hakatafukuro01

都会の怪訝を嫌うように朝方爽やかな青空から陽射しが閃いて、見上げれば雲の多い青い表層はメイブルーに彩られていた、また冷え込み加速する十二月師走二十一日の木曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、穏やかな夜風は慣れた所為かそれほどに寒く感じなかったそんな午後七時過ぎだった。

先日も五反田の新店を訪ねたばかりだが、こちらもつい数日前の2017年12月18日に、五反田周辺でオープンしたようだ。昨日まではメイン麺メニューが、500円の特別価格で振る舞われたらしい。

その麺メインメニューがこちらのウリで、福岡の地元に花開いてそれほどの歴史はないものの、確実にその地に根差したご当地系ラーメンと言えそうな博多豚骨担々麺だそう。

都内は担々麺ブームが続く中だけに、そのタイミングを逸することなく開業させた、そんな元祖店の流れを汲む都内進出店となるこちらのようだ。

hakatafukuro02

hakatafukuro03

hakatafukuro04

そんなわけでそれだけに気になるところとなって、仕事帰り今夜こそとなり立ち寄ることにした。新宿で山手線の内回り電車に乗り、今夜もまた五反田へ降り立った。先日とは反対側の出口に出て右手へ。

そんな西口側右手にある桜田通りの横断歩道を渡ったら左手に進み、程ない右路地を入って行く。

その通りを150mほど歩いた頃だろうか、そこにある右路地を曲がると直ぐ右側に、こちらが風情も良く佇んでいた。なんと隣りの店舗は、某二郎系ラーメンチェーン店だった。

hakatafukuro06

さっそく入店して行くと、ほぼ半分近い席が埋まる店内が広がっていた。ふと見ると入口右手に、券売機が待ち受けていた。さりげなく厨房のスタッフの方に相談しながらも悩んで決めたのは、デフォルトメニューの博多豚骨担々麺だった。

そして肉味噌ご飯セットと言うのがあったので、廉価気味もあってそのボタンを連打することに。ちなみに券売機には、トマト担々麺や極旨カレー担々麺に、汁なし担々麺等のメニューが見受けられた。

そして押せないようになっているボタンには、博多豚骨ちゃんぽんや博多太めん皿うどん、さらには焼めしや焼餃子があった。なお17時まで、ライス無料らしい。

hakatafukuro07

奥に先客の方が寄り集まっていたので、入口付近のカウンター席にチケットを置いてから腰を下ろした。手前におられたスタッフは森店長さんで、薬院本店で修業されたそう。厨房の奥にはその本店から、来られた方がおられた。思わず前半はネットで調べたことを、確認させて貰うことに終始した。

2005年5月創業のまるみや@福岡薬院の流れを汲むこちらだそうで、ちなみにその店主は2012年4月に有吉商店を開業させて今日に至っているそうだ。

そのまるみや跡地店舗を引き継いで、2012年10月に薬院本店をオープンさせたのがこちらだそうで、その経営企業はその時点で変わり、新たな出発を遂げた博多豚骨担々麺らしかった。

その後に開業させた店舗は国内ならぬ、ベトナム社会主義共和国のホーチミン市で、2015年3月7日その日本人街に博多家ふくろうとして現在も営業している。

そして昨年は立て続けに、九州エリアで3店舗がオープンしている。2016年2月20日に警固(けご)店、2016年3月10日焼肉梟からリニューアルオープンした天神店、2016年4月22日に新田屋梟がそれぞれ営業を開始した。福岡の店舗ではホルモン等の焼肉も、担々麺等と共に提供しているようだ。

hakatafukuro05

なお流れを汲むまるみやの担々麺に対して、鶏肉だけだった挽き肉に豚肉も利用し、焦がしニンニク油のマー油を垂らしたものだそう。

また以前営業していたピカンテさんとは、似たような提供メニューがあったものの全く関係ない間柄のようだった。程なく到着。

hakatafukuro08

hakatafukuro09

hakatafukuro10

hakatafukuro11

hakatafukuro12

hakatafukuro13

hakatafukuro14

hakatafukuro15

hakatafukuro16

それではと行かせて貰えば、なかなかの持ち味があって、それは実にたまらないもの。茹でたモヤシが多めに入り、辛みの効いたさらっとした豚骨スープに軽くマー油が効いて、コシの強いやや細の中太縮れ麺が個性を出していた。

豚肉が多めの挽き肉が、また良かった。それだけに、肉味噌ご飯がまた美味しかった。思わず替玉を購入し、何か追加トッピングするかとキクラゲのチケットも買い足して、さらに博多豚骨担々麺ワールドを堪能。

ラストに肉味噌ご飯へ担々麺スープを投入し担々オジヤとして愉しんだ。何とも言えない奥ゆかしい後味の良さもあって、それだけに気がつけば完食だった。

いや、美味怒涛・激旨秀麗・熟達品格・壮麗威風、感謝感激・感涙号泣・誠心誠意・群雄割拠、威風凛々・十日一水・絶妙均整・猛攻沁々、艶麗繊巧・秀麗皎潔・千古不磨・名実一体の感動風情。

そして、幽趣佳境・静寂閑雅・祖先伝来・祖先崇拝、絢爛華麗・面向不背・威風旋風・絶品美味、崇高清純・切磋琢磨・旭日昇天・無我夢中、絶妙至純・極上清楚・熟達品格・壮麗威風の無尽歓喜。

と来れば、円熟無礙・威風凛然・一心不乱・終始一貫、絶妙激旨・決然感銘・敢為邁往・聡明剛毅、美妙巧緻・鮮美透涼・優椀閑雅・外柔内剛、意気軒昴・感慨多端・恍恍惚惚・光彩奪目の猛烈怒涛。

となれば、一網打尽・悩殺昇天・怒涛燦燦・涙腺崩壊、恐懼感激・感恩徳載、気骨稜稜・温良貞淑、一意専心・堅忍不抜・高潔無比・清廉格勤、感動品質・感服妙味・拍手喝采・恐悦至極の圧巻極致と言うしかなかった。

hakatafukuro18

hakatafukuro19

★ 博多担々麺 梟 東京五反田店

※公式フェイスブックはこちら
住所/東京都品川区西五反田2-10-8 ドルミ五反田ドゥメゾン1階 TEL03-6417-0296 定休日/日曜日 営業時間/11:00~24:00
※アクセス
JR五反田駅下車。西口側に出て右手に進み桜田通りの横断歩道を渡ったら左手に進み程ない右路地を入り150mほど先の右路地を曲がり直ぐ右側にあり。



☝1クリック頂けると大変嬉しいです。