ichigayaikaruga01

透き通った飴細工のように煌めく青空から陽射しが注い で、大晦日も直ぐそこになって来た強い冬型の気圧配置が続く、青い表層はブリリアントブルーに彩られた十二月二十九日の休日金曜日だった。

先日は九段斑鳩出身店主が開業させた手打式超多加水麺ののくら@亀有を訪れたものだが、そう言えば行こうと考えていた斑鳩市ヶ谷本店に未だ訪ねていなかった。

ichigayaikaruga02

昨春プレオープンを果たして営業がスタートしたこちらで、グランドオープンしたら訪問しようとしていた。もうあれから1年半の歳月が経過しており、直ぐに本格的な営業をしているところだろう。

公式サイトの案内によれば、市ヶ谷本店の年末年始休業は2017年12月30日から2018年1月3日だそう。年末年始休業前日のラーメン店が多いなか、それならばそんなこちらに本日こそとなって出掛けることにした。

ちなみに東京駅斑鳩東京の中華そばちよがみは東京ラーメンストリートで営業しているだけに、他店舗も含めて元旦は一部店舗が18時閉店なもののそれ以外は大晦日から三日まで全店が23時頃まで営業している。

ichigayaikaruga03

ichigayaikaruga04

そんなわけで公式サイトで知った、期間限定の太麺な濃厚らー麺もあって、それ目当てにこちらを訪ねることにした。

総武緩行線電車に揺られ、またしても市ヶ谷に降り立つ。駅出口前の靖国通りを九段方面に400m近く歩いた頃だろうか、そこにある東郷公園入口信号交差点手前傍通り沿いの右側に風情も良くこちらが佇んでいた。

アパレル企業の飲食事業部門として2000年4月19日創業させた店舗は、ビル老朽化のため惜しまれながらも2015年5月2日にその幕を降ろした。

そんな斑鳩本店が2016年4月27日、市ヶ谷駅周辺の靖国通りで再開した。なお、2011年4月8日に東京駅斑鳩、2015年6月18日に東京の中華そばちよがみが、その系列店として営業している。

ふと腕時計を見ると、午前12時15分頃だった。実は限定のラーメンは午前12時半から提供開始でしかも10杯限定と言うもの。ともあれ一度は店頭に出来ていた、四人ほどの外列に並んだ。

ichigayaikaruga05

ichigayaikaruga06

ichigayaikaruga07

しかしこちらではチケットを券売機で購入してから並ぶルールであることに気づき、一度店頭から離れ提供開始時間に再度店頭に立ち入店。その頃には、行列が解消していた。

券売機の前に立つと、サイドメニューがないことに気づいた。それならばと特製太麺な濃厚らー麺に、大盛のボタンを連打することに。

ichigayaikaruga08

チケットを取り出して振り返ると、カウンター席一番手前の椅子に案内を受けてそこへ腰掛けた。以前のように江戸切子細工らしき、風情のいいガラスコップが用意されていて、そこに冷水ボトルを手にして冷たい水を注いだ。

さりげなく傍におられた厨房スタッフに、いつからグランドオープンしたのかを確認してみる。すると意外な返事が、返って来た。

なんと現在もそのまま、仮営業中なんだそう。今後これから、グランドオープンして行く予定だと言う。確かに袖看板等のスペースには店名が入っておらず、杏仁プリンやライスメニューが、提供されておらずなるほどだった。

推測になってしまうが、もしかして将来創業地などに更なる移転をしてから、そこでグランドオープンを果たすのだろうか。

ichigayaikaruga18

またよく知るサイトでこちらの店名由来が紹介されていて、その文脈からして聖徳太子が制定した十七条憲法の一文である、「和を以って貴しとなす」から来ているように感じられた。

主体性を持って協調して行く姿勢が大事である教えを説くもので、そこから転じて聖徳太子が現在の奈良に造営した斑鳩宮から命名した店名のようだった。

坂井保臣店主がおられたら、そこら辺をお聞きしたかったが厨房には居なかった。程なく到着。

ichigayaikaruga09

ichigayaikaruga10

ichigayaikaruga11

ichigayaikaruga12

ichigayaikaruga13

通常提供している麺の2倍幅の硬めシフトで、味濃いめ・油多め・鰹節強め・刻みネギ入りと言う限定ラーメンだそう。また特製仕様は煮玉子とチャーシュー2枚に、穂先メンマ1本・海苔1枚が追加されるものだった。

それではと行かせて貰えば、その絶大なる濃厚魚介豚骨が実にたまらないもの。移転リニューアルオープンに際してブラッシュアップを図ったことを聞いたが、なるほど瀞み豊かでこれは素敵だった。

青葉インスパイア系の先駆け的な存在で、濃厚な魚介風味の無化調ラーメンであるだけに、絶対的な人気を博すことになったものだ。

こだわりの豚骨主体スープと、超一級の本枯節や利尻昆布等を利用した、魚介出汁のWスープと言う基本は変わらないようだ。

それを象徴するような濃厚な味わいが、猛攻怒涛の如く押し寄せて来た。完全独学だけに何処とも違う風合いながら、一度ハマると一気に花開く持ち味に魅了されるこちらだ。

大成食品謹製の極太領域な、平打ちストレート麺がこれまた良かった。それだけに、気がつけば完食。

ichigayaikaruga15

ichigayaikaruga16

ちなみにこちらを出た後靖国神社前で営業している、パンケーキ人気店gram (グラム) の九段下店で冬季限定らしきいちごのモンブランツリーを堪能。

またその周辺に位置する昭和8年創業の老舗洋菓子店ゴンドラに立ち寄り、パウンドケーキやマドレーヌ等をテイクアウトしてから帰宅した。

いや、聖徳太子・用和為貴・聡明叡知・治覧深識、怒涛燦燦・涙腺崩壊・才気換発・首尾一貫、絶妙至純・極上清楚・敢為邁往・聡明剛毅、崇高清純・切磋琢磨・意気軒昴・感慨多端、の感動風情。

そして、空前絶後・激泣喝采・美味怒涛・激旨秀麗、大悟徹底・気宇壮大・恐懼感激・感恩徳載、当代無双・至大至高・仁者無敵・至純至高、天下逸品・極上品質・典麗風雅・静淑優椀の無尽歓喜。

と来れば、格調高雅・絶巧寛雅・純情可憐・無垢一途、誠心誠意・群雄割拠・感激称美・非凡優美、高論卓越・和而不同・深謀遠慮・理路整然、優美高妙・大慶至極・完全絶後・永遠偉大の猛烈怒涛。

とすれば、群抜美味・怒涛風味・卓越妙味・絶妙風雅、美味共鳴・芳醇風情・壮麗美麗・美味桂肴、絶品美味・格別風味・百花繚乱・光彩陸離、最上無二・英明果敢・敬服桂味・驚嘆風趣の圧巻極致。

となれば、美味怒涛・激旨秀麗・威風凛々・十日一水、千古不磨・名実一体・幽趣佳境・静寂閑雅、円熟無礙・威風凛然・千古不磨・永垂不朽、心満意足・余韻嫋々・拍手喝采・恐悦至極の老巧精妙と言うしかなかった。

ichigayaikaruga14

ichigayaikaruga17

★ 九段 斑鳩 市ヶ谷本店

※公式サイト~https://www.ikaruga.tokyo/
住所/東京都千代田区九段南4-7-16 第五DMJビル1階 TEL03-3239-2622 定休日/日曜・月曜・火曜 営業時間/11:30~14:30 ※プレオープン営業継続中
※アクセス
JR中央総武緩行線市ヶ谷駅下車。駅出口前の靖国通りを九段方面に400m近く歩いた、東郷公園入口信号交差点手前そば通り沿いの右側にあり。


☝1クリック頂けると大変嬉しいです