motonotomo01

清々しい青空から陽射し煌めき北寄りの風がそよぐものの、正午辺りから南寄りに変わり三月並みの気温が予測された、頭上の青い表層はウィンドトレイドブルーに色づく、そんな一月睦月十六日の休日火曜日だった。

中華そばとものもとのセカンドブランドが、本日の2018年1月16日より週に一度だけの火曜限定営業店としてオープンすると知り、思わず気になるところとなって出掛けることにした。

motonotomo02

motonotomo03

提供メニューは、白湯つけめん、白湯らーめん、炊き込みご飯で、コンセプトは褒美と言うことらしい。これまでの清湯スープとは、違うだけに余計気になるしかなかった。

そんなわけで周辺所用を終えた後、早じまいを懸念しながらもこちらへ向かった。このままだと午後一時半頃の到着になり、開業初日だけに微妙な時間帯。

県内オープンまもない店舗も少なくなくそちらに流れることも考えたが、それを自分自身が許すこともなく駄目なら駄目でとりあえずやれることは諦めずにする考えが先行するところとなった。

それを教えてくれた方こそこちらの店主であり、それを思い返した時点で、もはや迷いは消え去って行った。東中山へ到着して横目にビートルズが描かれたアパートを見れば、その四人もレットイットビーと言う言葉を繰り返していた。

motonotomo04

店頭に到着すると8人の先客が入店出来るのを待っておりその後ろに就くとまもなく後続客が続いて、食べ終えた方を見送る店主の奥さんが先頭の方を店内に誘導していた時点で安堵の息が洩れた。

らーめん処まるは出身の市原朋宏氏が2015年3月1日に開業させた中華そばとものもとで、2015年6月半ば頃に体調を崩され三ヶ月ほど入院する事態に。

そして長いリハビリ期間を経た後、晴れて2016年3月1日復活営業を遂げたものだ。メインブランド店は十日から、年始営業が始まったようだ。

昨春訪れて以来のこちらで、その時と同様に現在の営業スタイルは金曜定休で、水木曜日が18:30~22:30夜営業の、土日月曜日が11:00~15:00昼営業となっているこちらだ。

motonotomo06

motonotomo07

motonotomo08

そう待つことなく先頭となって入店の案内を受けて、入ると店主と目が合いカウンターテーブル越しに挨拶し合う二人だった。

券売機の前に立つと奥さんから、白湯らーめんと炊き込みご飯は既に売り切れのご説明があった。白湯つけめんのみ提供出来るだそうで、そのつもりだっただけにまさしくレットイットビーと成すがままにその特製仕様のボタンを選んだ。

ちなみに最近ではレットイットゴーらしく、アナと雪の女王が、ありのままでとつぶやくところだろうか。ともあれ待ち椅子で待ってから、空いたカウンター席に案内を受けそこに腰掛けた。

セカンドブランド店も回文で、次点候補はなかったのかお聞きすると、この店名しか有り得ないことを教えてくれた。先述したようにまるは出身の店主だが、まるはの白湯と言えば昨春オープンした牛そばまるはで、そちらは濃厚和牛白湯だがもちろん全く違う白湯スープだそう。程なく到着。

motonotomo09

motonotomo10

motonotomo11

motonotomo12

motonotomo13

motonotomo14

motonotomo15

motonotomo16

それではと行かせて貰えば、これまでにないその絶妙可憐な貝の風味に、思わず感動しながらもその味わいに酔いしれるしかなかった。

なるほどこちらが提供する鶏白湯らしく、確認するとやはりホンビノス貝出汁ベースの濃厚鶏白湯スープで、これまた箸の往復する速度が次第に高まって行った。フランスパンをスープに浸して、口にすればまた素敵だった。

後でブログを見ると以前限定で提供された濃厚濃厚鶏白湯は、醤油のカエシに鶏油とトリュフオイルを利用した無化調スープのことが。そこに平打ちの中太麺230gらしく、トリュフは実感できなかったが、口にした感じからして同様の仕様だろうか。

そんな村上朝日製麺謹製の平打ち麺の風情も素敵で、ルッコラが彩り良くビジュアル性を高めて、チャーシューも号泣フルスロットルもの。スープ割りにもホンビノス貝スープが足され、その美味しい風合いの締めスープが愉しめて、それだけに気がつけば完食だった。

ちなみに普段営業するメインブランドのとものもとの提供メニューは、年明けの営業から地産地消そのままにブラッシュアップを施したそう。しかも提供価格を上げずに以前よりも、スープ、タレ、油、麺量、トッピングを全て増量されたそうだ。

motonotomo17

motonotomo18

motonotomo19

この後店主に御挨拶して店を出て市内に昨秋オープンした、幸せのパンケーキ船橋店でバナナホイップパンケーキチョコソース添えを堪能。

絶品ふわふわパンケーキで知られる行列人気店で、ベイキングパウダーを使用することなく、こだわりの卵と発酵バターでナチナュラルに仕上げたものだそう。

いや、身土不二・地産地消・一網打尽・悩殺昇天、怒涛燦燦・涙腺崩壊・猛然嗜好・敢然果断、才気換発・首尾一貫・劇的滋味・激闘好物、豚肉激旨・貝汁怒涛・極平打麺・神采英抜の感動風情。

そして、天上無二・超越猛攻・感謝感激・感涙号泣、純情可憐・無垢一途・誠心誠意・群雄割拠、天下逸品・極上品質・典麗風雅・静淑優椀、格調高雅・絶巧寛雅・感激称美・非凡優美の無尽歓喜。

となれば、壮麗美麗・美味桂肴・卓越妙味・絶妙風雅、高論卓越・和而不同・深謀遠慮・理路整然、優美高妙・大慶至極・完全絶後・永遠偉大、敬服桂味・驚嘆風趣・百花繚乱・光彩陸離の圧巻極致。

と来れば、群抜美味・怒涛風味・美味共鳴・芳醇風情、虚心坦懐・一所懸命・一意専心・堅忍不抜、風味絶桂・百様玲瓏・驚愕感動・賛嘆情趣、金剛不懐・志操堅固・錦心繍口・絢爛華麗の猛烈怒涛。

とすれば、絶妙至純・極上清楚・円熟無礙・威風凛然、千古不磨・永垂不朽・気骨稜稜・温良貞淑、意気軒昴・感慨多端・一心不乱・終始一貫、旭日昇天・無我夢中・拍手喝采・恐悦至極の決然感銘と言うしかなかった。

motonotomo20

★ もとのとも ※とものもと火曜営業ブランド店

※店主ブログ~http://ameblo.jp/tomonomotosoba/
※ツィッター公式アカウント~https://twitter.com/tomonomotosoba
住所/千葉県船橋市東中山2-3-2 東中山駅ビル102号室 TEL047-333-5572 営業日/火曜日のみ 営業時間/11:30~14:00中休18:30~21:30
※アクセス
京成本線東中山駅下車。改札口を出たら左手の階段を降り、前方の踏切道路を左手に進み道なりに50mほど歩いた左側にあり。


☝1クリック頂けると大変嬉しいです。