kawataka01

寒気の迫り出しは後退したものの北寄りの風が街角の冷え込みを助長させて、爽やかな青空から陽光が注ぎ青い表層はチュイルリーブルーに煌めく十二月師走四日の月曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、朝方の好天に天気予報をよく確認しなかったが、午後から降雨が見られまさかの微量ながらも雨そぼ降る午後七時過ぎだった。

2010年9月1日に開業して2017年7月30日に閉店して行った、ラーメンアキラ@本川越の移転改称リニューアル店になるこちらのようで、2017年9月2日にオープンして以来実は気になっていた。

とは言え国分寺の一つ手前の武蔵小金井が最寄り駅で、仕事帰りのタイミングにその訪問する機会を伺っていただけに時間ばかりが流れてしまった。今夜辺りなら時間的にも余裕があるし、そろそろ落ち着いた頃だろうし、休日前夜もあって行って見るかとなった。

kawataka02

kawataka03

kawataka04

kawataka05

そんなわけで自宅と反対方向の中央線電車に乗って、昨秋以来となる武蔵小金井へやって来た。今夜は南口側に出てロータリー左手の通りを右手に進んで行き、ロータリー先の一つ目の信号交差点を左折。

その農工大通りを20m程歩いた頃だろうか、左側建物入口にラーメンと記された電光看板が据えられていて、ここかと入りその1階通路を進むと奥の右側にこちらが営業していた。

kawataka06

kawataka07

さっそく入店して行くと雨降りもあってか先客ゼロのフロアで、厨房には物静かそうな面持ちの店主が一人おられた。券売機はまだ設定していないらしく、すぐに着席するかとなった。

カウンター席へ座ろうとすると、テーブル席の方へ案内されてそこへ腰掛けることに。すると一蘭の好みを選ぶ用紙を参考にしたような、注文記入用紙がそれぞれの椅子の前に用意されていた。

その用紙を見るとラーメンと中華そばの他にも濃厚味噌ラーメンにつけ麺などがあり、それ以外にも、狂乱の麻婆ラーメン、魅惑の納豆ラーメンが見受けられた。

さらには日によって変わる創作限定メニューらしいムサコ式パスタなる麺メニューがあった。それは来て見ると今夜は、レッドチリカルボ!!と紹介されていた。

豚・味玉・のり増しらしい特製ラーメンをお願いすると、さっぱり味の中華そばもある案内があり、そこはこってりでお願いすることにした。

そして終日半ライス無料または半チャーハン100円提供をウリにするこちらで、そこは勿論オーダーにチェックを入れた。

ちなみに今後の予定がオーダー記入表にさりげなく記述されており、それは寿司とラーメンの融合と鍋焼チゲラーメンとなっていた。

kawataka08

kawataka19

ラーメンアキラ時代には二郎系ラーメンをメインに多彩な麺メニューを提供していたこちらのようだ。店名を変えたのをきっかけにして、二郎系のラーメンは今後は提供する予定は無いそうだ。

するとダブル炭水化物で定評があった、汁なしチャーハンスープレックスはもう陽の目を見ないのか。

ふと壁面を見るとタペストリーが飾られていて、それについて触れると以前に川越で営業していたラーメンアキラの界隈に、県立川越高校があったそうでその常連さんの生徒さんが来てくれて頂いたものだそう。

その高校文化祭のくすのき祭が70周年を迎えたらしく、それを見て店主とその川越高校生との絆の深さを知るところとなった。

なお店主はラーメン店での修業経験は無いものの、都内のイタリア料理店におられたことが一時期だけあったことを教えてくれた。如何にラーメンを愛しているかを話している内に、いつの間にか世間話しがしやすくなっていた。程なく到着。

kawataka09

kawataka10

kawataka11

kawataka12

kawataka13

それではと行かせて貰えば、絶妙可憐な鶏豚感溢れる半濁スープに、啜る村上朝日製麺所謹製の中太ストレート麺が実にたまらないもの。

豚・鶏・魚介のこってりトリプルスープだそうで、家系的な醤油豚骨かと思いきや鶏白湯に半濁豚骨スープを足し背油でコクを増した感じのこちらのスープで、背脂のことについて触れるとそこに鶏油(チーユ)も加えたものだそう。

豚バラ肉らしきチャーシューも、大号泣ものの素晴らしさで、味玉の風合いがまた半端でなかった。

kawataka14

kawataka15

kawataka16

そして半チャーハンがこれまた絶大に素敵なもので、これが100円だなんて何たる大盤振る舞いのこちらなのだと思うしかなかった。それだけに、気がつけば完食。

いや、謹厳実直・質実剛健・気韻生動・英華発外、恍恍惚惚・光彩奪目・一心不乱・終始一貫、欣喜雀躍・手舞足踏・有頂天外・歓天喜地、仁者無敵・至純至高・当代無双・至大至高の感動風情。

そして、気骨稜稜・温良貞淑・千古不磨・永垂不朽、大悟徹底・気宇壮大・崇高可憐・切磋琢磨、美味怒涛・激旨秀麗・猛攻怒涛・獅子奮迅、艶麗繊巧・秀麗皎潔・熟達品格・壮麗威風の無尽歓喜。

となれば、格調高雅・絶巧寛雅・崇高可憐・切磋琢磨、感謝感激・感涙号泣・誠心誠意・群雄割拠、典麗風雅・静淑優椀・純情可憐・無垢一途、卓越妙味・絶妙風雅・百花繚乱・光彩陸離の猛烈怒涛と言うしかなかった。

kawataka17

kawataka18

★ ラーメンカワタカ

※公式ツィッター~https://twitter.com/akira20100901
住所/東京都小金井市本町1-9-5 スカイラーク小金井104 定休日/不定休 ※休業時ツィッター公表あり 営業時間/11:30~14:30中休17:30~22:00
※アクセス
JR中央線武蔵小金井駅下車。南口に出てロータリー左手の通りを右手に進んで行きロータリー先の一つ目の信号交差点を左折し、その農工大通りを20m程歩いた左側建物1階通路奥の右側にあり。


☝1クリック頂けると大変嬉しいです。