toricurabu01

乾いた北西寄りの風が枯れ枝の隙間を抜け青空からそそぐ陽射しが朝方赤みを帯び街角を照らしていた、青い表層はパーマネントブルーに色めく十二月師走二十三日の週末土曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば街角は、そこかしこに眩しいくらいのクリスマスイルミネーションが輝く、そんな午後七時過ぎだった。

toricurabu02

つい先日の2017年12月11日神保町駅の直ぐ傍に、鶏と蟹をウリにしたラーメン店がオープンしたようで、蟹を英語にするとクラブだがその名も麺屋とりくらぶだそう。

きなり屋が閉店した跡地に2012年6月10日開業した、匠の麺処逢縁喜のリニューアル店らしい。と言うことは2009年5月20日開業の鶏とんこつらぁめん戸みら伊本舗@上野の姉妹店で、それを同店でお聞きしたものだ。

とすれば、2011年10月23日開業の創作らぁめん極や神保町店、2013年12月8日開業の創作らぁめん極や麹町店、さらに2015年5月24日開業のTOMIRAI@代々木の系列店のようだ。2017年2月1日開業のラーメン戸みら伊@横浜伊勢佐木町店に、さらに2017年12月10日開業したばかりの、麺屋いし川@人形町もそのようだった。

戸みら伊本舗のラーメンは、豚骨・豚肉・牛肉・鶏・野菜・海産物のエキスを効かせたものだが、こちらはそこに蟹がどのように介在したものなのだろうか。

ここ最近のラーメンフリークが口にしている蟹風味ラーメンと言えば、甲殻を粉砕したものや蟹味噌を、これでもかとたっぷり投入したものが幅を利かせている。

こちらもそうした怒涛蟹風味ラーメンと言う感じなのだろうか。そこら辺が気になるところとなって、それならばと仕事帰り立ち寄ることにした。

toricurabu03

toricurabu17

toricurabu04

そんなわけで通勤電車を新宿で降りて、都営地下鉄新宿線電車に乗り換え、またしても神保町に降り立った。A4出口から外に出て、前方の白山通りを左手に進むと程ない左側にこちらが風情も良く佇んでいた。

toricurabu05

toricurabu06

toricurabu07

toricurabu08

入店して行くと凝った造りの内装で、良い雰囲気を醸す小物がそこかしこにあしらわれていた。右手に券売機が据えられていてその前に立つ。そもそも白醤油仕様と黒醤油仕様の鶏とんこつらぁめんにも、蟹の出汁が効かせているのだろうか。

そこら辺をスタッフにお聞きするとスープに蟹は入っていなそうで、渡り蟹の内子と上海蟹みそらぁめんにその表記したものが具として乗せてあるのだそう。

それを受けてそれならばとなるもので、渡り蟹の内子と上海蟹みそらぁめんを選んで、カニ増量トッピングと言うボタンがあったのでそれを思わず連打することに。そして例によって、チャーシュー丼があるならと、さらにそのボタンを連打することにした。

振り返ると数人の先客が居て、スタンダードナンバーらしきジャズのBGMが適度な音量で鳴り響いて、風情あるフロアをより華やかにしていた。奥寄りの椅子に腰掛けさせて貰い、チケットを手渡しながらもそこへ腰を下ろす。

それにしてもお洒落な調度品ばかりで、内装を手掛けた方のセンスは並々ならないものを感じるしかなかった。程なく到着。

toricurabu09

toricurabu10

toricurabu11

toricurabu12

toricurabu13

toricurabu14

カニ白子餡らしきものが、多めに大判チャーシューの上へ乗せられていた。それではと行かせて貰えば、淡く表現された蟹の上品な風味が、爽やかなそよ風のように五感を震わせるもの。

高級中国料理店で蟹風味と言えば、こうした味わい深い持ち味であり、思わず優雅な世界観を堪能するばかりだった。中太気味のストレート麺も、絶妙な風合いだった。

そう言えば上野戸みら伊本舗のレポートでも触れているように、こちらの総料理長は赤坂四川飯店の御出身であった。

toricurabu15

toricurabu16

それだけにチャーシューも美味しく、チャーシュー丼の味付けもまた素敵で、それ故に気がつけば完食だった。

いや、格調高雅・絶巧寛雅・感激称美・非凡優美、卓越妙味・絶妙風雅・壮麗美麗・美味桂肴、高論卓越・和而不同・深謀遠慮・理路整然、美味共鳴・芳醇風情・天下逸品・極上品質の感動風情。

そして、完全絶後・永遠偉大・優美高妙・大慶至極、純情可憐・無垢一途・百花繚乱・光彩陸離、感謝感激・感涙号泣・誠心誠意・群雄割拠、敬服桂味・驚嘆風趣・絶品美味・格別風味の無尽歓喜。

となれば、千古不磨・永垂不朽・気骨稜稜・温良貞淑、謹厳実直・質実剛健・一心不乱・終始一貫、崇高清純・切磋琢磨・絶妙至純・極上清楚、円熟無礙・威風凛然・絶妙激旨・決然感銘の圧巻極致。

と来れば、敢為邁往・聡明剛毅・仁者無敵・至純至高、美妙巧緻・鮮美透涼・一意専心・堅忍不抜、威風凛々・十日一水・熟達品格・壮麗威風、恍恍惚惚・光彩奪目・拍手喝采・恐悦至極の老巧精妙と言うしかなかった。

toricurabu19

toricurabu18

★ 麺屋 とりくらぶ

住所/東京都千代田区神田神保町2-14-15 TEL03-3556-8786 定休日/無休 営業時間/11:00~23:30 ※日曜のみ~22:00
※アクセス
都営地下鉄新宿線他神保町駅下車。A4出口から出て、前方の白山通りを左手へ進み、程ない左側にあり。



☝1クリック頂けると大変嬉しいです。