naochanramen01

青空広がり陽射しも煌めき南寄りの風がそよぐものの寒気の迫り出しも強まって、見上げれば青い表層はシフォンブルーに色めくばかりの一月睦月十日の水曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、日暮れた分だけ冬めく夜風が漂い、何気なく月光を探していた午後七時過ぎだった。

naochanramen02

らぁ麺はやし田@新宿三丁目をきっかけにして先日は中華屋啓ちゃん@荻窪を訪ねたものだが、そちらで店主の修業先が以前から気になっていたこちらであることを教えて頂いた。

こうなればその流れから、そこは訪ねて見るかとなるもので、と言うことから仕事帰り立ち寄ることにした。

naochanramen03

naochanramen04

そんなわけで通勤電車を、荻窪で地下鉄丸の内線電車に乗り換え、またしても新中野で下車。東高円寺寄りの出口から出て傍にある杉山交差点を左手に進んで行く。

その中野通りを400mほど歩いた頃だろうか、十貫坂上交差点を少し越えた辺りの左側に風情も良くこちらが営業していた。

洋食店でシェフ経験がある中園尚秋氏が1985年に創業させた、ボリューム満点の提供メニューが売りのそんな人気中華食堂らしい。

ネットに寄れば浅草キッド水道橋博士相方の玉袋筋太郎氏は常連さんらしく、それもあって若手芸人が集うそんなこちらだそう。

naochanramen05

naochanramen07

naochanramen09

naochanramen08

さっそく入店して行くと、さすが噂通りの界隈人気店らしく、それは盛況な店内が広がっていた。それでも幸いにして奥寄りのカウンター席が空いていて、そこに案内を受けて腰掛けつつ荻窪の中華屋啓ちゃんの出身先と知って来たことを告げると快く笑顔で迎えてくれた。

メニューのボリューム満点セットから、半チャーハンラーメンセットにして、さらに餃子もお願いすることに。セットのラーメンをチャーシューメンに出来るかお聞きすると対応してくれるそうで、それならばとそれを希望した。

ニューヨークから帰ったら、尚チャン。出張帰りも出所帰りも出戻りも、尚チャン、と言うことらしい。ちなみに中華屋啓ちゃんの店主は、五年ほどおられたそうだ。程なく到着。

naochanramen10

naochanramen11

naochanramen12

naochanramen13

naochanramen14

それではとチャーシューメンを行かせて貰えば、絶妙可憐で素敵な風情が実にたまらないもの。チャーシューもこれまた美味しく、思わずこちらでも箸の往復速度が加速して行った。

モチモチしたやや細めの中太麺もこれまた素晴らしく、鶏がら主体らしき清湯醤油スープも、主体性のある味わい深さがこれまた良かった。

naochanramen15

naochanramen16

naochanramen17

naochanramen18

チャーハンもなるほどの美味しさで、焼き餃子は大号泣ものの素晴らしさと言えるもの。それだけに、気がつけば完食だった。

いや、純情可憐・無垢一途・美味共鳴・芳醇風情、卓越妙味・絶妙風雅・誠心誠意・群雄割拠、劇的滋味・猛然嗜好・才気換発・首尾一貫、怒涛燦燦・涙腺崩壊・一網打尽・悩殺昇天の感動風情。

そして、優美高妙・大慶至極・完全絶後・永遠偉大、感謝感激・感涙号泣・百花繚乱・光彩陸離、高論卓越・和而不同・深謀遠慮・理路整然、一意専心・堅忍不抜・風味絶桂・百様玲瓏の無尽歓喜。

と来れば、感動品質・感服妙味・不段節季・積水成淵、遠慮会釈・恩沢洪大・高潔無比・清廉格勤、千古不磨・名実一体・美味怒涛・激旨秀麗、熟達品格・壮麗威風・絶妙均整・猛攻沁々の猛烈怒涛。

となれば、絶妙至純・極上清楚・意気軒昴・感慨多端、気骨稜稜・温良貞淑・千古不磨・永垂不朽、絶妙激旨・決然感銘・円熟無礙・威風凛然、完全無欠・猛烈号泣・謹厳実直・質実剛健の老巧精妙。

とすれば、軽車熟路・確固不抜・敢為邁往・聡明剛毅、旭日昇天・無我夢中・一心不乱・終始一貫、崇高清純・切磋琢磨・当代無双・至大至高、恍恍惚惚・光彩奪目・拍手喝采・恐悦至極の圧巻極致と言うしかなかった。

naochanramen19

naochanramen20

★ 中華食堂 尚チャンラーメン

住所/東京都中野区本町5-33-15 TEL03-3384-0729 定休日/月曜日 営業時間/11:30~3:00
※アクセス
東京メトロ丸の内線新中野駅下車。東高円寺寄りの出口から出て傍にある杉山交差点を左手に進み、その中野通りを400mほど歩いた十貫坂上交差点を越えた通り沿いの左側にあり。


☝1クリック頂けると大変嬉しいです。