koroh01

南寄りの風が冷え込みを緩和させて仰げば青空が広がるものの、何処かすっきりとしない雲が広がりそれを灰色気味にしていた、そんな青白灰色の表層はパールブルーグレイに染まる十二月師走十六日の週末土曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、一日を象徴するかのような穏やかな夜風が心地そよぐ、煌めく星さがす冬至も近い午後七時過ぎだった。



koroh14

2017年12月3日に駒込駅から徒歩圏内の不忍通り沿いに、二郎系のラーメンも提供する新店がオープンしたとしてそこは気になっていた。

いけ麺さんのブログに寄ればこちらの店主はらーめん神勢。が展開していた、2010年2月22日に開業して今夏の2017年8月31日閉店してしまった、縄麺男山@本郷三丁目の出身らしい。土曜日だけにがっつり行きたくなったこともあり、それならば本日こそと仕事帰り立ち寄ることにした。

koroh02

そんなわけで、通勤電車を新宿で山手線外回り電車に乗り換え、久しぶり駒込で下車。田端寄りの東口改札を抜け右手に出て、前方のアザレア通りを歩いて行った。

koroh03

その通りを700mほど行くと不忍通りで、そこに出たら横断してから左手へ進む。そして40m歩いた頃だろうか、右側に風情も良くこちらが佇んでいた。

koroh04

さっそく入店して行くと、そこそこに盛況なフロアが広がっていた。券売機のない店内で、空いていた入口寄りのカウンター席に腰掛ける。背中の壁面には、殴り書きの案内があった。

目の前にあったメニューリストを手に取り、先客が口にしていたつけ麺がなかなか美味しそうだったこともあってそれを全部入りでお願いすることにした。

特製味噌らーめんが、イチ押しのこちらだそう。休止してしまった豆腐フロマージュ仕様は、20日からまた提供する予定だそう。そちらのスープはあっさり清湯系らしく、なんと二つのスープを炊いているそうだった。ちなみに女性の方は、トッピング1個サービスらしい。

やはり西新井某店と、繋がりがあるこちらだった。その店主にラーメンの作り方の手ほどきを受けたそうだ。年内は火曜日を定休日にして、厨房改善工事を行って行く予定だそう。

また店名について触れると、お名前がコウイチロウだそうで、なるほどだった。程なく到着。先精算方式のこちらで、その支払いのタイミングは状況次第のようで、後続客は既に精算を済ませていたが私はこの時点での支払いとなった。

koroh05

koroh06

koroh07

koroh08

koroh09

それは如何にもな、完全無欠の二郎系つけ麺がやって来た。それではと行かせて貰えば、猛攻怒涛の風情風合いが実にたまらないもの。独特にして王道感あるスープで、浅く熟成させた太麺がそれを適度にまとわせて、思わず啜る速度が次第に高まって行った。

生姜と胡麻の風味を効かせ背油が多めに浮かせたこってり豚骨スープに、推測通りに西新井某店同様の本家自家製麺だそう。

koroh10

koroh11

koroh12

多めに入る乱切りチャーシューが絶大に素晴らしく、モヤシに味玉等の具材も素敵で、スープ割りも風味豊かな持ち味にしみじみと愉しめ、それだけに気がつけば完食だった。

いや、一網打尽・悩殺昇天・風味絶桂・百様玲瓏、怒涛燦燦・涙腺崩壊・感動品質・感服妙味、豚肉激旨・野菜怒涛・太麺餅々・絶妙背脂、絢爛華麗・面向不背・威風旋風・絶品美味の感動風情。

そして、優美高妙・大慶至極・完全絶後・永遠偉大、高論卓越・和而不同・深謀遠慮・理路整然、卓越妙味・絶妙風雅・美味共鳴・芳醇風情、感謝感激・感涙号泣・誠心誠意・群雄割拠の無尽歓喜。

と来れば、円熟無礙・威風凛然・意気軒昴・感慨多端、絶妙激旨・決然感銘・仁者無敵・至純至高、崇高冷厳・闘志満々・一心不乱・終始一貫、恐懼感激・感恩徳載・旭日昇天・無我夢中の猛烈怒涛。

となれば、千古不磨・永垂不朽・気骨稜稜・温良貞淑、豚肉豊満・豚肉怒涛・豚肉超絶・豚肉激旨、気韻生動・英華発外・謹厳実直・質実剛健、心満意足・余韻嫋々・拍手喝采・恐悦至極の圧巻極致と言うしかなかった。

koroh13

koroh15

★ 麺屋 コウロウ

※公式ツィッター~https://twitter.com/shibainuhati
住所/東京都文京区本駒込5-41-5 松岡ビル1階 TEL非公開 定休日/火曜(暫定) 営業時間/11:30~14:30中休17:30~23:00
※アクセス
JR山手線駒込駅下車。東口改札を右手に出て前方のアザレア通りを700mほど歩いて行き、不忍通りに出たら横断してから左手に進み40m歩いた右側にあり。



☝1クリック頂けると大変嬉しいです。