kanoto01

爽快な青空から目映い陽射しが煌めいて、北西寄りの強い風は穏やかになったものの上空の寒気は変わらず、見上げれば青い表層はクリームソーダフィズブルーに色づく一月睦月四日の木曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、三が日が過ぎれば街の息吹が入れ替わり、ともあれ穏やかに冷え込むそんな午後七時過ぎだった。

kanoto02

2017年11月13日に株式会社アスラポート・ダイニングのどさん子事業本部が手掛ける、辛味噌ラーメン店がオープンして気になっていた。

実は開業当日に訪ねたものの想定以上の混雑だったようで、早終いしていて提供するラーメンにをありつけずにいた。そんなわけでそろそろ落ち着いた頃だろうとなって、今夜こそと仕事帰り立ち寄ることにした。

kanoto03

kanoto04

通勤電車の中央線快速を四ツ谷で緩行線電車に乗り換え市ヶ谷で下車。改札口左側の靖国通りを横断歩道を渡り、左側歩道に行ってから九段方面に進んで、50mほど歩いた頃だろうか左手にこちらが営業していた。

kanoto21

kanoto05

さっそく入店して行くと左側にタッチパネル式の券売機が待ち受けていて、見るとバイリンガル対応のものでまずは辛味噌か激辛かどちらかを選ぶようになっていた。

そこで辛味噌を選ぶと画面が変わり、そこで予定通り辛味噌かのと市ヶ谷盛り8コロの大盛を選択することにした。そしてライ玉なるサイドメニューをさらに連打して、精算を済ませチケットを取り、厨房前のカウンター席に腰を下ろした。

kanoto07

kanoto08

目の前にあるテーブルカウンターの衝立には、乾燥した唐辛子と八角がディスプレイされていた。受け取り口に液晶モニターがあり、出来上がり次第受け取るセルフ方式スタイルのこちらだった。

フランチャイズ化を見据えた店舗造りと言うことらしい。提供メニューにある㎝の数はチャーシューの合計厚みのようだった。市ヶ谷盛りは大きめに角切りされたチャーシューが乗るものだそう。

毎月29日のみ提供するSPかのと肉道10cmは、数量限定で1cm厚チャーシューが10枚も乗せて税込1000円と言うお得メニューらしくインスタ映えも意識したものらしかった。

またライ玉はライスと温玉を略した、そんなサイドメニュー名だった。なお激辛の場合は唐辛子・山椒・無臭ニンニクが入る辛玉が別添えされるようで、好きなタイミングとその量が調節出来るようだ。

kanoto10

kanoto11

株式会社アスラポート・ダイニングは傘下企業の3社と共に、ラーメンチェーンどさん子やみそ膳を展開する新生した株式会社どさん子の合計4社を2017年4月1日吸収合併させた。

ちなみに吸収したグループ企業の3社は、株式会社とり鉄、株式会社プライム・リンク、レゾナンスダイニング株式会社となる。どさん子事業本部として昨秋には、堀切系ラーメンチェーンで知られるラーメン大とFC契約を交わした。

それにより、2017年10月6日大阪市淀川区にラーメン大 十三西口店、2017年12月1日大阪府吹田市にラーメン大 関大前店をオープンさせた。また昨年暮れの2017年12月25日には、中国四川省成都に「札幌味噌膳 成都店」も開業させている。

吸収合併したどさん子運営企業は、墨田区八広に1961年創業した餃子飯店つたやに端を発する。1967年よりスタートした札幌ラーメンどさん子の主ブランド店舗は、その10年後辺りにおよそ1200店舗にも達したと言う。

株式会社ホッコクが運営企業として知られるが、2012年に株式会社どさん子と改称して、その後に新生した企業となっていた。

kanoto13

程なく自分のチケットナンバーが呼ばれて提供口の前に。ライスはセルフ方式もあって、茶碗へ自由によそえるものの、勿論こちらではおかわりは出来ないようだった。

kanoto12

kanoto15

kanoto16

kanoto17

kanoto18

それではと行かせて貰えば、マイルドな持ち味の淡麗系味噌スープに、やや強めの辛味を加えたもので、太めの麺の風合いの良さもあってなかなかの風情が素敵と言えるもの。

味噌が前面から来てサラっとした風合いであり、それだけに口にし易いスープだった。北海道産特製味噌に10種類のスパイスをオリジナル配合した辛味噌スープに、北海道産小麦を100%使用した、どさん子伝統の中太ちぢれ麺だそう。

300gのもやしや青ねぎに温玉も添えられるもので、チャーシューも実にとても良かった。卓上にオリーブオイルとビネガーにニンニクが用意されていて、オリーブオイルを少し入れて見たが健康的そうで素敵だった。

kanoto19

kanoto20

ライ玉に角切りチャーシューを数個乗せて温玉も入れ、そこに醤油を垂らして前半はTKGとして愉しみ、後半はそこに辛味噌スープを入れオジヤとして愉しみこれまた良かった。それだけに、気がつけば完食。

いや、威風堂々・公明桂味・虚心坦懐・一所懸命、不段節季・積水成淵・一意専心・堅忍不抜、遠慮会釈・恩沢洪大・金剛不懐・志操堅固、星河一天・山紫水明・威風凛々・十日一水の老巧精妙。

そして、堅守速攻・百拳百凄・明鏡止水・泰然自若、太麺餅々・絶妙豚肉・熟達品格・壮麗威風、美妙巧緻・鮮美透涼・気炎万丈・意志堅固、猛攻怒涛・獅子奮迅・拍手喝采・恐悦至極の猛烈怒涛と言うしかなかった。

kanoto22

★ 辛味噌麺 かのと 市ヶ谷店

※公式サイト~http://www.dskgroup.co.jp/brand/kanoto.html
住所/東京都千代田区九段北4-2-11 第2星光ビル1階 TEL03-6261-1930 定休日/日曜・祝日 営業時間/11:00~23:00 ※土曜~21:00
※アクセス
JR中央総武緩行線市ヶ谷駅下車。改札口左側の靖国通りを横断歩道を渡って左側歩道に行ってから九段方面に進み50mほど歩いた左手にあり。


☝1クリック頂けると大変嬉しいです。