takashin201

晴れ渡る快晴の空から緩やかな陽射しがふり注ぎ若干強い北西風がそよいでいた、見上げれば青い表層はレインボーブルーに色めく松納めにドアのしめ飾りを外して出掛けた一月睦月七日の日曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、穏やかに冷え込んだ夜風が漂う、ともあれ北の街の如く冬めくそんな午後七時過ぎだった。

takashin202

濃いキャラクターを売りにして営業する油そば店が1階でオープンしたビルの地下で、その三日後の2017年11月26日に開業したこちらで、その開業初日に立ち寄ると印象の良いラーメンであっただけにまた訪ねることにした。

takashin203

takashin204

そんなわけで仕事帰り通勤電車に乗り込む前にその店頭へやって来た。駅から遠くない道路沿いで営業しているこちらだ。

入口の歩道でスタッフの方がいつもチラシを配付しており、目立たない地下での営業だけにそうしたアピールが必要となり大変だと思う。

takashin205

さっそく足元に注意しながら階段を降りて行き、ドアを開けて入店して行く。程ない右手に券売機があり、その前に立ちさてどうするかとなった。

前回の時は開業初日で赤鷹醤油魚介の豚チャーシューにしたもので、今回はシンプルに行くかと落ち着いて白鷹塩を選択することに。

今回来て見ると追加トッピングのボタンがバリエーション豊富に用意されていて、替玉の他に5辛以上150円が追加されていたもののライスのボタンは消えていた。

追加トッピングは、豚チャーシュー・味付ささみ鶏チャーシューの他に、味玉・メンマ・ネギ・辛ネギもラインナップされていた。

それならばと豚肉のチャーシューと、味玉を追加することにした。そして奥の厨房前にある、そんなカウンター席の左寄りの椅子に腰掛けた。

takashin206

takashin207

味玉・替玉・メンマのいずれか一品をサービスしてくれる券は、現在も配付されており来店すると早速その券を手渡してくれた。前回の時に貰ったものを持参して来たが、また頂いてそれを替玉で利用することに。

そして激厚大判激旨だった肩ロース肉豚チャーシューか、ヘルシーそうな味付鶏ささみ肉チャーシューが選べるこちらだ。豚チャーシューは追加トッピングしたので、そこは鶏チャーシューをお願いして両方を愉しむことに。

前回の時に色々と教えて頂いた店長さんがおられ、ご挨拶してまたしても世間話しに花が咲いた。大成食品謹製の特注中細ストレートは中加水麺だそうで、お聞きするとその管理体制や茹で時間が完璧と言えるほどで、素晴らしい対応力と言うことが実によく理解出来た。

豚チャーシューと鶏チャーシューの出る比率をお聞きすると、豚6割の鶏4割の比率なのだそう。豚チャーシューがもっと出ているかと思ったが、鶏チャーシューにする方も結構多かったようだ。程なく到着。

takashin208

takashin209

takashin210

takashin211

takashin212

takashin213

takashin214

それではと行かせて貰えば絶妙可憐な鶏白湯スープに、一時代を築いたいわゆるツルツルしこしこ麺の風合いが実にたまらないもの。

まさしくコクと旨味がグリグリと来る素敵な持ち味で、そのスープは香味野菜なども含め12種類の食材を使用した鶏ベースの白湯スープと言う。

揚げたニンニクが適度にちらされたそのビジュアルも斬新なものだけに、思わずこれぞ新式鶏白湯と銘を打ちたくなる素晴らしさだった。

以前より味わいがさらに良くなったことを感じた旨を告げると、日々微調整して常に進化させていることを教えてくれた。豚チャーシューはやはり神棚に奉って、御幣を振り拝み倒してから口に押し込みたくなるものだった。

takashin215

takashin216

takashin217

無料替玉を麺カタメでお願いしてその大満足感に、思わず100円支払い有料替玉をこれまた麺カタメで更に堪能することに。

チャーシューが大判だけに麺3玉目に突入しても豚チャーシューと共に愉しめ、その怒涛圧巻ぶりの余韻を感じながらも、そこは気がつけば完食だった。

いや、豚肉激厚・豚肉激旨・豚肉鞋大・豚肉神棚、鶏笹身肉・湿鶏激旨・絶妙旨麺・出汁沁々、怒涛燦燦・涙腺崩壊・猛然嗜好・敢然果断、聡明叡知・治覧深識・才気換発・首尾一貫の感動風情。

そして、絶妙激旨・決然感銘・絶妙至純・極上清楚、敢為邁往・聡明剛毅・意気軒昴・感慨多端、完全無欠・猛烈号泣・当代無双・至大至高、気骨稜稜・温良貞淑・千古不磨・永垂不朽の無尽歓喜。

となれば、円熟無礙・威風凛然・猛攻沁々・絶妙均整、恐懼感激・感恩徳載・一心不乱・終始一貫、謹厳実直・質実剛健・気韻生動・英華発外、崇高清純・切磋琢磨・旭日昇天・無我夢中の猛烈怒涛。

とすれば、純情可憐・無垢一途・格調高雅・絶巧寛雅、群抜美味・怒涛風味・典麗風雅・静淑優椀、完全絶後・永遠偉大・優美高妙・大慶至極、感謝感激・感涙号泣・百花繚乱・光彩陸離の圧巻極致。

と来れば、天下逸品・極上品質・美味共鳴・芳醇風情、高論卓越・和而不同・深謀遠慮・理路整然、感激称美・非凡優美・誠心誠意・群雄割拠、卓越妙味・絶妙風雅・拍手喝采・恐悦至極の格別風味と言うしかなかった。

takashin218

takashin219

★ 鷹神 TAKASHIN

住所/東京都武蔵野市吉祥寺本町1-13-2 白石ビルB1階 TEL 非公開 定休日/無休 営業時間11:30~23:30(23:00LO)
※アクセス 
JR中央線吉祥寺駅下車。北口側に出てロータリー右手の吉祥寺大通りを歩いて行き、ヨドバシカメラ吉祥寺前交差点を左折し本町新道を10mほど歩いた左側建物の地下1階にあり。


☝1クリック頂けると大変嬉しいです。