1の実績を誇る県内有名ラーメン店で、その人気ぶりは絶大だと聞く。

出店するのは創業およそ20年になるケンちゃんラーメン酒田本店の暖簾分け店となる、ケンチャンラーメン山形で2005年1月に開業し本家と違い「ちゃん」をカタカナで表記している。

ちなみに本家店は20年ほど前に営業していた、鈴木そば@山形旧平田町の味分け店として、その直伝の中華そばを提供しているものらしい。その同店名を継承する店舗も、山形鶴岡で現在も営業しているそうだ。

その他の同じ流れを汲む山形県内のケンちゃんラーメンは、山形鶴岡店(旧羽黒店)・山形大宝寺店・山形三川店・山形遊佐店・山形平田店が挙げられる。また山形余目店が2016年5月一度閉店したものの、2016年8月11日復活開業を果たして、さらには秋田県内に上飯島店と象潟店も営業している。

今回出店したケンチャンラーメン山形は、阿部勝重氏が代表を務める有限会社ハイスタンダードが運営するラーメン店で、同社は県内にハード系ベーカリーショップの「KOUB」と「TENN.」も展開しており、広告代理店業も手掛けているそうだ。

kenchanramen03

kenchanramen04

kenchanramen06

kenchanramen07

そんなわけで秋葉原に出て、田端まで快速運転している京浜東北線電車に乗車して、そこから山手線電車に乗り換えまたしても池袋へやって来た。改札口を出たら西口側へ進み地下からデパート内へ入りエレベーターを利用して8階に上がり催事場へ。

壁面寄りで営業しているこちらの店頭に到着すると、かなりの行列が連日出来ているとネットで知らされたが、三日目の本日も正午程ない時間もあってか、30人前後の長蛇の行列が待ち受けていた。

想定内だっただけにその後ろに就くことに。壁面づたいに並ぶと山形の観光ポスターが幾つも貼られていて、物産展の雰囲気が高まり漬け物辺りでも買って帰るかと思いつつ入店出来るのを待つことに。

タイミング的に良かったらしく、10分弱でチケット売り場へ。提供メニューは二者択一で、豪華絢爛な具材が横たわる中華そば東武スペシャルとシンプルながらチャーシュー2枚が乗る中華そば。

やはり200円違い見た目がかなり違うだけに、差し詰め東武特急リバティと各駅停車並みほどと、そこは東武スペシャルを選んだ。

kenchanramen08

kenchanramen10

kenchanramen09

そこを通り過ぎると椅子が数席用意されていて、そこに座っても椅子が温まらない内に、相席の旨告げられてテーブル席へ案内を受けた。そして程なくして、オーダーした東武スペシャルがやって来た。

kenchanramen11

分厚いチャーシュー3枚に刻みチャーシューと半熟味玉子、さらに細切れ背脂と海苔2枚に細長メンマや刻み白ネギが所狭しと詰めるように配されていた。

kenchanramen12

kenchanramen13

kenchanramen14

kenchanramen16

それではと行かせて貰えば猛攻怒涛の極太縮れ麺に、絶妙可憐な清湯醤油スープで、そこになんとも素敵な分厚い激旨チャーシュー。

もうこうなると巨人の星主人公の星飛雄馬になって、涙腺崩壊しながら「俺は今、猛烈に感動している!」と言いたくなるほど。

それにしても温度湿度によってその配合を微妙に変えて、数種類の厳選小麦粉をブレンドした極太極チヂレ麺は日本一と思えるほどだった。

鳥取県境港直送の高品質煮干しをベースにした豚骨・鶏ガラの動物系と数種類の野菜と最高級根昆布使用のスープも、特に味濃いめ脂多めの指定はしなかったがそんな風情風合いに只々打ちのめされるばかりだった。

kenchanramen15

kenchanramen17

kenchanramen18

kenchanramen20

直ぐに頭に浮かんだのは葉山@牛込柳町の中華そばで、そう言えば齊藤幸純店主は山形県酒田市ご出身。もう少しで立ち上がり思わずそうだったのかと、危なく声を上げてしまう所だった。卓上にあったミックス胡椒を振りかけても、これまた素晴らしくそれだけに気がつけば完食。

いや、天上無二・超越猛攻・最上無二・英明果敢、格調高雅・絶巧寛雅・群抜美味・怒涛風味、敬服桂味・驚嘆風趣・感激称美・非凡優美、完全絶後・永遠偉大・優美高妙・大慶至極の感動風情。

そして、美味共鳴・芳醇風情・百花繚乱・光彩陸離、崇高可憐・切磋琢磨・壮麗美麗・美味桂肴、誠心誠意・群雄割拠・感謝感激・感涙号泣、卓越妙味・絶妙風雅・絶品美味・格別風味の無尽歓喜。

と来れば、高論卓越・和而不同・深謀遠慮・理路整然、天下逸品・極上品質・典麗風雅・静淑優椀、美妙巧緻・鮮美透涼・無二刹那・闘魂奥義、完全無欠・猛烈号泣・絶妙激旨・決然感銘の猛烈怒涛。

とすれば、極上清楚・絶妙可憐・意気軒昴・感慨多端、気炎万丈・意志堅固・恐懼感激・感恩徳載、心満意足・余韻嫋々・上下一心・品行方正、威風旋風・絶品妙味・旭日昇天・無我夢中の一網打尽。

となれば、当代無双・至大至高・豚肉超絶・豚肉激旨、太麺餅々・絶妙背脂・祖先伝来・祖先崇拝、崇高冷厳・闘志満々・気骨稜稜・温良貞淑、一心不乱・終始一貫・恍恍惚惚・光彩奪目の悩殺昇天。

もうこう来ると、空前絶後・激泣喝采・気韻生動・英華発外、謹厳実直・質実剛健・猛攻沁々・絶妙均整、美味怒涛・激旨秀麗・崇高可憐・切磋琢磨、前代未聞・大胆不敵・拍手喝采・恐悦至極の名実一体と言うしかなかった。

kenchanramen19

※池袋東武百貨店催事 2017年11月22日~28日開催 いいもの発見やまがた物産展 臨時営業出店

★手打ち中華そば ケンチャンラーメン山形

※公式サイト~http://www.81sta.jp/
住所/山形県山形市西田2-1-17 TEL023-647-0086 定休日/月曜・第1日曜 営業時間/月~金11:00~14:00/土日11:00~20:00
※アクセス
JR山形奥羽本線北山形駅下車。城西1号公園周辺で、県道49号線寄りにあり。


☝1クリック頂けると大変嬉しいです。